女性なら知っておきたい!実は厳しい男の本音6つ

女性なら知っておきたい!実は厳しい男の本音6つ男の本音ってなんだか聞くのが怖いですよね。女性と男性では、そもそもの考え方が違うのでなかなか理解するのが難しいものです。特に恋愛に関しては尚更考え方が違います。そして本音がわからないと、行動や発言全てに疑問を抱いてしまいます。そこで男の本音を知っておく必要があるのです。

男の本音には厳しいものがあります。しかしそれを知る事で、少し日々の行動や発言を理解する事も出来るのではないでしょうか。恋愛が上手くいくきっかけになるはずです。女性には少し悲しい本音もありますが、これが現実。男の本音を受け止めてあげましょう。今回は実は厳しい男の本音を6つご紹介いたします。

女性なら知っておきたい!
実は厳しい男の本音6つ

 

男の本音1:自由が一番

今は離れていても繋がる手段がたくさんあります。電話、メール、SNSなど、繋がろうと思えば24時間繋がる事が出来る時代です。女性は常に彼を近くに感じていたいという人が多いので、このようなものをフルに活用する癖があります。彼と連絡がとれない時はSNSで彼の行動を調べたりなんて事も。

しかしこのように常に繋がっている事を嫌うのが男。自由を一番に好むのです。用がなくても、たまには一人でゆっくりしたい時もあれば、友達と楽しみたい時もあるのです。それを追及して束縛してしまうと、彼はげんなりしてしまいます。今何してるのか気になる・・・という時もあるかもしれませんが、そこは彼を信用してそっとしておいてあげましょう。その時間はあなたも好きな事をして自由にお互いの時間を使えば、今度は彼の方が気にしてくれるようになるかもしれません。

 

男の本音2:最初が100点

女性は好きになったり、付き合った当初から、知れば知るほど相手をどんどん好きになりますよね。いいところを知るたびに加点されていくのです。そして長く付き合うと親しみや情も加わり、どんどん好きになっていきます。しかし男の本音はその逆なのです。基本的には減点方式。最初が100点なのです。好きになったり、付き合った当初は彼女の事がとても好き。そこから知れば知るほど、慣れれば慣れるほど、少しずつ減点されていってしまうのです。

どうやって減点されずに100点のままでいられるのかというと、常に新鮮さを忘れない事。恥じらいを忘れない事。女性が初心でいる事が大切です。ちょっと大変な事ですが、これを意識する事で男の評価を保っていられるのです。女磨きは常にしていなくてはいけませんね。

 

男の本音3:顔が可愛ければ良い

これは厳しいけれど、正直な男の本音です。やはり男は可愛い女性に弱いのです。それに勝るものはないのです。同じ女性から見ると、わがままだったり、ぶりっ子だったり、天然なふりをしていたり・・・騙されてると思うような事もありますよね。しかし男は騙されていても可愛ければ良いと思っているのです。

逆に可愛くない人が同じような事をすると『可愛くないのに』と思われてしまうのが現実です。辛いところですが容姿に自信がない人は、内面や料理を磨いて挑むしかないようです。

 

男の本音4:どっちが大切?はタブー

よくドラマや漫画である『私と○○、どっちが大切なの?』セリフ。女性は優先順位をつけたがる癖があります。それは自分自身が優先順位をつけているからなのです。私は仕事や友達よりも、あなたを優先している。それなのにあなたはいつも仕事や友達ばかり優先している。私は何番目なの?という心理です。

しかし男にはこのような優先順位をつける習慣がありません。どちらが大切とか何番目とか聞かれても困るのです。仕事は仕事で大切だし、友達は友達で大切。そして彼女も彼女で大切なのです。天秤にかけるような事はしたくないのです。なのでこのような事を聞いたり、考えたりするのは男の本音では面倒くさいのです。女性の中で1番あなたが好きならばそれで満足しましょう。他のジャンルと自分を天秤にかけるような事はやめてくださいね。

 

男の本音5:可愛くない子は可愛くない

先ほどの顔が可愛ければ良いの反対とも言える、厳しい本音です。可愛くない子はすぐにわかるというのが本音なのです。今はお化粧やファッションで少しでも可愛く変身する事ができます。しかし男性は、可愛くない子が頑張って努力しているのはお見通しだというのです。もちろん可愛くなるために頑張っているのが悪いという事ではありません。しかし、本当に可愛い子と同じ土俵では戦わない方が良さそうですね。可愛い子はわがままやぶりっ子が許されますが、努力して可愛くなっている人は内面勝負でいった方が良いでしょう。

外見に厳しいのが男の本音なのですね。もう少し女性の中身をきちんと見てほしいものですが、女性もイケメンには弱いのでここは女性も男性も似ているところかもしれません。

 

男の本音6:興味がない子には下ネタを言う

男性が下ネタをあなたに言ってきたら、それはあなたを女性として見ていない証拠かもしれません。本当に好きな子や興味のある子には下ネタなんて言えないというのが男の本音なのです。困らせたり、下品と思われて嫌われたりしたくないのです。男性は好きな女の子の事は天使のように思います。そんな女の子に下ネタなんて言えません。下ネタで盛り上がって仲良くなって、私たちいい感じかも!?なんていうのは勘違いなのです。一緒になってゲラゲラ笑わないように気をつけましょう。

 

いかがでしたか?女性なら知っておきたい!実は厳しい男の本音6つをご紹介いたしました。聞いてみて、やはり厳しいと感じる意見が多数みられました。しかし本音は本音です。これを受け止めて、上手く接していかなければなりませんね。女性はいつまでも可愛く清楚でいる事が大切なのかもしれません。

 

まとめ

女性なら知っておきたい!実は厳しい男の本音6つ

男の本音1:自由が一番
男の本音2:最初が100点
男の本音3:顔が可愛ければ良い
男の本音4:どっちが大切?はタブー
男の本音5:可愛くない子は可愛くない
男の本音6:興味がない子には下ネタを言う

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!