女性にモテるための「モテ服」5つのポイント

女性にモテるための「モテ服」5つのポイント女性にモテるためのモテる服装、いわゆる「モテ服」に5つのポイントがあることを知ってますか?男性は中身が勝負というあなたも、人は「第一印象」でその人となりを評価する生き物であることは知っていることと思います。好意を持つ女性にモテたいと思ったら「第一印象」を良く見せる事が大事です。そこで今日は、女性にモテるための「モテ服」5つのポイントについて、説明していきたいと思います。

女性にモテるための「モテ服」5つのポイント

 

その1:服の「シルエット」と「サイズ」に注意

最近は、スーパーやファストファッション、通販サイトの衣料品でも「シルエット」を重視した物が販売されているので、インナーの上に着用するトップス・ボトムスについては、セレクトショップやデザイン重視のファストファッションのブランドなどの物を利用しましょう。

と同時に、服の「サイズ」についても、体に「ジャストフィットするサイズの衣料を着て初めて、衣料の美しいシルエットを見せることが出来る」ということが大切となります。特に、各メーカー・ブランドによって、同じサイズであっても、サイズ表記通りの大きさでは無いことが、トップス・ボトムスに関しては多々あるのです。

衣料品を買う時には、店舗の場合は必ず店舗に居る店員さんに尋ねて、通販の場合ならまず1アイテムを試しに購入した上で全身鏡を使って、ジャストフィットしているかどうか確認する必要があります(通販の場合には、その通販既定の条件であれば交換・返品が可能)。意外と、自分が思うサイズと違うこともあります。

 

その2:色は「季節感のある」物を着用

「見た目が垢抜けない」男性や元々ファッションに興味が無い男性の場合、季節を問わず、黒・茶色・紺色・グレーと言った地味な色の衣装を着る傾向が強いです。確かに、定番の色合いですし、合わせやすい物なので、これらの色の衣料を持っていても悪くは無いと思います。

しかし、日本には四季があって、その季節にあった色合いの服装を着ることで、より印象が良くなるのです。

例えば、季節ごとに合う色を列記しますと、

春:白、ピンク、イエロー、グリーンなどのパステルカラー、ベージュ
夏:白、原色系(春よりも色が濃い物)
秋:赤、茶色などの秋の紅葉を感じさせる色、チェック柄
冬:黒、紺、グレー

となります。しかしここで注意することは、例えば冬なら黒系の衣料でまとめても良いのですが、夏にトップスからボトムス、靴まで全て黒だと「暑苦しい」と思いませんか?春や夏に黒の衣料を取り入れるにしても、どこか1アイテムにして、残りを季節の色合いでまとめると、それだけでもイメージが変わるのです。

ファッションが苦手だったり、興味が無かったという君なら、まずは「春・夏は明るい目の色」「秋・冬は濃いめの色」のものを着用する、この2つのパターンから始めるのが良いと思います。その上で、ショッピングモールなどにある衣料店のマネキンが着ている服装などを、衣服選びの参考にするのも良いかもしれません。

 

その3:靴にも「季節感」を取り入れる

女性は、服装だけで無く靴にも注目しています。社会人として働いているときも、ビジネスシューズをキチンと手入れしているかどうか、季節を問わず同じ靴を履いているか否かなど、服装と靴の色が合っているかどうかを確認しています。よって、個性が出るプライベートな時間に履く靴にしても、服装はお洒落でも靴がボロボロであったり、服装に合っていないと、それだけでも女性からは減点材料となります。少なくとも、手持ちの靴の手入れは、定期的に綺麗にしておくことが大切です。

そして、靴の場合でも、季節によって「季節感のある」靴の色があります。

春:明るい色のスニーカー、ブーツもOK
夏:サンダル、スニーカー
秋・冬:黒、茶系統のブーツ

などという具合に、靴に関しても季節を意思して変えてみることも良いことだと思います。

 

その4:年齢相応のファッションをする

20代後半・30代・40代と君の年齢が上がると同時に、年齢相応のファッションが求められるようになります。分かりやすい例で言えば、サッカー選手有名な三浦知良氏や中田英寿氏のファッション、20代の若い頃には派手なファッションで有名だったのですが、30代になって落ち着いたファッションになってきて、ある対談で「お互いに、ファッションがクラシックな感じになった」という趣旨の発言をしています。

各年齢層をターゲットにした男性ファッション雑誌や、年代別のファッション好感度が高い俳優さんの服装を参考にすることも、女性にモテるために必要な知識と言えるのではないのでしょうか。

 

その5:「やりすぎ」「場違い」な着こなしをしない

最後に、「男性本人はカッコイイと思っていても、女性は引いている」ファッションがあるのも事実だったりします。例えば、女性視点から見た「引く男性のファッション」というアンケート結果を見ると、「度が過ぎる腰パン」や「上下共に迷彩柄」「細すぎるスキニーパンツ」「先が三角形にとがったような靴」などの回答があったとのこと。

「迷彩柄」は別にしても、ミニタリー系のデザインをワンポイントとして取り入れた服装は、それが本人に会っているかどうかは別にしても、ファッション的には「あり」ですし、ジーンズなどパンツ系も太すぎず細すぎずであれば何ら問題がないので、一言で言えば、「『やりすぎ』『場違い』な着こなしをしない」ということになると思います。

 

いかがでしたか?

今日お伝えした女性にモテるための「モテ服」5つのポイント、これさえ気をつけたなら、ファッションが苦手だったり、これまで興味がなかった君も、「第一印象」から良いカッコイイ着こなしをする男性と、女性から思われるのは確実です。店舗や雑誌のコーディネートだけを参考にして、実際の衣類はファストファッションや通販サイトで購入するというのも、取りかかりとしてはOKだと思います。少しでも参考になることを祈っています。

 

まとめ

女性にモテるための「モテ服」5つのポイント

その1:服の「シルエット」と「サイズ」に注意
その2:色は「季節感のある」物を着用
その3:靴にも「季節感」を取り入れる
その4:年齢相応のファッションをする
その5:「やりすぎ」「場違い」な着こなしをしない

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!