AカップがCカップに!おっぱいを大きく見せる5つの秘訣

AカップがCカップに!おっぱいを大きく見せる5つの秘訣おっぱいを大きく見せて、貧乳とはもう言わせない!!理想のおっぱいを手に入れましょう!女性であれば理想的な綺麗なおっぱいに憧れるもの。バービーみたいな魅惑的ボディでファッションを楽しみたい!!男性を虜にしてみたい!!って一度は思ったことがあるはず!!でも、大きく見せるには豊胸手術しか残された手はない…なんて思ってませんか?実はそんなことはありません。普段の生活をちょっと見直せば、お金をかけなくても自分でおっぱいを大きく見せることはできます。

AカップがCカップに!?そんな魔法のようなおっぱいが大きくなる秘訣をお教えします。そもそもおっぱいが小さい原因って考えたことありますか?お母さんもおばあちゃんも小さいから…と体質や遺伝だと決めつけてませんか?実は体質や遺伝以外にもおっぱいを小さくしてしまってる要因が多くあります。

おっぱいの大きさは女性ホルモンの分泌によって左右されている面が大きいのです。女性ホルモンが正常に分泌されていると乳腺も発達し、それに伴い乳腺の保護のための脂肪が乳房につき、おっぱいが大きくなります。よってホルモンバランスを崩してしまう睡眠不足、喫煙、過度なダイエット、ストレス等はおっぱいを大きくする妨げになりかねません。おっぱいを大きくしたいのであれば、まずは心身ともに健康であることが必要不可欠です。

AカップがCカップに!
おっぱいを大きく見せる5つの秘訣

 

その1:ブラジャー選び

まず最初に…貴方のおっぱいのサイズをご自身でちゃんと把握してますか?下着屋さんで測ってもらったことありますか?小さいことがコンプレックスでブラジャーはどうせAカップのはず…と決めつけて、測ってもらったことがない人が案外多いんです。まずは測ってもらったことがない方は自分のおっぱいを知ってあげるために、測ったことがある方も、ちょっとしたダイエットでもサイズは変わっているものですから、この機会に下着屋さんでサイズを測ってもらいましょう。

さて、実際に下着屋さんでちゃんと測ってみるとCカップだったってこともあります。例えば…A70を普段つけていた人がちゃんと測ってもらうとアンダーが67cmだった。そこでアンダーを65に下げて試着すると…C65でピッタリ!!ちゃんと付け方も教えてもらって横に流れてた胸もブラの中にしまうと、今までなかった谷間まで出現!!なんてことはよくあります。ブラジャーのデザイン、メーカーによってサイズもバラバラ。

ブラジャーを選ぶ際には必ず試着して、自分の身体にフィットしたものを選びましょう。またおっぱいを大きく見せる機能のあるブラジャーも数多くあります。お勧めは3/4カップでサイドのお肉を逃がさないサイドボーンがしっかりしたもので、もちろんパッドが入れれるポケット付き。フロントホックは谷間を強調するにはいいですが、長時間着用してると痛くなったり赤くなったりする人もいます。試着時に自分の身体に合ってるかしっかりチェックしましょう。

 

その2:大豆製品

バストアップに大豆製品がいいってご存知ですか?大豆に含まれるいイソフラボンが女性ホルモンのエストロゲンと同じ働きがあるとされています。20代後半からエストロゲンの分泌量はだんだん減少していくといわれているので、エストロゲンの代わりにイソフラボンを毎日摂取することをお勧めします。ただ、毎日摂取するとなると、味噌や醤油はイソフラボンの量は少ないのに塩分が気になる…、毎日豆腐を食べるのも大変ですね。

そこでイチ押しなのが豆乳です。イソフラボンを多く含んでいるだけでなく、低カロリーかつ良質なタンパク源です。手軽に済ませたいなら朝晩1杯ずつ飲むのも良し、料理に牛乳の代わりに使うも良し。早速毎日の生活に取り入れてみましょう。

 

その3:キャベツ

食事つながりでもう一つお勧めなのがキャベツです。キャベツは食物繊維が多くダイエットにいい食材として既に定着していますね。そんなキャベツがバストアップにもいいってご存知でした?キャベツに含まれる成分は食物繊維以外にボロンがあります。ボロンは女性ホルモンのエストロゲンの作用を活発にする働きがあるそうで乳腺を発達させておっぱいを大きくするのを助けてくれます。食物繊維でぽっこりお腹が解消されて、ボロンでおっぱいは大きく。

夢にまで見たメリハリボディに近づけるキャベツは女性にとってスーパー食材ですね!キャベツの食べ方ですがボロンを効率良く摂取するには生がお勧め。生で毎日食べるのが大変な人は海藻類、ナッツ類やリンゴや桃などの果物にもボロンは含まれているので、これらの食材を1週間のサイクルの中に上手く取り入れてあげましょう。

 

その4:エクササイズ

エクササイズと聞いて、「ああ、面倒くさいなぁ。」と思ってしまった貴方。騙されたと思って毎日5分だけ続けてみませんか?バストアップはもちろんのこと、肩凝りなども楽になるはずですよ。おっぱいを小さくしてしまっている原因として貴方の姿勢もあります。猫背になってはいませんか?肩甲骨が凝り固まってはいませんか?姿勢が悪いとおっぱい周辺の血流やリンパの流れが悪くなり大胸筋も委縮してしまいます。まずは背筋を伸ばして肩甲骨を回してリラックスしましょう。

そして手のひらを合わせ(顔の前で合掌し)、肘を肩の高さまで上げます。肘の高さをキープしたまま合わせた手をプッシュして20秒。座ったままでも立っていてもOKですが、姿勢を正して胸を張って行うことが大事です。肩甲骨回しと合掌運動を3セットを目安に1日2回続けると、バストアップに繋がりかつ肩凝りも解消されます。

 

その5:マッサージ

女性ホルモンやバストアップに必要な栄養分をおっぱいに行き渡らせる為に血液やリンパの流れを循環にするためマッサージは有効です。血管やリンパが集中している鎖骨周辺や脇を念入りに外側から内側へ、下から上へマッサージをしましょう。バスタイムにオイルやクリームを使ってマッサージをするのもおすすめです。気を付けたい点としてはおっぱいの90%は脂肪からできているので揉みすぎると脂肪が燃焼してしまい逆に小さくなってしまいます。

揉むというよりは指圧する、撫でるといった具合に血液やリンパの流れを良くすることを意識してマッサージしましょう。また恋人や夫に揉んでもらって大きくなったという人もいますが、それは揉んだ行為ではなく女性ホルモンの分泌が活発になったことが影響してると言えますね。

 

いかがでしたか?

以上おっぱいを大きく見せる5つの秘訣をご紹介しました。

お金がかかるものは一つもありません。豊胸手術や補正下着、サプリに頼るのではなく、まずは自分の日常から変えていきましょう。また、どれか一つだけ集中的にやっても効果はあまり望めません。バランス良く、無理せずストレスにならず続けていくことが大事です。理想のおっぱいを手に入れるために今日からスタートです!

 

まとめ

AカップがCカップに!おっぱいを大きく見せる5つの秘訣

その1:ブラジャー選び
その2:大豆製品
その3:キャベツ
その4:エクササイズ
その5:マッサージ

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!