今からでも間に合う!理想のおっぱいを作るための5つの方法

今からでも間に合う!理想のおっぱいを作るための5つの方法おっぱい、それは女性の象徴、女性のスタイルを左右し、女性らしさのアピールポイントでもあります。また世の男性をくぎ付けにする部位です。でも知ってますか?おっぱいに悩む女性は意外と多いのです。もっと巨乳になりたい、おっぱいの形が悪い、大きいけど垂れてしまう、大きくて肩がこるなどなど女性によってその悩みは千差万別です。小さい人も大きい人もそれぞれ悩みを抱えています。

今回は理想のおっぱいを作り上げるための5つの方法を紹介します。成長期まっただ中の人も、成長期が過ぎてしまった人も、出産後の人でもまだ間に合います!おっぱいは脂肪の塊、だからこそその形は努力次第で手遅れなんてないんです。自分のおっぱいに満足していないという人は今回紹介する方法であっさり悩みが解決してしまうかもしれませんよ?

今からでも間に合う!
理想のおっぱいを作るための5つの方法

 

その1:綺麗なおっぱいをつくるには

まずおっぱいの形ですが、ある程度の大きさは理想としてほしいですよね?おっぱいの大きさは遺伝よりもむしろ環境が作用します。巨乳の人は昔太っていたという話を聞いたことはありませんか?実は一度太ってから運動で痩せるというのはおっぱいを大きくするには有効です。ようは脂肪なのでガリガリでは大きなおっぱいは手に入りません。太りすぎはよくありませんが、ある程度の脂肪は必要なのです。

なので、あなたが成長期なら過剰なダイエットは控えましょう。おっぱいが大きくなりませんよ?そして成長期以降の方は、痩せすぎだけは回避してください。太ってから痩せる方法以外にも胸を大きくする方法はあります。

 

その2:いらない肉を寄せる

おっぱいを大きくする最大のポイントは肉寄せです。よくテレビ番組などで紹介されているのをきいたことはありませんか?二の腕の肉や背中の肉、またはお腹の肉を胸にもってくるという内容です。「いや無理でしょ」と否定的な考えの人は間違っています。筋肉は基本的に違う部位に動かすことができませんが、脂肪は動かすことができます。方法はありきたりですが、マッサージです。

胸から遠い位置から胸に向かって流れ込むように脂肪をマッサージします。少し強めに、そして朝夕の二回程度念入りにマッサージしてください。毎日続けることで徐々に脂肪が移動し、おっぱいが大きくなっていきます。もちろん即効性はありませんが、徐々に効果が実感できるはずです。そして次はおっぱいの形についてです。実はおっぱいは大きくするよりも形を整えるほうが大変です。

垂れたり、運動の邪魔になったり、揺れて痛かったり、肩がこるのは形と筋肉の問題です。

 

その3:ブラジャーは慎重に!

まずおっぱいの形に関してですが、これはご存知の通りブラジャーが最も効果的です。ではブラジャーならなんでもいいの?というとそういうわけではありません。きちんと自分のおっぱいにあったカップのものを選ばないと形を整えるどころか、逆に圧迫してしまいおっぱいの形が悪くなってしまいます。残念ながらいいものほど高価です。そのかわり長持ちします。

なので、成長期の方はカップ数が変わりやすいので安価で代えのきくものを、成長期以降の方は1万円ちかくするいいものや矯正下着をつけることをお勧めします。通販ではなくはじめはなるべくお店できちんとサイズを測ってもらってから選ぶようにしましょう。毎日、できれば寝ている間もつけることでおっぱいが綺麗な形に矯正され、垂れにくいおっぱいを手に入れることができます。

 

その4:適度な筋力も必要

ある程度おっぱいの大きな女性の悩みは肩こりと垂れることです。先ほど書いた通り、ブラジャーである程度は防げますが、それだけでは形のいいおっぱいをキープすることは困難です。ある程度おっぱいを持ち上げる胸筋を鍛えることと、クーパー靭帯のケアが必要です。胸筋の鍛え方はだいたいわかりますよね?ですがクーパー靭帯に関しては言葉すらはじめて聞いたという方がいるのではないでしょうか?

クーパー靭帯とはおっぱいを上から釣り上げている靭帯です。これが伸びてしまうとおっぱいが垂れてしまいます。主におっぱいの上下運動や大きなおっぱいの人ほど靭帯が伸びやすいので、運動する場合はスポーツブラなどでおっぱいが揺れないようにし、また普段からブラジャーをつけ、おっぱいを支えることで、靭帯への負担を最小限に抑えましょう。

 

その5:出産が最大の難関?

妊娠し、出産して体系が崩れたという方はたくさにます。特におっぱいが垂れてしまったという話もよく聞きますよね?たしかに出産は女性にとってスタイルを崩してしまう一番の難関と言えます。おっぱいは授乳によって風船のように膨れ、終わると萎むイメージです。でも安心してください。胸筋を適度に鍛え、きちいんとブラジャーをして形を整えていた方には逆にチャンスとなります。

きちんと手入れをしていけば、出産のあとにおっぱいが崩れるどころか、大きくすることも不可能ではありません。出産のために女性ホルモンが分泌され、丸みを帯びていた身体からは胸に寄せるお肉がたくさんあるはずです。そして出産後は体系が戻るのにあわせて、これまで紹介したことに気を付けてケアすればむしろおっぱいを大きく形のいいものに整形するチャンスになります。

 

いかがでしたでしょうか?今からでも間に合う!理想のおっぱいを作るための5つの方法を紹介しました。

基本は毎日のマッサージとブラジャーによる整形です。ずっとつけ続けるのは大変ですが、スポーツブラやナイトブラなど用途にあわせたブラジャーもあります。胸筋は一度つければそうそう落ちるものではありません。とにかく普段からブラジャーをつけ、おっぱいが垂れないよう、形が崩れないように気を配ることが重要です。そうすれば加齢によるスタイルの変化も最小限に防げます。

 

まとめ

今からでも間に合う!理想のおっぱいを作るための5つの方法

その1:綺麗なおっぱいをつくるには
その2:いらない肉を寄せる
その3:ブラジャーは慎重に!
その4:適度な筋力も必要
その5:出産が最大の難関?

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!