女の子との距離を縮める名前の呼び方のコツ6つ

女の子との距離を縮める名前の呼び方のコツ6つ女の子と仲良くなりたいと思った時、どんな方法を取りますか?実は、特別な事ではなくて、気になる相手との距離を縮める方法があります。それは、相手の名前をより多く呼ぶことです。レストランや旅館で「お待ちしておりました。○○様」と名前を呼ばれると、相手にとってはそれが仕事だと分かっていても、少し特別感や親近感を感じることはありませんか?

また、自分が仕事をする上でも、取引先の相手から電話があった際「お世話になっております、○○様」と名前を添えて挨拶をすると、取引先に喜ばれているはずですよ。名前を呼ばれることで、「大勢いるお客や取引先の1人」ではなく、「自分」というものが尊重されている感覚になるからです。恋愛のきっかけも同じことです。

ただ、やみくもに名前を呼べばいいというわけでもありません。今回は、気になる女の子との距離を縮められる名前の呼び方のコツを6つご紹介します。

 

女の子との距離を縮める
名前の呼び方のコツ6つ

 

その1:まずは「○○(名字)さん」で名前を呼ぶ回数を増やす

親しくなるには、何より対象の女の子と接する時間や回数を多くする事が大切です。その際、「おはよう」や「やぁ」だけではなく「○○さん、おはよう」と女の子の名前(名字)を添えて声をかけるようにします。ただ、そんなに親しくないうちから「○○(名前)ちゃん」と呼ぶと、馴れ馴れしいという印象を与えてしまう事もあります。まずは、無難に名字のさん付けから回数を増やしていきましょう。

ここで気をつけたいのは、やたらに連呼しない事です。「おはよう、○○さん。今日のお昼はどこで食べるか決めた?○○さん。決めてないならおススメの店があるから、○○さん、一緒に行かない?」などと言われたら、ちょっとうっとおしいですよね。印象に残る程度にほどほどにしておくことが大切です。

 

その2:慣れてきたら「○○(名前)ちゃん」で呼ぶ

さて、ある程度距離が縮まれば「○○ちゃん」と名前で呼びたいところですが、タイミングがなかなか難しいですよね。そういう場合、例えば、対象の女の子の同性の友達が呼んでる中に紛れて、さり気なく呼んでみるのもいいかもしれません。相手の反応が心配であれば「皆が呼んでるから○○ちゃんて呼んじゃったけど、良かった?」と、事後承諾的に確認すればいいでしょう。

よほど自分の(下の)名前が嫌いでなければ、「○○(名前)ちゃん」と呼ばれる事を嫌がる女の子は少ないはずです。もしそうであれば、同性の友人からも名前では呼ばれていないでしょうから、注意しましょう。失敗がなくていいのは、「○○(名字)さんだとなんかよそよそしい気がするから、あだ名とか名前とかで呼びたいけど、なんて呼んだらいい?」と聞いてしまうことです。

 

その3:ちゃん付けに抵抗がありそうな人には「○○(名前)さん」で

また、名前の好き嫌いに関係な、年齢的なものや立場的なもの、または単なる好みでちゃん付けで呼ばれる事に抵抗を感じる女の子もいる事は確かです。そういう場合には「○○(名前)さん」で呼ぶようにしてみましょう。相手との距離を縮めつつ、敬意を示したり一定の礼儀は守れたりするので、恋愛対象年齢が自分よりも高めの大人の女性に対しては、「○○(名前)さん」と呼ぶのも良いかもしれません。

同じ「さん」付でも、名字と名前では印象は180度変わりますよ。ある程度親しくなったら対象の女の子を呼ぶの時は、名字から名前に変えるようにしましょう。

 

その4:メールの文面ではちゃんと漢字を使うこと

こうした名前の呼び方のコツについては、メールでも同じですが文章にする時、相手の女の子の名前をひらがななどではなく、ちゃんと漢字で書くということです。そもそも、名前には色々な意味や想いが込められています。それだけに本人も思い入れが強い場合が多いです。

特に、珍しい漢字の組み合わせや、こだわりのある漢字が当てられている名前の場合、正しい漢字で書いてあると、ちゃんと覚えてくれているんだという好印象にも繋がりますよ。

 

その5:あだ名で呼ぶのは微妙

ところで、ある程度親しくなった際、あだ名で呼ぶようになるのも親近感が増すので良いと思われるかもしれません。しかしあだ名の場合、この親近感のベクトルが違う方向へ進んでしまう場合があります。恋愛対象ではなく仲の良い友達に発展してしまうのです。そこから恋愛対象になるようもっていくというのもいいですが、友達として仲良くなってしまうと、そういう風に見られなくなるという女の子も少なくありません。

とにかく名前で呼ばれるのが嫌いという女の子でなければ、恋愛対象として発展させたい場合は、名前で呼ぶようにした方が良いですね。

 

その6:実際に交際に発展したら、名前を呼び捨ても

そして、念願が叶って交際に発展した場合は、思い切って名前を呼び捨てにしてみましょう。もちろん、自分の事も名前で呼んでもらうようにします。ただし、ここでも注意が必要なのは、呼び捨てにされることに抵抗を感じる女の子もいるという事。特別感がある反面、ちょっと乱暴な印象があるのかも。普段「ちゃん」付けなのに喧嘩した時や、怒った時に呼び捨てにされると恐いと感じる女の子もいるのではないでしょうか。

またあだ名については、恋愛に発展する前の前提ではあまりおススメしませんでしたが、無事に交際に発展した後であれば、2人だけの特別な呼び方で呼び合うなんていうのも、交際をより楽しめていいかもしれません。

 

いかがでしたか?女の子との距離を縮める名前の呼び方のコツ6つをご紹介しました。

名前というものはその人の看板のようなもので、とても大切なものです。恋愛感情の有無に関わらず、名前を間違えてしまうのはやはり失礼にあたりますし、名前の呼び方には気を配りたいですね。今回ご紹介したコツが良い人間関係を築く上で少しでも役立つことを願っています。

 

まとめ

女の子との距離を縮める名前の呼び方のコツ6つ

その1:まずは「○○(名字)さん」で名前を呼ぶ回数を増やす
その2:慣れてきたら「○○(名前)ちゃん」で呼ぶ
その3:ちゃん付けに抵抗がありそうな人には「○○(名前)さん」で
その4:メールの文面ではちゃんと漢字を使うこと
その5:あだ名で呼ぶのは微妙
その6:実際に交際に発展したら、名前を呼び捨ても