男なら、好きな人の前でやってはいけない5つ態度

男なら、好きな人の前でやってはいけない5つ態度男性なら、好きな人の前でやってはいけない5つの態度があることを知っていますか?自分自身では気づかなくても、好きな人から「こんな態度を取る人は嫌っ!」と思われたら、その恋はその時点で終わってしまいます。人間は、他人のことには良い面・悪い面両方について気づきやすくても、自分自身のこととなると、なかなか気づかないものだったりします。

特に女性は、男性だけでなく同性の女性に対しても、不満や嫌なことを我慢できるところまでは我慢しますが、ある一線を越えたら最後、どんなに謝られたり態度を直したりしても、二度と相手のことを受け入れなくなる傾向が強いのです。

そして、男性が好きな人の前で意識・無意識のうちに取った態度が原因で、その男性を恋愛対象から外す、または、つき合っているのなら相手の男性と別れることを考える、そのキッカケになりかねないこともあるのです。では、具体的に男性が好きな人の前でやってはいけない態度が何なのか、5つのポイントにまとめてみましたので、お伝えしたいと思います。

男なら、好きな人の前でやってはいけない5つ態度

 

その1:話をするときに目を合わせない

まず最初に、女性同士が話をするときには、お互いに目(視線)を合わせています。男性同士が話をするときには、目を合わせて話をすることを意識しないのですが、女性の気持ちからすれば、目を合わせて話をしないことは、「私には興味がない」「私のこと、嫌われている」と受け取ってしまうのです。

男性は相手の目を見て話すことについて、特に相手が好きな人である場合には、恥ずかしさや照れくささという気持ちが先に立ってしまい、なかなか目を見て話すことができないものなのですが、その気持ちは女性には理解されにくい(というか、理解されないと言った方が正しい)ものなのです。

目を合わさずに話す男性のことを、好きな人が一度「この人は私には興味がないんだ」と思われてしまうと、再び恋愛対象として見てもらうことは難しいのです。「興味がない」と思った時点で、気持ちを切り替えてしまうのが女性の特徴でもあるので、好きな人と話をするときには目(視線)を合わせて話をするようにしましょう。

 

その2:連絡(返事)を催促する

話をしたり、メールでやりとりすることで好きな人と親しくなりたい、そう思う気持ちは男性・女性変わらないと思います。しかし、電話やメールで好きな人に連絡をした後、相手から返事の電話やメールがなかなか来ないことで、「どうして返事が来ないのだろう?」と相手からの連絡(返事)を催促する人もいると思いますが、相手である好きな人に連絡(返事)を催促することはいけないことです。

女性の気持ちの中には、つきあう前から連絡(返事)を催促することを、私を束縛することだと受け止めてしまい、催促するあなたのことをネガティブに思ってしまう可能性も存在するのです。つき合っていても、自分が誰と話をしたりメールをしたり、そういうプライベートな部分を尊重して欲しいという気持ちがあるのです。好きな人が、仕事で忙しかったり家のことなど何らかの理由(事情)があったりして、すぐには連絡(返事)ができないこともないとは言えないのです。このことは、男性であるあなたにも言えることだと思いませんか?

何度も「連絡(返事)してくれないの?」と催促されると、男性・女性問わず、嫌な気持ちにもなりますよね。好きな人に、無理に連絡(返事)を催促することは止めましょう。

 

その3:好きな人に媚びる

好きな人に、もっと自分を好きになって欲しいために、その相手に媚びるような行動をしたり言葉を言ったりしていませんか?女性に媚びることは、女性の側からみると恋愛感情を冷ましてしまう行為だったりするのです。

それはなぜでしょう?女性には、心のどこかに「誰かを頼りたい、自分を守って欲しい」という気持ちがあるのです。少なくとも、一般的には「殴る」「蹴る」という直接的な力の部分では、女性は男性には叶わないことを本能で知っているのです。心の強さという部分も、当てはまるのかもしれません。そのため「強い男性に頼りたい、守って欲しい」という気持ちが生まれてくるのです。そして、自分を守ってくれない、自分が頼れない男性を好きにはならないのです。

「媚びる」という行為・態度は、弱い側が強い側にする行為、もしくは、立場や力が下の人が上の人に対してする態度だったりします。女性の気持ちとして、頼れない人は頼りない人と思うようになり、結果、恋愛対象から外れてしまうのです。よって、好きな人の前では決して媚びることなく、常に好きな人を引っ張る、リードするぐらいの気持ちで接することが大切です(ただし、リードすることと強引さとは違うことも忘れないように)。

 

その4:好きな人以外の女性を褒めたり話題にしない

テレビを見ているときや街を歩いているとき、男性は、かわいらしいと思う女性に目がいってしまう場合がありますよね。そのとき、自然と目がいってしまうのは仕方がないとしても、好きな人を前にして「さっきの女の子、かわいかったね」などと好きな人以外の女性のことを、無意識のうちに口に出して褒めたりしていませんか?

もし、好きな人以外の女性のことを言葉にして褒めていたり、話題にしていたりしていたのであるなら、そのようなことは止めましょう。無意識のうちに褒めている場合は、少し意識を強く持って直していきましょう。

自分以外の、他の女性が褒められたり話題にされたりすることは、女性の側からすれば気持ちの良いものでもないですし、女性が持つ嫉妬心、嫉妬深さというのも、女性の気持ちを考えるとき無視できない部分だったりします。逆に、あなたがいる前で、好きな人が他の男性を褒めていたら、あなたは気分良くないでしょう!?

 

その5:過剰なスキンシップをしない

好きな人といっても、女性はベタベタされすぎるのも嫌がります。好きな人とつき合っているのならまだしも、つき合う前の段階で、相手である好きな人にベタベタとからだを触ることなどもっての外です。

女性は、自分の心の中にいる意中の男性以外から触られることを好みません。あいさつ代わりに肩を叩いたり頭(髪の毛)をなでたりすることも嫌がりますし、ましてや、親睦会などの席でベタベタされることはもっと嫌がります。それこそ好きな人に「セクハラ」と誤解され、場合によっては会社の上司などに訴えられたりすることもあるのです。

また、意中の男性であっても、いわゆる「TPO」を考えずにベタベタされることを好まない女性の方が多かったりします。どんなに自分が好きであっても、好きな人(女性)の立場に立って、控えめに行動しましょう。

 

いかがでしたか?

5つのポイント、「恋は盲目」と昔から言われていますが、気がつかないうちに好きな人にやってはいけないことをしていませんか?どんなにあなたが好きであっても、これらの5つの態度をしていたら、好きな人に嫌われてしまう、結ばれる恋も離れていってしまうこと、お分かり頂けたでしょうか。好きな人に好かれたい、好きでいてもらいたいのなら、この5つの態度は、絶対に好きな人の前ではしないでくださいね。

 

まとめ

男なら、好きな人の前でやってはいけない5つ態度

その1:話をするときに目を合わせない
その2:連絡(返事)を催促する
その3:好きな人に媚びる
その4:好きな人以外の女性を褒めたり話題にしない
その5:過剰なスキンシップをしない

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!