成長期が過ぎていても期待ができる5つの身長が伸びる方法

成長期が過ぎていても期待ができる5つの身長が伸びる方法身長が伸びる方法って、大人になってから実践しても無理…なんて思っていませんか?成長期を過ぎると身長は伸びないと思われがちですが、実は努力次第では大人になってからでも伸ばすことが出来るんです。”伸びない”のではなく、”伸びにくい”というだけですので、身長が伸びる方法を正しく実践していけば、身長を今よりも伸ばすことは不可能ではありません。

女性ならヒールを履くことなどによって身長を伸ばすことも出来ますが、男性の場合にはなかなかそうはいきませんよね。身長がコンプレックスで恋愛に積極的になれない、身長を伸ばしてもっとモテたい!そんな人のために、成長期が過ぎていても期待ができる5つの身長が伸びる方法をご紹介していきますので、諦めずにチャレンジしてみて下さい。

成長期が過ぎていても期待ができる
5つの身長が伸びる方法

 

その1:骨盤・脚の歪みを矯正する

成長期が過ぎた大人でも身長が伸びる方法として最も期待できるのが、O脚やX脚を改善すること。O脚やX脚は脚が曲がっているため、本来の長さでない状態であるといえます。そのため、脚の歪みを直すだけで、1~2センチ、多い人で5センチの身長アップを期待することが出来ます。

O脚やX脚は、脚の歪みの原因となっている骨盤の歪みを矯正することによって直していくことが可能です。ストレッチや矯正器具などを用いて、骨盤が正しい位置に収まるように矯正していきましょう。

【骨盤矯正ストレッチ】
1・床に仰向けに寝ます
2・片足曲げて胸までできるだけ近づけて10秒間キープします。
3・その足を、曲げたままゆっくりと外側に倒して10秒間キープします。
4・次に、ゆっくりと内側に倒して10秒間キープします。
5・元の姿勢に戻し、反対側の足も同じように行います。
※1回3セットを1日2回程行うと効果的です。

 

その2:猫背を直して姿勢を正す

姿勢が悪く猫背な人は、背中が丸まっている分だけ実際の身長よりも低くなってしまってます。猫背を直すだけで、人によっては3センチ~5センチの身長アップを期待することが出来ますので、猫背を直して正しい姿勢を習慣づけるようにしていきましょう。

とはいえ、猫背は単に背中を真っ直ぐにするだけではなかなか直りません。腹筋と背筋を鍛え、骨盤の歪みを直すことで改善されていきますので、ストレッチなどを取り入れて、筋肉をつけ歪みを矯正していくことが重要です。猫背が直ると身長だけではなく見た目の印象もアップしますので、普段から意識して姿勢を正していくようにして下さいね。

【腹筋を鍛えるストレッチ】
1・両膝を立てて仰向けに寝ます。
2・ゆっくりと上体を起こし30秒キープする
3・ゆっくりと元に戻します。
※1回3セット、1日1回でも効果が期待できます。

【背筋を鍛えるストレッチ】
1・うつ伏せに寝て両足を両手で持ちます。
2・両足をひっぱりながら上体を起こし30秒キープします。
3・ゆっくりと元に戻します。
※1回3セット、1日1回でも効果が期待できます。

 

その3:身長を伸ばすために重要な栄養素を摂取する

身長を伸ばすために最も重要なのはタンパク質。タンパク質をメインとして、カルシウム・マグネシウム・亜鉛をバランス良く摂取していくことで身長アップの効果を望むことが出来ます。

【タンパク質を多く含む食品】
・肉類(牛、豚、鶏、ハムなど)
・魚介類(魚、小魚、貝、ねり製品など)
・卵類(鶏卵、うずらの卵など)
・豆類(大豆、納豆、豆腐など)
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)

【カルシウムを多く含む食品】
・乳製品(牛乳、ヨーグルト、チーズなど)
・海産物(ワカメ、しらす干し、干しえび、うなぎなど)
・野菜(小松菜、切干大根、野沢菜、チンゲン菜など)
・豆類(豆腐、油揚げ、納豆など)

【マグネシウムを多く含む食品】
・アーモンド・ほうれん草・牡蠣
・大豆・インゲン豆・バナナ
・落花生・カツオなど

【亜鉛を多く含む食品】
・和牛もも肉・ホタテ・豚レバー
・豚もも肉・牡蠣・納豆
・うなぎの蒲焼など

栄養が不足すると、身長の伸びは悪くなってしまいますので、上記のような食品だけを摂取するのはNGです。他の食品と組み合わせてバランス良く摂取して、規則正しい食生活を送るようにしていきましょう。

 

その4:成長ホルモンを分泌させるために睡眠をしっかりとる

骨の成長を促し身長を伸ばすために必要な成長ホルモンは、睡眠時、特に深い眠りの時に多く分泌されます。昔から「寝る子は育つ」と言われているのはそのためです。成長期が過ぎた人でも成長ホルモンの分泌を多くさせることで身長の伸びは期待できますので、熟睡できる環境を整え、質の良い睡眠をとるようにしましょう。

【質の良い睡眠をとるためのポイント】
・就寝2時間前には食事をしない
・朝、太陽の光を30分~1時間程浴びる
・自分に合った寝具を選ぶ
・寝る前にスマホやPC、TVなどを見ない

一日の中で成長ホルモンの分泌が一番多いのは、午後10時~午前2時の間の睡眠時です。この時間にぐっすりと眠ることが出来れば、成長ホルモンが多く分泌されることになります。ぐっすりと熟睡できていないと感じる人は、上記のポイントを参考に、眠れる環境を作っていって下さいね。

 

その5:身長を伸ばすための運動をしよう

身長を伸ばすために必要な成長ホルモンは、運動を行うことによっても分泌されます。中でも、”骨に対して縦に刺激がある運動が効果的”と言われているため、ジャンプする運動や全身運動をすることによって身長アップの効果が期待できます。具体的には、縄跳び・水泳・バスケットボール・ランニングなどが適しています。

とはいえ、運動のし過ぎや間違ったメニューは逆に身長が伸びる妨げとなってしまうこともあります。特に筋トレは、一箇所、または上半身・下半身だけを鍛えるような運動や、重りやダンベルなどを使った高負荷な運動は控えるようにして、全身をまんべんなく鍛えるようにしましょう。

適度な運動は、睡眠にも良い影響を与える他、健康面の改善にも繋がります。運動が苦手な人は、軽いストレッチを行うだけでも効果は期待できますので、膝や背筋を伸ばすストレッチなどを短時間でも構いませんので取り入れるようにしてみて下さい。

 

いかがでしたか?成長期が過ぎていても期待ができる5つの身長が伸びる方法をまとめてみました。

今回お伝えした、成長期が過ぎていても期待ができる5つの身長が伸びる方法を実践して、諦めずに身長アップを目指して下さいね。日常的に継続して行うことで、きっと効果は現れるはずです。この記事が少しでもあなたのお役に立ち、身長と共に、恋愛への意欲もアップすることを願っています。

 

まとめ

成長期が過ぎていても期待ができる5つの身長が伸びる方法

その1:骨盤・脚の歪みを矯正する
その2:猫背を直して姿勢を正す
その3:身長を伸ばすために重要な栄養素を摂取する
その4:成長ホルモンを分泌させるために睡眠をしっかりとる
その5:身長を伸ばすための運動をしよう

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!