女の子が名前を呼ばれてドキッとする5つのシチュエーション

女の子が名前を呼ばれてドキッとする5つのシチュエーション女の子の名前は呼び捨てにしますか?ちゃんやさんを付けて呼びますか?それとも名前とは関係のないあだ名で呼びますか?身近にいる女の子の名前の呼び方って最初は少し考えてしまいますよね。気になる女の子ならなおさらで、ドキドキし過ぎてなかなか名前で呼ぶ事が出来なかったりします。無難なのは名字にさんを付けて「田中さん」「佐藤さん」と呼べば問題ないのですが、実は女の子は名字より名前で呼ばれる方が好きだって知っていましたか?

あるアンケートの統計では女の子は名前にちゃんやさんを付けて呼ばれるのと、呼び捨てにされるのが同票で1位と2位になっています。名字で呼ぶのは無難ではありますが、女の子と距離を縮めるには名前で呼んだ方が良さそうです。名前で呼んでくれる人は何となく気になってくる…なんて女の子もいますから、呼び方1つでモテ男になれる可能性もあります。そこで女の子がどんな時に名前で呼ばれるとドキッとするのか、5つのシチュエーションでご紹介いたします。

女の子が名前を呼ばれてドキッとする
5つのシチュエーション

 

その1:みんなとは違う名前の呼び方で呼んでくれた時

女の子はだいたい友達同士で決まっている呼び名があります。さおりをサオリンとか、えみをエミエミとか、まりこをマリちゃんにしていたり、名字の方で小原をオバラっちとか、北島をキタさんなどです。例えばこの5人と合コンした場合、自己紹介ではフルネームを言ってくれるけどコンパ中は女の子同士いつもの呼び名になってしまうのがほとんどです。そうなると最初の自己紹介で名字を覚えていない限り無難な「名字さん」と言う呼び方はできませんよね。

そうなると男の子は女の子同士の呼び名をそのまま使って、サオリンとかエミエミと呼び始めてしまいます。女の子にしてみたら女友達と同じような感覚になり、せっかくの合コンなのに異性として意識できない事も…。もし男友達が「サオリンも行くよね?」と女の子同士の呼び名を使った時、すかさず「さおりちゃんはどうする?」と名前を使ってみましょう。呼ばれた女の子だけでなく、聞こえた女の子達はみんなとは違う呼び方にちょっとドキッするはずです。

 

その2:最初から何の抵抗もなく名前で呼んでくれた時

女の子は初めて会った異性から、すぐに自然に名前で呼ばれるとドキッとします。例えば、気の合う男女のグループでキャンプに行った時、誰かが男友達を1人連れて来たとします。自己紹介はしたとは言え、その彼が何の抵抗もなく「あ、えみちゃん一緒に持つよ」なんてサラッと名前で言われたら女の子はドキッとするのですが、さらにドキッとした顔を見て「あれ?えみちゃんでいいんだよね?」なんて続けて言われるとドキドキするのです。

同じような事をやった経験のある男の子もいるかと思います。しかし大抵の男の子の場合、どう?俺はすぐにでも名前で呼べるぜ的な顔をしていたり、逆に無理に頑張った感丸出しの表情をしているのです。これだと女の子はドキッとするどころかドン引きしてしまいます。何の抵抗もないのが大切で、ずっと前から友達だったかのような自然な感じだからこそ女の子はドキッとして、ちょっと気にし始めたりするんです。

 

その3:急に名前を呼び捨てにされた時

女の子は普段はちゃん付けなのに、突然呼び捨てにされるとドキッとします。不意にとか、急に、と言ったシチュエーションの場合なので、実は言った男の子が呼び捨てにした事を覚えていない可能性もあるのですが、女の子にしてみたらかなりドキッとするのです。例えば数人のグループで、誰かが代表してみんなのハンバーガーを買いに行こうとした時、遅れて来た女の子に気付いた男の子が普段は「まりちゃん」と呼ぶのに慌てて「おい!まりこの分もだぞ!」なんて時ですよ。

 

その4:名字だけでなく名前もキチンと紹介してくれた時

女の子は誰かに紹介される時、名字だけでなく名前まで言ってくれるとドキッとします。例えば誰か女の子と一緒の時に大学や会社の先輩、家族、近所のおばさんなどに偶然会ってしまったら、当然一緒にいる女の子を簡単でも紹介しますよね?普段は「さおちゃん」なんて呼んでいても、人に紹介する時は名字か名前のどちらかでさんを付けると思います。だけどこんな時はフルネームにさんを付けて紹介すると、女の子は紹介してくれた事とめったに呼ばれないフルネームにドキッとするのです。

 

その5:キスの直前に名前を呼び捨てされた時

女の子は壁ドンや顎グイでなくても、キスの直前に名前を呼び捨てされるとドキッとするんです。これから付き合い始めるでも、もう付き合っていても、キスしそうだなって時は男女ともに緊張しますよね?特に男の子は女の子から拒否されないかと言う不安もあります。けど女の子はキスのギリギリまで迷っていたとしても、直前で今までちゃん付けだった名前を呼び捨てにされたりすると、ほとんど拒否しないのです。

もちろん呼び捨ての名前と一緒にキュンとする台詞もポイントになります。女の子がキスの直前に言われたい一言で多いのが「えみ好きだよ」の定番に、「えみ、いいよね」「キスしよ、えみ」など、どれも漫画やドラマのような台詞ではありますが、女の子は結構キュンキュンしちゃうらしいですよ。ただでさえキスするドキドキがあるのに、直前でこんな台詞まで言ってられないとは思いますが、言うと言わないじゃキスの成功率がだいぶ違います。

 

いかがでしたか?女の子が名前を呼ばれてドキッとする5つのシチュエーションをお伝えしました。

今回お伝えした、女の子が名前を呼ばれてドキッとする5つのシチュエーションを読むと、スグに女の子との距離を縮められる人と、なかなか縮められない人の原因の1つが解ると思います。一説に自分の名前を聞くのは、どんな癒しの美しい言葉を聞くよりも心地いいそうです。だから余計な言葉を並べるより、少しでも多く名前を呼んであげるのが一番の口説き文句かもしれません。身近な女の子との関係性は名前の呼び方1つで変えられるので、上手に活用して頂けたらと思います。

 

まとめ

女の子が名前を呼ばれてドキッとする5つのシチュエーション

その1:みんなとは違う名前の呼び方で呼んでくれた時
その2:最初から何の抵抗もなく名前で呼んでくれた時
その3:急に名前を呼び捨てにされた時
その4:名字だけでなく名前もキチンと紹介してくれた時
その5:キスの直前に名前を呼び捨てされた時

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!