男の心理がメールからわかる!知っておきたい5つのポイント

男の心理がメールからわかる!知っておきたい5つのポイントカレシからメールの返信が来なかったり、送信するのは貴女ばかりで近頃はカレシからは全然送って来なくなった…。とそんな理由で落ち込んじゃったり、もうこの恋は終りなんじゃないかとか、一時の気の迷いで色んな心配をしたりしていませんか?そんな貴女のために、男の心理がメールからわかる5つのポイントをご紹介します。

男の心理がメールからわかる!
知っておきたい5つのポイント

 

その1:あくまで用件を伝える手段?

男の心理としては、メールって、何時に何処そこで待ち合わせね、とか、その用件が無事に終了したとかの、いわゆる「用件」を伝えるツール、みたいなところがありますよね。特にオトナの男性になればなるほどその傾向が強いです。なので、コミュニケーションの手段とは考えてない節があります。

なので、マメな人、そうでない人、でメールに関しては全然、様相が変わって来るのですが、単なる「用件」を伝えるツールなので、カレシのメールが素っ気なく感じられたりしても、それは仕方ない面もあるのです。

たとえばあなたが「おやすみ、明日も仕事頑張ってね」と夜メールを打ったとしても、カレシからしたら読んでそれで了解して用件としては済んでいるので、返信が「うん。おやすみ」のひと言だけ、もしくは返信すらない場合も考えられます。

だからと言ってあなたが嫌われた訳でも、急に彼が心変わりした訳ではありません。そんな程度の事で不安にはならないでください。男は基本的に「めんどくさがりな生き物」なのです。とにかく、男性にとっては、メールは用件を伝える手段であってコミュニケーションのツールではない場合が多いです。

 

その2:カレシの年齢も考えてあげる

カレシにせっせとメールしてるのに返信の間隔が数回に1回だったり、そもそも返信自体がない時の方が多かったりしたとします。でも、その1でお伝えした通り、男の心理としては、年齢が高い男性なら高いほど、メールはあくまで用件をさっと伝えるためのツールなのです。

ですから、貴女からのメールもちゃんと読んでいて、嬉しく思ってはいるのですが、色々な雑事に忙殺されてつい返信を忘れるとか、返信が届いてもなんだか素っ気ないような簡素な短い文面だったりするわけです。もちろん、男なんて単純ですから、意中の女性からメールが来ればマメに返す男性もいますし、メールにマメな男性は、逆に女性が驚くほどたくさんメールをしたりしますから、そこら辺は、おふたりの相性の問題、と言う事になります。

一般論としては、若い男性であれば女性に近いメールカルチャーで育っているので、メールと言うものに対する感覚は同じか、近いと言えます。何故なら、物心ついた時にはすでにケータイが存在していて、子供の頃からメールに慣れ親しんでいるからです。

逆に、物心ついた頃からケータイがあったわけではなく、オトナになってからケータイが普及しだした年代の男性、つまり30代の後半以降の男性になると、全然、メール自体に対する認識が違うので、貴女のカレシのタイプや年齢を勘案して、そこら辺は判断してくださいね。

 

その3:カレシのタイプを見極める

たとえば、せっかく付き合い始めの、もっとも甘い時期に、その始めの段階からメールがあまり来ない男性の場合は、はっきり言って貴女にさほど興味がないだけか、もしくはメールでのコミュニケーションが苦手な男性、のどちらかです。

そういった場合は、コミュニケーションのツールとしてのメールは控えるようにして、用件がある時だけ、あるいは質問を送るだけにするとか、デートの誘いなどの、カレシが興味が湧いて返信しやすい内容のメールを中心に送るようにすれば、ふたりともストレスがなくなります。なので、まずはカレシのタイプを見極める。それが、より良いふたりの関係を築くのに、本当に役立ちます。

 

その4:貴女への関心が薄れて来たサイン?

じゃあ、付き合い始めの最初の頃はカレシからマメにメールがあったけれど、段々少なくなって来ていて、今では貴女が送らないとカレシからメールがないとか、貴女が送っても返信が何通かに1回、と言う場合。そんな場合は、これは注意が必要です。

もちろん、貴女とカレシの付き合いが安定期に入って、カレシが安心しちゃってる、と言う場合もありますが、大概こう言うケースでは、貴女へのカレシの関心が段々と薄れて来ている証と言えるからです。たとえば用件のメールなら良いのですが、「今日何してた?」「最近上手くいってる?」などの、コミュニケーションのメールが苦痛になって来るわけです。

そりゃあ、付き合い始めの頃ならたくさん話題もあるでしょうけれど、これが毎日で半年、一年と経ったりすると、そうそうネタがあるもんじゃないケースが多いのです。つまり返信しようにも書くことが無くなって来るわけで、段々メール自体が苦痛に感じられるような心理になるのです。

 

その5:男の心理の究極はメールって面倒くさい

メールだけじゃなく、男って長電話も苦手だったりするでしょう?なにしろ、直接声が耳元で聴けるツールである電話さえ、毎日、となると男は面倒に感じてしまうもの。ましてや文字なんて、と言うわけです。「男の心理とすれば、メールって、かなり面倒くさいものなのね。」と割り切ってみると、余計な心配や心細さから解き放たれますよ。

 

さて、いかがでしたか?

カレシからのメール返信がないとか、やれ遅いとか、そんな事で心配したりヤキモキするのは精神衛生上良くないですね。メールはあくまでメール、と割り切ってみましょう。そして、いちばん良いのは直接会う事です。もしくはビデオチャットやテレビ電話など、お互いの表情やしぐさが分かる状態である事。ヤキモキしたり心配したりしないで、まずはカレシの年齢やタイプで男の心理を察してあげて、ポジティブに毎日を過ごしてくださいね。

 

まとめ

男の心理がメールからわかる!知っておきたい5つのポイント

その1:あくまで用件を伝える手段?
その2:カレシの年齢も考えてあげる
その3:カレシのタイプを見極める
その4:貴女への関心が薄れて来たサイン?
その5:男の心理の究極はメールって面倒くさい

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!