意中の人の心を掴む6つのメールテクニック

意中の人の心を掴む6つのメールテクニックメールテクニックがあったらモテるのになぁ…って思うことってありませんか?メールをしようと思っても、どんな文章を送ったら良いのか悩んでしまって手が止まってしまい、結局そのまま送れずに終わってしまったといった経験をしたことがある人も多いかと思います。メールは相手の受け取り方によっては意図してたことと全く違った結果になってしまうこともあるので、気になる人に送るメールは特に慎重になってしまいがちです。

しかし、メールは、電話と違ってゆっくり考えてから返事をすることが出来たり、普段は言えないようなことも文字でなら言えるといったメリットもあります。ちょっとしたテクニックさえあれば相手の心を掴むこともそう難しくはありませんので、今回ご紹介する、意中の人の心を掴む6つのメールテクニックを使って、気になる人にアプローチしてみてはいかがでしょうか。

意中の人の心を掴む6つのメールテクニック

 

その1:メールの長さは相手に合わせる

長すぎるメールは人によっては読むのが面倒臭いと感じたり、短すぎるメールは味気なかったり素っ気なく感じてしまう人もいます。とはいえ、メールの長さの理想は人それぞれです。相手に合わせた文の長さであれば不快感を与えることもありませんので、メールの長さは相手の長さに合わせるようにしましょう。初めて自分の方からメールを送る場合には、まずは100文字程度で送ってみるのがベストです。

また、相手の長さに合わせるというのは、相手のリズムに合わせることにもなり、相手側は会話がしやすくなります。会話がしやすければ自然と返信率もUPしますので、メール全体の長さだけではなく、一文の長さも合わせるようにしてみるなど、相手が読みやすいメールにしてみると良いでしょう。

 

その2:質問文は多用しない・質問文だけで終わらせない

メールの返信が貰えるテクニックとして質問文を送るというのがありますが、返信が欲しいからといって質問文を多用するのはやめましょう。質問文で終わるメールばかりだと、相手はだんだん返信するのが面倒臭くなってしまいます。質問文を入れる時は、質問文だけではなく、前後に相手のことを喜ばせるような文章を付け加えるようにすると、相手は返信しやすくなりますし、面倒臭く思うこともなくなります。

例えば、「またメールしてもいい?」と送るのではなく「◯◯さん(くん)とメール出来て嬉しいな。またメールしてもいいかな?」とした方が、同じ質問文でも相手に好印象を持たれます。ちょっとしたことで印象は変わってきますので、意識して文章を作るようにしてみましょう。

 

その3:メールタイトルは必ず入れる

ついついやってしまいがちなのが、タイトルの入れ忘れ。タイトルが無題だったりRE:だと、手を抜かれているような感じがしてしまいますよね。相手が無題だったりRE:だったとしても、「おはよう」などの挨拶や「◯◯さんへ」といったようなタイトルでも構いませんので、タイトルは必ず入れるようにしましょう。

メールテクニックとしてベストなのは、「そういえば…」「ところで…」といったような、メールの内容への関心を煽るようなタイトルです。何だろう?どうしたんだろう?と、気になって読みたくなるようなタイトルにすると、興味を持って読んでくれるのでお勧めです。

 

その4:知らないこと・分からないことは調べる

自分が知らないことや分からない話題を相手がしてきた時、知ったかぶりをしたり話題を変えたりするのはダメです。特に、話題を変えてしまうのは絶対にしてはいけません。メールはその場で直ぐに返事をしなくてはいけないものではないので、知らないこと・分からないことは調べてから返事するようにしてみましょう。メールを読む相手を思い浮かべ、相手のことを考えることが大切です。

相手の心を掴むには、正直に「ごめんね、分からなかったから調べてみたんだけど…」と付け加えると良いでしょう。自分のことを知ろうとしている、自分が興味あることに興味を持ってくれた、と好印象を持たれますので、時には正直に言ってみるのも良いですよ。

 

その5:文字であることをきちんと理解する

当たり前のことですが、メールは文字での会話になります。ですので、きちんとした文章・言葉にしないと上手く伝わらないこともあります。その結果、相手に勘違いされてしまったり、自分の思っていることとは違った意味で捉えられてしまうことも少なくありません。

例えば、「これってどう?」と洋服の写メを送られた時、普段会話している口調そのままで、可愛いねと言った意味で「可愛くない?」と送った場合、相手は文字そのままの意味の「可愛くない」という否定的な意味で受け取ってしまったり、意見を聞きたいのに質問で返されていると思ってしまいます。きちんと「可愛いね」と送らなければ伝わらないどころか誤解を招いてしまいますので注意しましょう。

 

その6:メールのペースは自分が握る

好きな人からメールが来たら直ぐに返信をしたくなるものですが、グッと我慢して、わざと少し遅らせて返信するようにしましょう。メールが来る度に直ぐに返信をしてしまうと、いつもヒマだということをアピールしているようなものです。少し返信を遅らせることで「どうしたんだろう?」と興味を抱かせるのがメールでの恋愛テクニックです。

また、メールが盛り上がってきた時にメールを終わらせるのも効果的です。丁度いいところで次週に続くドラマって凄く気になりますよね。それと同じで、話が盛り上がってきてこれから、というところでメールを終わらせると、相手はあなたのことがとても気になるようになるのです。この時、話をブツっと切るのではなく、余韻を残しながら切るような終わり方にするのがポイントです。

 

いかがでしたか?意中の人の心を掴む6つのメールテクニックをご紹介しました。

今回お伝えした、意中の人の心を掴む6つのメールテクニックを使って、気になっている人にメールを送ってみてください。メールはじっくり内容を練ってから送ることが出来るので、テクニックさえ押さえていれば相手の心を掴むことも出来るはずです。この記事が、あなたの意中の人を振り向かせる手助けとなることを願っています。

 

まとめ

意中の人の心を掴む6つのメールテクニック

その1:メールの長さは相手に合わせる
その2:質問文は多用しない・質問文だけで終わらせない
その3:メールタイトルは必ず入れる
その4:知らないこと・分からないことは調べる
その5:文字であることをきちんと理解する
その6:メールのペースは自分が握る

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!