私の二の腕のブツブツが綺麗に消えた!5つのポイント

私の二の腕のブツブツが綺麗に消えた!5つのポイント二の腕のブツブツ、気になりますよね?女性にとってなかなか消えないブツブツの悩みは深いもの。夏は特にユーウツ。うだるような暑い日も毎日長袖。キャミソールから出たみんなの腕がまぶしい。冬だって、パーティでコートの下にノースリーブのドレスとか着たいけど、ムリ。 早く消えて。この憎いブツブツ、、、。

さて、この多くの女性を悩ます二の腕のブツブツ。一体何かアナタはご存知ですか?湿疹?吹き出物?いいえ。このガンコなブツブツ、実は毛孔性苔蘚(もうこうせいたいせん)という皮膚の疾患なのです。重々しい病名ですが、湿疹と違い「痛くもかゆくもない」のが特徴。毛穴に古い角質がたまり、下の細胞が異常反応を起こしたのが原因だそう。ブツブツは思春期ごろに現われ、4、50代になると自然に消失するというもの。

二の腕のブツブツ(毛孔性苔蘚)は、この見かけの悲惨さもさておき、これという治療法がないのが問題。他の皮膚疾患と違って「痛くもかゆくもない」ため、医療的優先順位が低いわけです。皮膚科のドクターにも「遺伝性のものだから治らないよ」、「年取れば治るからほっときな」、などと言われた人も。こう言われると落ち込みますよね?

でも、あきらめてはいけません!実は毛孔性苔蘚、ちゃんと改善法が存在するのです!今回は、この二の腕のブツブツをきれいに消す方法を5つ、ご紹介します。

私の二の腕のブツブツが綺麗に消えた!
5つのポイント

 

その1:「尿素」入りクリームをつけてみる

二の腕のブツブツ(毛孔性苔蘚)は、古い角質を除去することが改善への第一歩。でも普通の洗顔料やクリームにはそんなパワーはありません。角質除去の働きがある成分といえば“尿素”です。尿素と聞くと、「え?おしっこ?臭そう!」って思うかもしれませんが、尿素は無臭。尿中に過剰な窒素化合物が排出されたものです。尿素には肌の保湿機能の他、「余分な角質を取り除く」と機能があり、これがブツブツ改善に役立つというわけです。

「尿素入りクリームならかかと用のがあるから使います!」 という人がよくいますが、要注意!かかとやひざ用のクリームは高濃度の尿素(40%以上)が含まれています。二の腕は、かかとなどに比べると皮膚や角質が薄く、刺激にとても敏感。刺激が強すぎると症状が悪化する可能性があるのです。10%前後の低濃度の尿素を選ぶように注意しましょう。即効性はなくても徐々に効果があらわれるはず。お金をかけず、安全に、じっくり治したい、という方に尿素クリームはオススメです。

 

その2:ホーム・ピーリングをしてみる

尿素入りクリームが一向に効果がなかった、という方。次のおすすめは、“ピーリング” です。ピーリングはエステサロンでお肌のトラブルに昔から使われており、比較的安全で即効性のある施術法です。薬剤を肌に塗布し、角質や老廃物を溶かすことで皮膚再生を促します。この理由からピーリングは、毛孔性苔蘚による二の腕のブツブツの治療にも用いられます。

ピーリングはエステで行うのがベストですが、どうしても費用がかさみます。できれば安くすましたい、という方。ピーリングって自分でもできるのをご存知ですか? ピーリングに用いるアルファヒドロキシン酸、サリチル酸という薬剤が入ったクリームはドラッグストアで手に入ります。濃度が低いため、エステのピーリングほどの即効性は期待できませんが、逆に副作用は少ないはず。

個人で行う場合、長く肌に放置しない、強くこすらないなど基本的なルールは守ってくださいね。あと、ピーリング後は保湿をしっかりと。エステに足を運ばず、費用も節約。テレビを見ながら極楽“ホーム・ピーリング”。これで効果が出ればサイコーですね。

 

その3:ダーマ・ローラーを使ってみる

ピーリングの後に行いたいのが“ダーマ・ローラー”。最近、毛孔性苔蘚の治療法としてがぜん脚光を浴びている美容法です。なんだかインドの修行僧みたいな名前ですが(あ、ダライ・ラーマか)、ダーマ・ローラーは、ほこりとりの”コロコロ“と同じ形をした”ローラー“です。マイクロスパイクという細い針がついていて、コロコロすると皮膚疾患に絶大なパワーを生じます。

特にその新陳代謝促進力が噂の的です。このダーマ・ローラー、実際、美容皮膚科、クリニック等でにきび跡、メラニン沈着などに対する治療で使われています。アンチエイジング効果、肌の新陳代謝(ターンオーバー)促進という効能がありこれが毛孔性苔蘚を改善してくれるというわけです。

通常、ダーマローラーはエステサロンや美容皮膚科で行いますが、個人で使っている人も多いとか。日本では手に入らないので、個人輸入する必要があります。お値段は1本、3万円とか。何度も使えないため、これだけでも費用は嵩みそう。長期的にはエステサロンでするよりは安くすむと思います。

 

その4:レーザー治療に挑戦する

上記の方法がどれもうまくいかなかった。もう我慢の限界、一気にブツブツをやっつけてしまいたい、という人、レーザー治療に思い切ってトライしましょう!レーザー治療は、毛孔性苔蘚のような改善が難しいとされるお肌のトラブルに「短時間で絶大な効果をあげる」と言われています。毛孔性苔蘚に対するレーザー治療は「フラクセル」という施術法が一般的。方法は、皮膚の深層部をレーザーで多数照射し、皮膚細胞にダメージを与える。その結果、人体の再生機能が促され、古い細胞が?離され、二の腕のブツブツもきれいに解消するというわけです。こう聞くと今すぐやりたくなります。

気になるレーザー照射の痛みですが、ゴムをはじいたような”ものだそう。治療後のダウンタイムは3?5日が平均。気になるコストですが、当然保険が効かず、治療の平均回数、2クールで30万円とか。ひ?。これはレーザーよりイタいかも!

 

その5:食べ物で根気よく治す

最後に、体の外からではなく体の内からブツブツの改善を促す作用を持つ食材を2つ、ご紹介します。まずは、ヨクイニン。ヨクイニンは「はとむぎ」の別称。はとむぎ茶は、美肌やイボなどに効果があるお茶。体の内部から肌に作用し、外から治しにくい毛孔性苔癬にも効き目があるとか。食前に飲むとさらに効果アップ。 もうひとつの食材は、にんにくです。にんにくの成分、アリシンは、血行を促進し、細胞の代謝を早める働きがあります。この機能が毛孔性苔癬の古い角質除去を促すことが期待できます。にんにくの臭いがイヤな人はサプリメントを摂取しても効果は同じ。

ヨクイニンやにんにくといった体内から働きかける食材は、即効性がなく症状をゆっくり改善してくれます。あせらず気長に取り組みましょう。

 

いかがでしたか?

二の腕のブツブツ、毛孔性苔癬の治療法を5つご紹介しました。このどれかの方法に効き目があるはず、と信じてあきらめずに続けましょう。夏までまだ時間はたっぷり。ツルツルな二の腕で、来年の夏はきっとキャミソール!それでは、お話しした5つのポイントをここでもう一度おさらいしましょう。

 

まとめ

私の二の腕のブツブツが綺麗に消えた!5つのポイント

その1:尿素入りクリームをつけてみる
その2:“ホーム・ピーリング”をしてみる
その3:ダーマ・ローラーを使ってみる
その4:レーザー治療に挑戦する
その5:食べ物で根気よく治す

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!