一重まぶたをパッチリ見せるアイメイク術5ステップ

一重まぶたをパッチリ見せるアイメイク術5ステップ一重まぶたをパッチリ見せるアイメイク術5ステップを知っていますか?一口に一重まぶたと言っても人それぞれ千差万別ですから一括りにはできないですよね。でも、大きく分類するなら2つのタイプ、「まぶたの上にあまり脂肪がなくすっきりとした印象の一重まぶた」か、「まぶたの上に脂肪がありふっくらとした印象の一重まぶた」か、そのどちらかに分かれるとのこと。

あなたが一重まぶたなら、「すっきり印象」「ふっくら印象」のどちらのタイプになるのか?そこに注意をしてもらいながら、今日は、一重まぶたをパッチリ見せアイメイク術5ステップについてお伝えします。

一重まぶたをパッチリ見せるアイメイク術5ステップ

 

その1:黒目を大きく魅せる

アイメイクの前に、目のむくむを取るマッサージをする方が良いでしょう。眉毛のラインに眼精疲労やめまいにも効くツボがあるので、親指を小刻みに移動させながら、目頭側から目尻方向へ気持ち良い強さで押していきましょう。

そして最初に、一重まぶたの人には、黒目の部分が小さな人もいるとか。黒目部分を大きく見せる場合には、黒目を大きく魅せるコンタクトレンズを利用する方法もありますが、コンタクトレンズに抵抗がある人には、アイラインで黒目を大きく見えるようにします。

【アイラインを引くときの注意点】

1.目を開けたままアイラインが見える位置にガイドラインを引く。
2.カラーは少し濃い目のブラウンが良い(ブラックだときつい印象、一歩間違うとギャルメイクに)。
3.下まぶたにもアイラインを引く。
4.下のラインは、黒目の下に黒目より少しはみ出るぐらいだけ引く。
5.黒目が終わる場所から5ミリぐらい外に向かってラインを引く。
6.肉が全てを隠してしまっている場合は、ラインを引かないようにする。

 

その2:アイシャドウの選び方に注意

二重まぶたの人は、自分のパーソナルカラーから導き出された色をアイシャドウの色として選べば良いのですが、一重まぶたの人の場合、パーソナルカラーが暖色系だとしても、そのままの色をのせると、目が腫れ上がったように見えてしまい、せっかく引いたアイラインも台無しとなります。

そこで、ブラウンかブルー、赤みの少ないオレンジ、さっぱりとしたグリーンの色をアイシャドウのベース色として選び、同じニュアンスのカラーがひとつのパレットになっている商品を選ぶようにします。そうすることで、濃いカラーからライトなカラーへのグラデーションを作ることができます。

【色の入れ方】

1.ベージュorホワイト系のものorパレットの中の一番ライトなカラーをアイホール全体になじませる。
2.肌なじみをよくするため、効率を考えて指でシャドーをのせるようにする。
3.まぶたを触って眼球のくぼみを探し、目尻側のみ中間色をくぼみに沿ってのせる。
4.目のキワに一番濃いカラーをとり、ラインを引くように色を入れていく。
5.下まぶたにも目のキワに入れた濃いめのカラーを中心から目尻側に入れる。

 

その3:アイプチを上手く活用する

目をパッチリさせるのに最も一番効果的なのアイテムはアイプチです。アイプチの種類は、のりを刷毛で塗るタイプとテープタイプが有名です。テープタイプは、今では若い女の子たちのアイデアから肌なじみのよい肌色タイプで、伸びのよいテープが販売されているため、昔のようにテープが二重の間からありありと見えるようなことはなくなっています。

この方法が一番適しているのは「ふっくら印象」の一重まぶたの人です。「ふっくら印象」の人の場合、まぶたに脂肪があるという点で有利になります。

【アイプチをいれる方法(のりタイプの場合)】

1.明るめのコンシーラーでくすみを消す。
2.自然に影ができるよう、ブラウンでうっすらとラインを引いておく。
3.アイシャドウなどもこの時にのせておく。
4.ブラウンのラインに沿ってアイプチを塗りる。
5.少し乾燥させ専用のヘラでくぼみを付ける。

 

その4:まつげで目を大きくする

まつげで目を大きくする方法としては、「自前のまつげを活用する方法」と「つけまつげを活用する方法」があります。その両方の方法を紹介します。

【自前のまつげを活用する方法】

1.繊維が入ったロングラッシュと、上にカールしキープする2種類用意する。
2.化粧品メーカーから出ている金属製のビューラーを用意する。
3.ビューラーでしっかりとまつげをカールさせる。
4.短い方は、直角になるぐらい強めにカールさせる。
5.名刺サイズの紙で手作りのまぶたガードを用意する。
6.ロングラッシュマスカラをまつげの根元からたっぷりとつける。
7.乾いてしまう前に、まつげコームでとかしてダマを取る。
8.乾いたのを確認できたら、カール長持ちタイプのマスカラを重ね塗りする。
9.ビューラーのまつげをはさむ部分の上部金属部分を熱で温める。
10.火傷しないよう、まつげの下から押し当ててカールを長持ちキープさせる。

【つけまつげを活用する方法】

1.中心の毛束が長いタイプに、別のつけまつげをカットして目尻に重ねづけする。
2.目ヂカラを出したい人はブラック、ナチュラルにしたい人は透明を選ぶ。
3.まつげの生え際から2ミリほど放して接着する。
4.自まつげとつけまつげの間にできた溝は、アイラインで埋める。
5.粘膜の部分もアイラインで埋めるとさらに効果が出る。
6.温めたビューラーかホットビューラーで、なじませる。
7.下のまつげも同様に、目の中心から目尻に向かってつけまつげを付ける。
8.したまつげは透明の下地のものを選んで使う。

 

その5:涙袋を演出する

美人な人には必ずある涙袋を演出します。目に力を入れて微笑んだ時に、目の下にできる丘のような部分が一重まぶたの人の涙袋です。ここにホワイトのシャドーを涙袋の幅に合わせてのせていきます。目尻には、既にアイシャドーが入っているので、そのそばまで入れます。

下まぶたの粘膜にはキラキラとラメが入ったゴールド系のシャドーをチョンチョンと入れることで、華やかに見せられその効果で目が大きく見えるように錯覚をさせることができます。あまり派手にしたくないという人は、つけまつげとアイシャドーだけで十分です。

 

いかがでしたか?

今日お伝えした、一重まぶたをパッチリ見せるアイメイク術5ステップ、これらを日常的に意識して行うことによって、自己流のテクニックが生まれてきて、自己流テクニックでアイメイクも楽しくなると思いませんか。この一重まぶたをパッチリ見せるアイメイク術5ステップを活用して、より自分が大好きになれるように、自分で挑戦してみませんか。

 

まとめ

一重まぶたをパッチリ見せるアイメイク術5ステップ

その1:黒目を大きく魅せる
その2:アイシャドウの選び方に注意
その3:アイプチを上手く活用する
その4:まつげで目を大きくする
その5:涙袋を演出する

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!