身長伸ばす運動★シークレットブーツは卒業だ!君に贈る5つの方法

身長伸ばす運動★シークレットブーツは卒業だ!君に贈る5つの方法身長伸ばす運動に興味はないですか?背が低いことで、シークレットブーツを履いている君、シークレットブーツは卒業!今からでも背が伸びる5つの方法があること、君は知っていますか。大人になったら背が伸びない?いいえ、そんなことはありません。身長を伸ばす運動をすることで、君の身長が1センチでも伸びるとすれば、君はどう思いますか。筋肉など身体の細胞組織は、生きている限り新陳代謝を繰り返していることは、学校の授業で習ったことと思います。

また、身長を伸ばすのにふさわしい運動、ふさわしくない運動があることも、君は知っていますか?運動をして身長を伸ばすとしても、鍛えるところを間違えると、身長を伸ばすのを手助けするのではなく、妨げてしまうこともあるのです。そこで今日は、身長を伸ばす5つの方法について伝えたいと思います。

身長伸ばす運動★シークレットブーツは卒業だ!君に贈る5つの方法

 

その1:頭の上に手を伸ばして、身体を反らす運動

身長を伸ばす運動として、ストレッチ運動が効果的であると言われています。その中でも、身長が伸ばすのに効果のあるストレッチ運動を行うことによって、人間の骨にある「骨端軟骨」という、骨を成長させる部分に刺激を与えることになり、骨の成長を促すことになります。つまり、骨の成長=身長が伸びるという訳です。

同時に、ストレッチ運動は、身体の血行を良くする働きがあり、血行が良くなるということは、身体全体に酸素や栄養素を送ることになるのです。その結果、体組織の細胞分裂を促進し、それが身長を伸ばしやすくする体質に、君の身体を変えていくことになるのです。また、血行が良いと言うことは、成長ホルモンの分泌を促す効果があるので、その点からも、ストレッチ運動は身長を伸ばすのに適しているのです。

しかし、誰もが運動が得意という訳ではないですし、もし君が運動が苦手であったとしても、手軽に取り組めるストレッチ運動なら、仕事の間の休憩時間などでも、無理なく続けることができると思うのです。

まずは、何も道具を使わずに、身体の筋肉を伸ばす運動から紹介します。

1.立って、手を頭の上に「バンサイ」をする形で伸ばし、手の先の両手を組みます
2.そのまま、身体に負担がかからないよう、ゆっくりと後ろの方向に身体を反らしていきます
(※早く動かしたり、極端に反らしたりすると、血圧が急に上がり体調を崩しかねないので、ゆっくりと!)
3.ある程度、身体を後ろに反らして元に戻すことが終わったら、今度は身体の前方向に曲げていきます
4.前屈するような感じで、ゆっくりと前方向に曲げられる部分まで曲げたら、身体を元に戻します
5.2.から4.までを何回か行います

これだけでも、充分なストレッチ運動になりますし、場所や時間を気にせず取り組めると思いませんか。また、普段使わない、身体の横の筋肉を伸ばす運動として、上の1.の姿勢から、身体の側面を伸ばす(カタカナ文字の「ノ」の時ように)ことも、身長を伸ばすため筋肉をやわらかくする効果があります。

 

その2:タオルを使って、正しい姿勢を維持する運動

身長を伸ばすにも、姿勢が正しくなければ真っ直ぐに伸びてはくれません。そのため、タオルを使った運動をすることで、正しい姿勢を維持することができる運動を紹介します。

1.タオルの片方の先端部分を丸く結びます
2.先端を結んでいない、もう片方を右手に持ち、正面から背中に向けて振り下ろします
3.振り下ろされたタオルを、左手で背中の腰のあたりで受け止めます
4.今度は、結んでいない方のタオルの先端を左手に持ちます
5.正面から背中に向けて振り下ろし、右手で背中の腰のあたりで受け止めます
6.2.から5.を何度か繰り返して行います

この運動をすることで正しい姿勢を維持するのと同時に、身体を伸ばす効果もあります。身体の筋肉がほぐれているお風呂上がりなど、少しの時間を利用してこの運動をすることだけでも、充分な効果が得られます。

 

その3:なわとびをして、身長を伸ばす運動

小学校の体育の授業で習った人もいると思うなわとびですが、普通になわとびを何度かする、それだけでも、身長を伸ばすのに効果的な運動の1つです。

その理由は、何度か小刻みにジャンプをすることで、骨端軟骨に程良く刺激を与えることになり、それが骨の成長を促すことになるからです。骨が成長することは、同時に、身長が伸びることにつながるのでオススメです。

またなわとびには、身体にとってプラスとなる、2つの効果があります。

1つは、なわとびをすることで肺活量を鍛えることになります。普段の生活の中では、肺活量は下がっていく一方で、結果として、身体の筋肉などが衰えていき、姿勢も悪くなったり、身長も下がったりします。しかし、なわとびをすることで、肺活量を増えるのと同時に筋肉も強くなり、正しい姿勢を維持することができるようになります。

もう1つは、ダイエットに効果があるということです。スリムな体型を作り、それを維持することができれば、実際に身長が伸びていなくても、身長が高くなったように見えるのです。

ただ、なわとびは、長時間することで身体に大きな負担をかけてしまうので、どんなに長くても15分程度の時間に抑えておく方が良いでしょう。

 

その4:バランスボールを使ったストレッチ運動

一時期、とても流行してエクササイズ用品として定着したバランスボール(エクササイズボール)ですが、もし手元にあったり、入手や収納場所に困らない場合には、このバランスボールを使って、脚の裏側から背中にかけて、身体全体をストレッチする運動があります。

バランスボールをその表面や転がりを利用しているので、床で行うよりも違和感を感じない状態でストレッチができますし、背筋を伸ばすことで肩こりや姿勢の悪さ(いわゆる「猫背」)の改善にもオススメです。方法は、

1.バランスボールの上に、仰向けの状態で背中をつけて寝ます
2.ヒザを曲げて、脚でバランスをとりながら前後左右に移動します
3.移動させる時、両手は真横に伸ばしたままの状態で移動するがベストですが、バランスボールから落ちそうな時には、手を壁につけたり、床につけたりすると、安定した形で移動できます

誰にでも出来る簡単なストレッチ運動です。

 

その5:身長が伸びやすい運動、身長の伸びを妨げる運動

一般的に、ジャンプをしたり、下半身や全身のバランスをとる運動は、身長を伸ばす効果があると言われています。また反対に、筋肉を強固なものにする運動や激しい動きをする運動は、成長ホルモンの分泌を妨げるため、身長を伸ばす運動としては不向きと言われています。

身長が伸ばすのを促す運動としては

・水泳・バスケットボール・バレーボール・エアロビクス

などがあります。特に水泳は、全身を使う運動なので、身長を伸ばすために最適とも言われています。反対に、身長の伸びを妨げる運動としては

・柔道・レスリング・器械体操・ウェイトリフティング

などがあります。また、水泳にしても、疲労感が残る長時間のものは、逆に身長を伸ばすことを妨げてしまいます。激しかったり、筋肉が固まってしまうような疲労感が残る運動は避ける方が良いでしょう。

最後に、いずれの運動をするにしても、水分補給については充分注意することが大切です。

 

いかがでしたか?

今日お伝えした身長伸ばす運動、シークレットブーツは卒業!今からでも背が伸びる5つの方法、君はどう思いましたか?今は、公共施設でも温水プールを住民サービスの一環として、年中開放している自治体もあるなど、簡単で安全に運動ができる環境が整いつつあります。短いすきまのような時間を利用して、ストレッチ運動を続けることで、身長を伸ばすことに挑戦してみませんか。

 

まとめ

身長伸ばす運動★シークレットブーツは卒業だ!君に贈る5つの方法

その1:頭の上に手を伸ばして、身体を反らす運動
その2:タオルを使って、正しい姿勢を維持する運動
その3:なわとびをして、身長を伸ばす運動
その4:バランスボールを使ったストレッチ運動
その5:身長が伸びやすい運動、身長の伸びを妨げる運動

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!