意外と面白い!男脳と女脳の違いが分かる6ポイント

意外と面白い!男脳と女脳の違いが分かる6ポイント男脳と女脳という言葉を聞いたことはありますか?言葉の通り、男性と女性の脳のことですが、同じ人間でも性別の違いで男女の脳の作りが異なることをご存知でしょうか?もちろん、脳自体にも個人差がありますが、男女の性別によって特徴があるのです。実際の研究で女性の脳は左脳と右脳の結びつきが格段に強く、男性の脳は個別の領域で激しい活動を見せるという特徴があります。

では、男脳と女脳の構造や働きの違いが具体的にどういったことに関係してくるのか、あなたは男らしいのか、女らしいのか、気になりませんか?今回は男脳と女脳の違いを分かりやすい例をまじえて紹介していきます。これが分かれば自然とあなたの得意分野と不得意分野がわかるかもしれません。家庭内での男女の分業にも参考になるかと思います。ぜひ最後までご覧ください。

意外と面白い!
男脳と女脳の違いが分かる6ポイント

 

その1:記憶力の違い

男脳と女脳では記憶力に差があります。先ほど少し書きましたが、女脳は左脳と右脳の結びつきが格段に強い傾向があり、脳の異なった領域を繋げるような行動が得意です。具体的には人の顔や名前といった、記憶力が男脳に比べて格段に良いといえます。なので、現在の男性中心の社会でも、実際の商売や営業職に向いているのは女性のほうかもしれません。

 

その2:瞬時の判断力と行動記憶

先ほどの話とは逆に、瞬時の判断力や行動に関する記憶は男脳の方が優秀です。たとえば飛んできたボールに対してどういった行動をとるのか、よけるか、受け止めるかなどの判断が男脳の方が早く対処できます。また、車の運転技術や、水泳、ダンスなど、行動をともなう記憶は男脳の方が覚えがよく、そのため上達も早い傾向があります。

 

その3:マルチタスクに向いているのは?

マルチタスク、つまり、2つ以上の仕事を同時に進めることですが、こえは女脳の方が向いています。たとえば料理などがいい例ですが、別々の品目を同時進行で作る場合、向いているのは女脳です。もちろん経験や知識で補うことはできますが、素人が同じ複数の品目を同じ量作るなら女性のほうが有利だということです。料理人を目指すなら女脳にちかいほうが苦労しないということでもあります。

では逆に男脳はまったくダメなのかというとそうでもありません。男脳はマルチタスクを得意とはしませんが、1つの事柄や細かな作業に集中して取り組むことに向いています。仕事をしていると周りが見えなくなるという人がいますが、それはまさに男脳の特徴といえるでしょう。男脳は情報を素早く理解し、即座に使用して複雑な技術を用いることに長けているのです。

 

その4:理系に向いているのは男脳?女脳?

高校や大学の男女比を調べるとおのずとわかるかもしれませんが、理系に向いているのは男脳です。空間認識能力や、論理的思考が男脳のほうがすぐれており、処理も早いのです。たとえば、男性に比べて女性に方向音痴の方が多いのは当然といえば当然なのです。男脳のほうが空間認識能力が高いのですから、とどうしても男性に比べれば女性のほうが方向音痴が多い言われてしまいます。

 

その5:文系に向いているのは男脳?女脳?

文系に必要とされる言語能力は女脳のほうが優れています。そもそも女脳は脳の異なった領域を繋げるような行動が得意なので、外国語などを記憶し、実際に使用するのが男脳と比べると得意で、更に基本的に記憶力もいいので、何かを調査したり、関連付けて覚えることにとても長けているのです。論理的思考は苦手な傾向がありますが、記憶や経験で発達する部分は女脳に分があるといえます。

 

その6:口喧嘩はどちらが強い?

男脳と女脳が口喧嘩したらどっちが強いのでしょうか?簡単にいうと男と女の口喧嘩の傾向ですが、男脳は論理的に順序立てて喧嘩の話をするのに対して、女脳は、感情的かつ喧嘩と直接関係のないことがらまで混ざってきます。例えば、男女が食べ物の好みで喧嘩をしたとすると、男性はその食べ物についてのことだけをいうのに対して、女性は過去の別の体験談を持ち出したり、男性の他の気に食わないところを持ち出したりします。

これこそまさに脳の構造です。論理的思考が得意な男脳と、脳の異なった領域を繋げるのが得意な女脳の特徴です。女脳は関連づいた他の事柄まで脳が検索してしまうのです。簡単にいうと、脳全体で物事を考えるため、他の関連づくような記憶も思い起こしてしまうということです。逆に男脳は1つの事柄のみに絞った話をします。喧嘩だけの事柄に絞っていえば、男脳のほう的確に的を絞っているといえます。

そのため、別のことを考え、話が脱線してしまう女脳より、一点集中で物事を考える男脳のほうが、口喧嘩であれば有利といえます。もちろん、本来の喧嘩なら正しいほうが勝つのが当然です。あくまでこれは例としてどちらが正しいという答えのない食べ物の好みで起こるような口喧嘩の場合の例ですので、そのあたりはご了承ください。

 

いかがでしたでしょうか?意外と面白い!男脳と女脳の違いが分かる6ポイントを紹介しました。

男脳と女脳の違いはわかりましたか?あなたはどちら側だったでしょうか?当然性別と脳の構造があっている人がほとんどですが、実はそうでない人ももちろんいます。男だけど女脳の特徴にあてはまる。逆に女だけど男脳にあてはまるということもあるのです。どちらの傾向が強いかは環境や脳の発達具合によるため、一概にはいえませんが多くの人は性別そのままの特徴をもっています。

 

まとめ

意外と面白い!男脳と女脳の違いが分かる6ポイント

その1:記憶力の違い
その2:瞬時の判断力と行動記憶
その3:マルチタスクに向いているのは?
その4:理系に向いているのは男脳?女脳?
その5:文系に向いているのは男脳?女脳?
その6:口喧嘩はどちらが強い?

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!