モテたいのにモテないのはなぜ?モテる人から学ぶ6つのポイント

モテたいのにモテないのはなぜ?モテる人から学ぶ6つのポイントモテたいと思っているのになぜかモテない…そんな悩みをお持ちではないでしょうか?外見はそれほどでもないのにモテる人がいる一方で自分はなぜモテないのか、色々考えてはみても原因ってなかなか分からなかったりしますよね。分からないからこそ悩んでしまうのですが、原因は必ずあるはずです。

特にモテたいと思ってるわけではないのにモテる人と、モテたいと思っているのにモテない人、その違いは何処にあるのでしょうか?違いが分かれば解決策もきっと見えてくるはず。そこで今回は、モテたいのにモテないのはなぜ?モテる人から学ぶ6つのポイントをご紹介していきたいと思います。

モテたいのにモテないのはなぜ?
モテる人から学ぶ6つのポイント

 

その1:友人が多い

モテる人というのは、男女問わず友人が多く交友関係が広い傾向にあります。とはいえ、単に友人の数が多いだけではありません。周りの空気を読むことが出来たり、重要なポジションを占めていたりといったように、周囲の人から信頼されていて、人間関係がきちんと出来ているのです。そういった人の周りには自然と人も集まりますし、一緒にいて楽しい存在の人といえるでしょう。

いくら友人の数が多くても、呼べばいつでも来る、取り敢えずいつもメンバーの中に入っている、といったようなポジションの人は、言い方は悪いですが、単に数多くいる友人の中の一人といった感じの存在。そういった人よりも、一緒にいて楽しい存在の人の方がモテるというのは当たり前のことですよね。

 

その2:話し上手・聞き上手

会話の引き出しが多くて話が上手な人は、楽しい、面白い、といったような良い印象を与えるため、モテる人が多いようです。しかし、自分一人だけで自分のことだけを喋り続けるような人は逆に敬遠されてしまいます。相手の話も聞き入れながら会話を弾ませることが出来る、そういった人が話し上手な人なのです。

また、自分の話をきちんと聞いてくれる聞き上手な人に対しても良い印象を持つ人が多く、些細な悩みでも相談できる、気軽に話すことが出来るといったことからモテる人が多くいます。単に話を聞いて相槌を打つだけではなく、相手が話をしやすいような状況を作りながら聞くことが大切です。

 

その3:雰囲気が優しい

一緒にいるとなんとなくホッとするような、雰囲気が優しい人に心惹かれるという人は多くいます。男性であれば「守ってあげたい」女性ならば「母性本能をくすぐられる」といったように、本能的に惹かれるといった感じなので、そんな人にはついつい目がいってしまい、気になる存在となっていくことが多いようです。

また、雰囲気が優しい人というのは、普段の行動や言動も優しいことが多く、それがモテることに繋がっていることもあります。雰囲気というのは意識して作り出すことはそう簡単には出来ませんので、普段から人に対して優しい気持ちを持ったり優しくしたりして、自然と優しい雰囲気になれるようにしてみましょう。

 

その4:自己主張が強くない

飲み会やサークルなどの大勢と行動する中で、モテたい意識が全面に出ていてガツガツしている人や自己主張が強く目立つ人は避けられがちです。モテるためには自分を表現するということは大切なことですが、良い人だと思われたい、男らしい・女らしいと思われたい、という気持ちを前に出し過ぎてしまうのは逆効果です。

例え心の中ではモテたいと思っていたとしてもガツガツとした雰囲気は出さず、さり気ない気遣いをしたりするような人、自然体でいる人、そんな人の方がモテるのです。モテたいのにモテないという人は、もしかしたら自己主張がちょっと強すぎるのかもしれません。少し控え目にするようにしてみましょう。

 

その5:よく笑う

よく笑う人、いつも笑顔な人が好きだという人は多いですよね。明るく爽やかな笑顔や笑い声は、男女関係なく良い印象を与えます。しかし、よく笑うといっても、ただ笑えばいいというわけではありません。笑い方や笑い声によっては、相手に与える印象は違ってきてしまいます。

例えば、爆笑した時にやりがちな大声で手を叩きながら笑うような笑い方。自分では物凄く面白いということを表現しているつもりかもしれませんが、傍から見るとあまり良い印象ではありません。俗に言う「馬鹿笑い」のような声の大きい笑い声は、時には周りの人の迷惑となることもありますのでやめるようにしましょう。

 

その6:程良いマメさがある

メールの文章が丁寧で返信が早かったり、髪型の変化などに直ぐに反応してくれたりといったように、マメな人は好印象であることが多いです。しかし、細かすぎたり相手の気持を考えない一方的な行動や言動はマメとは言えないので注意が必要です。相手のことを考えずに続けていると、しつこい人と思われてしまうだけなので気を付けましょう。

メールを例に挙げていえば、相手の反応を見て文章の量や頻度を調整することが出来るのはマメな人、相手の反応を無視して一方的に送りつけるのはしつこい人。簡単に言えばこんな感じなのですが、受け手側があなたに対して好感を持っているかどうかでも違ってくるので難しいところです。しつこく思われない程度の、程良いマメさであることが良いのかもしれませんね。

 

いかがでしたか?モテたいのにモテないのはなぜ?モテる人から学ぶ6つのポイントをご紹介しました。

今回お伝えした、モテたいのにモテないのはなぜ?モテる人から学ぶ6つのポイントを参考に、改善点があるようであれば改善していってみて下さい。ほんの少しでも変わることが出来れば、モテたいのにモテないという状況から抜け出すことが出来るはずです。この記事が、あなたのモテ度をアップさせる手助けとなることを願っています。

 

まとめ

モテたいのにモテないのはなぜ?モテる人から学ぶ6つのポイント

その1:友人が多い
その2:話し上手、聞き上手
その3:雰囲気が優しい
その4:自己主張が強くない
その5:よく笑う
その6:程良いマメさがある

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!