あまり胸が大きくない人が抱える、7つの悲しいコンプレックス

あまり胸が大きくない人が抱える、7つの悲しいコンプレックス胸が大きい女性はエレガントでセクシーさがあり、同じ女性として何より憧れる存在ですよね。とはいっても、胸の大きさは人それぞれなのでどうしても大きさにバラつきがでてしまいます。生まれながらにして胸の大きい女性も居ればあまり胸が大きくない女性ももちろん居ますが、そう簡単に胸の大きさは変えられません。そうなると胸が大きくない女性にとって不利だと思う点が、やがてコンプレックスに変わってしまうのです。

胸が大きくない女性が抱えるコンプレックスとは、一体どのようなものなのでしょうか。あともう少し胸が大きければ…と願う胸が大きくない女性にとっては必ず共感出来る、7つの悲しいコンプレックスをご紹介しましょう。

あまり胸が大きくない人が抱える
7つの悲しいコンプレックス

 

その1:胸元の大きく開いた服を着ると下着が見えてしまう

Vネックやザックリ胸元の開いたドレスを着ると、かがんだ時にうっかり下着が見えてしまうことがあります。同性の友人ならまだしも、異性に見られるとかなり恥ずかしいですよね。

胸のラインがどうしても平たくなってしまうので、本来谷間でカバーされて見えない部分があらわになってしまうのです。胸が大きくない女性は、Vネックに限らず夏場などの露出が高くなる季節には下着が見えないよう注意する必要があります。

ですが、キャミソールや薄手の長袖インナーを中に着れば下着が見える心配はありませんよ。持ち合せの服にインナーを合わせてみて、下着が見えないよう是非工夫をしてみてください。

その2:プールや温泉など露出の高い場所に行きにくい

水着を着るとボディーラインはもちろん、胸の形や大きさがはっきりとわかります。ましてやプールは男性も大勢居る場所なので、余計に気になってしまいますよね。

温泉なら当然女性だけしか居ませんが、胸の大きい女性ばかりだと自分が目立ってしまわないか不安になり、行きにくくなってしまいます。どちらも胸が大きくない女性にとって、行くのには少し抵抗がある場所です。

しかし最近の水着はサロペットタイプのものやワンピースなど、胸がカバー出来る水着もあります。胸の大きさががわかりにくい水着を買って、上手に隠すのがポイントです。温泉は同性しか居ないので、仕方ないと割り切るしかないでしょう。

その3:異性からの視線が気になる

街中を歩く時や異性と話している瞬間、気になるのはその視線です。胸があまり大きくない女性なら、自分の胸ばかり見ているのではないか?と無性に考えてしまうことがありますよね。確かに男性は第一印象に胸を見る傾向がありますが、全ての男性が巨乳好きとは限りません。

そもそも胸の大きさを気にしていない男性や、胸が大きくない方が好きという男性が多いのも事実です。女性側のイメージとしては、大きい胸の方が男性は魅力的と思ってしまいますが案外そんなことは無いのですよ。男性が第一印象として見てしまう胸の視線は、女性が気にする程ではないようです。

その4:水着やカットソーが似合わない

胸が大きい女性ならその胸を強調できる水着で体を美しく見せることが出来ますが、胸が大きくない女性はその反対です。むしろ大きさを強調するどころか、小ささをアピールしているも同然になってしまいます。

また、体にピタッと馴染むカットソーも同様です。胸の凸凹が無いと、全体的に不自然な印象になりがちですよね。
ですが、ゆったりとした服を着れば不自然さは解消できます。ラインが綺麗にごまかせる上に、胸が大きくない方は細身の場合が多いのでゆったりめの服でもスラッと着こなせます。

また、首元や手首にアクセサリーをすることで視線を別の場所に移すことも出来ますよ。

その5:恋愛に臆病になってしまう

好きな人は居るけれど私は胸が大きくないから、と引いてしまう女性は多く存在します。しかし、胸が大きくないことを理由に恋愛を諦めるのは間違っているのではないでしょうか。

男性は、胸ばかりを見て女性を判断することはありません。恋愛に必要なことは性格やフィーリングがお互いに合うこと、そして何より彼を想う気持ちが大切です。胸の大きさは二の次であって、愛情があれば関係ありませんよ。

胸をコンプレックスに恋愛が臆病になってしまっている方は、堂々と自信を持ってアプローチをしてみましょう。

その6:胸についてショックなことを言われる

ふとした瞬間に友人から胸が小さいことを指摘されると、とても傷つきますよね。たとえ言っていることが正しいとしても、こちらとしてはショックです。

胸が大きくない女性は、この様に胸の大きさを言われることが度々あります。ただでさえコンプレックスなことをつつかれたら、いい気分にはならないですよね。

もしストレートに言われたら、気にしていることをはっきりと伝えましょう。言葉に出して伝えれば、あなたの気持ちに相手は気づいてくれますよ。

その7:ブラジャーがフィットしない

小さめのブラジャーでも、胸が大きくないと上手くフィットせずカパカパしてしまうことがあります。ブラジャーは毎日身に着けるものですから、きちんと合うものが良いですよね。

胸が大きくない女性は、ブラジャーに限らずカップ付きのキャミソールやタンクトップなどでも代用が出来ます。しかも、この方が肌触りも良く締め付け感もないと好評ですよ。

また、ブラジャーからスポーツブラに変えたりブラジャーの中にパットを入れて調節する人も居ます。自分に合った方法で、ぴったりと合う下着を見つけてみてくださいね。

いかがでしたか?胸が大きくない人が抱えるコンプレックスは、日常で起きる些細なものばかりです。つまりは、常日頃からコンプレックスの壁にぶつかる瞬間が多いといえます。大きい胸の女性には経験したことの無い悩みばかりですが、胸が大きくない女性にとってはよくあることなのです。

コンプレックスを乗り越えるには、胸が大きくないことを主張しないように服や下着を工夫したり強い意識を持つことが必要です。強い意識とは、胸が大きくないことを気にし過ぎず極端に不安にならないこと。自分に自信を持って、胸のコンプレックスを長所に変える意識をしましょう。

そして女性としての魅力は、胸だけではありません。胸だけにこだわり過ぎず、あなただけの魅力を存分に引き出す努力を続けましょう。この記事がお役にたてれば嬉しいです。

まとめ

あまり胸が大きくない人が抱える、7つの悲しいコンプレックス

その1:胸元の大きく開いた服を着ると下着が見えてしまう
その2:プールや温泉など露出の高い場所に行きにくい
その3:異性からの視線が気になる
その4:水着やカットソーが似合わない
その5:恋愛に臆病になってしまう
その6:胸についてショックなことを言われる
その7:ブラジャーがフィットしない

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!