相手が好きな女性でも男はつらいよ。7つの実例と解決策

相手が好きな女性でも男はつらいよ。7つの実例と解決策男はつらいよ。女性と付き合っていてそう感じたことはありませんか?好きだから付き合っているのに、一緒にいたいからいるのに、時々辛いと感じてしまうのはなぜなのでしょうか。今回は男はつらいと感じてしまう7つの実例とその解決策、対抗策を紹介します。一人で悩む必要はありません。何故そう感じるのか理解するとこでうんとラクになりますよ。

相手が好きな女性でも男はつらいよ。
7つの実例と解決策

 

その1:長い買い物はつらいよ

女性とつきあっているとウィンドウショッピングはもちろん買い物に付き合うことも多々あるでしょう。大きなショッピングモールを上から順に隅から隅まで歩いて、更に違う百貨店などに移動して、の繰り返しを経験したことはありませんか?歩く距離もそうですが意見を求められながら何時間もねり歩くのは疲れますよね?人は基本的に自分の興味の対象にかかわる疲れは感じにくいので興味の有無で疲れの差が生まれます。

では具体的な解決策はというと、一緒に楽しむしかありません。途中で切り上げたりしたら相手の不評をかうだけです。それならいっそのこと彼女を自分好みに変えてしまうつもりで挑みましょう。彼女のほうもあなたの好みを知ることができますし、ようは考え方です。相手に付き合っているのではなく、一緒に何かをしていると考えましょう。

それでもどうしても疲れるときはカフェなどでお茶をすればいい休憩になります。

 

その2:マシンガントークはつらいよ

女性のほとんどはおしゃべり好きです。そしてほとんどの女性はこちらの話を聞くより話したいという欲求のほうが強いのです。一見身勝手にも思えますが、これは女性脳の影響なのでしかたがありません。ではどう対応すればいいのかというと、実は女性がこちらにマシンガンのように話しているのは共感を得たいからというのがほとんどです。内容が何かに対する不平、不満である場合はなおさらです。

ようするにこちらに共感し、同調してほしいのです。あなたも自分と同じ考え方で自分の味方だと感じたいと無意識に考えています。いわばあなたを頼っているといっても過言ではありません。彼女があなたにマシンガントークするのはあなたともっと親密になりたいという意思表示だといえます。こういうことを知ると、つらいとは思いませんよね?むしろあなたへの好意なのですから受け止めようと思えませんか?

 

その3:年下彼女はつらいよ

男はつらいよ。と感じるものには年齢差によるジェネレーションギャップもあります。特に年下女性の場合、5歳以上年下であれば十分この問題は起こります。特に表れるのがファッションです。年下の彼女は自分がいいと感じるものをあなたに進めてきますが、あなたから見れば派手すぎる。若作りに見えるという場合、それでもほとんどの男性は我慢して進められたものを好意だからと身に着けるのです。

しかしながら、女性が男性に衣服のアドバイスやプレゼントを行う場合、それはこうなってほしい。自分好みにしたいという欲求からきている場合がほとんどなのです。ようするにあなたを自分の理想に近づけようとしているのです。あなたが好かれたいのは誰ですか?彼女ですよね?なら彼女の好みの格好をすれば、彼女をさらに自分にひき付けることができます。これはチャンス以外の何物でもありません。

 

その4:年上彼女はつらいよ

逆に彼女が年上の場合、いつまでも子ども扱いされるという悩みを多くの男性は持っています。しかしながらそれはそもそも間違いです。子供扱いに流されるのではなく、ちょっとしたことで男らしいところを見せればギャップで女性はさらにあなたに好意をもってくれることでしょう。むしろチャンスなのです。ちょっとしたエスコートやいざというときに堂々と男らしいところを見せるだけでいいのです。

年上彼女のハードルは意外と低いので、その分飛び越えるのもたやすいのです。

 

その5:尻にしかれてつらいよ

あなたと彼女は対等ですか?彼女のほうが主導権を握っていませんか?そのままゴールインして尻にしかれ、男はつらいよ。と嘆く人もたくさんいます。この力関係はどこでうまれるのかというと付き合っている頃にすでにその片鱗があるのです。実は惚れたほうが負けなのです。どうしても好きになったほうが、付き合いたいといったほうが下手に出てしまうため、力関係が出来上がってしまいます。

また、この力関係はなんらかの失敗や貸しをつくることで逆転しますが、基本的に先に本気で好きになったほうが負けだと思ってください。なのでこれに関してはあなたが相手を好きだと先に想い、付き合い始めたなら将来尻にしかれる覚悟はしておくべきです。もちろん相手の性格にもよるので一概には言えませんが、好きでずっと一緒にいるなら尻に敷かれたっていいじゃありませんか。

 

その6:デートの出費がつらいよ

デート費用は男が出すのが当たり前。女性のほとんどはそう考えているでしょう。社会人になればその傾向はますます強くなります。実際、男性からしてもデート代ぐらいは出してあげたいと思うものですが、実際の財布の中身が追い付かない方もたくさんいます。だからといって割り勘もかっこ悪いと感じる方はそもそもデートコースを見直しましょう。

何にお金がかかっているのですか?映画やボーリングなら、お金のかからないような公園や外でのスポーツに切り替えたり、ウチデートという選択肢もあります。食事にお金がかかっているなら安くて美味しい店を探せばいいだけです。彼女があなたのお金ではなく、あなたのことが好きなのなら、お金をかけないデートでも文句をいったり、それであなたを嫌いになったりはしないはずです。

 

その7:好きすぎてつらいよ

「好きすぎてつらい。」他人にいったらただのノロケ話でしかありませんが、ずっとそばに居たい、一緒に居たいという悩みを持つ人もたくさんいます。もともと男性は独占欲が強い生き物ですのでそれもしかたのないことですが、対処法は2通りです。1つは次のデートについて計画を立てる。もう一つは時期が過ぎるのを待つということです。変に連絡をしすぎて鬱陶しがられないように注意しましょう。

基本的に何もしていないから彼女のことを考えてしまうのです。どうせ考えるなら次のデートコースのことでも考えて気を紛らわしましょう。また、たいてい付き合いたてにそういった考えが強くなり徐々に薄れていきます。なので最初はそういうものだと理解してください。1ヶ月もすれば好きだけど、好きすぎてつらいと不安になることはなくなります。

 

いかがでしたでしょうか?相手が好きな女性でも男はつらいよ。7つの実例と解決策を紹介しました。

あなたの悩みに合致するものはありましたか?今回紹介したのは7つだけですが、恋愛する中で想い悩むのはあなただけではありません。世の男性、もちろん女性も、みんな悩みながらいろいろと考えて交際しているのです。いっそ悩みは誰かに打ち明けてしまうのもいいかもしれません。必ず何か解決策や対処法があります。男はつらいよ。とばかり考えず、悩みは解決するほうに動きはじめましょう。

 

まとめ

相手が好きな女性でも男はつらいよ。7つの実例と解決策

その1:長い買い物はつらいよ
その2:マシンガントークはつらいよ
その3:年下彼女はつらいよ
その4:年上彼女はつらいよ
その5:尻にしかれてつらいよ
その6:デートの出費がつらいよ
その7:好きすぎてつらいよ

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!