相手の気を引くメールの打ち方、簡単7つのテクニック

相手の気を引くメールの打ち方、簡単7つのテクニック好きな相手に簡単にアプローチする方法、その最たるものがメールですよね。アプローチして仲良くなったり、デートに誘ったり。でもメールにも相手の気を引くテクニックがちゃんとあるのです。今回は相手の気を引く7つのテクニックを紹介します。もちろんSNSなどでも有効ですし、このテクニックを知っているだけで、返信率やデートに誘った時の成功率が大幅に変わりますよ。

相手の気を引くメールの打ち方、
簡単7つのテクニック

 

その1:基本的なメールのテクニック

まずは基本中の基本。読みやすくて相手に好感を持たれやすいメールの基本テクニックを紹介します。

・返信は気づいたらすぐに!
⇒気づいたらすぐ返信しましょう。なるべく早い返信が大事です。
※もし気づくのに2時間以上かかったら「仕事してて今気づいた、ごめん」などフォローをいれましょう。

・メールの長さは相手に合わせる
⇒基本的に相手からのメールとだいたい同量の文字数でメールを返すようにしましょう。

・顔文字や絵文字は1回に3つぐらいまで
⇒入れすぎると見難くなるので、見やすいように工夫しましょう。

・一言メールは厳禁
⇒「うん。」、「わかった。」などの一言だけは絶対にしてはいけません。
※相手に興味がないんだと思われてしまいます。

・丁寧語や尊敬語は使わない(相手が年上でない場合限定)
⇒メールで「です」「ます」口調だと距離は一向に縮まりません。親しげな文章を打ちましょう。
※相手が年下なら、メールはタメ口でいいよ。と許可してあげることを忘れずに。

メールは実際に話すよりも気持ちが伝わりにくく、誤解を招きやすいので、特に注意が必要です。

 

その2:会話を続けるテクニック

せっかくメールしても相手との会話が途切れてしまってなかなか続かないという人のためのテクニックです。ようするに話題が終わってしまって会話が途切れてしまうのなら、こちらから次の話題を降ってしまうのが効果的です。その際、必ず疑問形で相手に質問してください。すると相手からは回答の返信が必ずありますよね?これで会話が続きます。例えば、明日の予定について聞かれたとします。

例)明日の予定を聞かれる。(何かの誘いではなく日常会話の流れで)
————————————
明日は休みだから家でのんびりかな。
晴れてたら買い物行くかも。

○○は?何するの?
————————————
※○○:相手の呼び名

このように聞かれたことに回答した上で、相手にも話題を振ることを心がけてください。

 

その3:相手を褒めるテクニック

褒められて嫌な人はいませんよね?でもメールで褒めるのにもテクニックがあります。内面、それもメールで伝わる部分を褒めるのです。例えば「面白い」、「素直」などメールで分かる部分を褒めます。外見などメールで分かりにくいところを褒めると、上辺の褒め言葉と取られかねません。なので、今そう感じた。というリアルタイムな褒め言葉を選んで褒めてください。

 

その4:何気ない突然メールのテクニック

なんとなく暇だからメールするなど、突然のメールを送る時のテクニックです。コツは相手が興味のあることを発見した!という内容にするということです。例えば食べ歩きが好きな相手に「隠れ家的なお店の情報を聞いたんだけど。」とメールを送ることなどを指します。逆に「○○した。」、「暇だからメールした。」など、相手が返信に困るようなメールはNGです。

 

その5:時間に従うメールテクニック

例えば朝は必ずおはようの挨拶メールをするなど、1日のうちに決まった時間に送るメールを1通は作りましょう。内容はあまり意味のないものでもかまいません。多くても2通まで。多すぎると逆に鬱陶しく感じられるので注意が必要です。相手との会話が途切れていてもここから会話が始められますし、相手の生活に溶け込むことで親密さをあげるテクニックです。

 

その6:デートに誘う時のテクニック

デートに誘う時に、断りづらくするテクニックです。それも意外と簡単なのです。相手が興味のあるオマケをつけるのです。例えば相手が甘いものに目がないなら、「評判のいいスイーツの店があるから一緒に行こう。」など自分と会って遊ぶ以外のオマケをつけて誘うのが効果的です。ただし、毎回ではなく、初回や誘っても忙しいと断られることが多い時に使うテクニックです。

 

その7:好意を感じさせるテクニック

こちらからの好意をなんとなく相手に伝えるテクニックを紹介します。もし相手もこちらに好意があるならいい反応が返ってきますし、好意を向けられて困る相手はいませんよね?別に好きだから付き合って欲しいと言われているわけではないので、迷惑がられることもありません。相手からも似たような言葉が返ってきたらこちらに好感を持っていると考えて間違いありません。

・彼氏、彼女がいないことをそれとなくアピールする
・メールしていると楽しいということを直球で伝える
・趣味があう、気が合うというのを強調する
・「○○の××なところが好き」と部分的に好きなところを伝える

 

いかがでしたでしょうか?相手の気を引くメールの打ち方、簡単7つのテクニックを紹介しました。

実際、メールやSNSで親密になっていくというパターンは少なくありません。文章で損をしないように相手の気を引くメールのテクニックを身につけて、デートに誘う前に、告白する前に、相手との距離を出来るだけ縮めてしまいましょう。今回紹介した7つのテクニックのようにちょっとした工夫や書き方で相手に与える印象はかなり違ってきます。ぜひ参考にしてみて下さい。

 

まとめ

相手の気を引くメールの打ち方、簡単7つのテクニック

その1:基本的なメールのテクニック
その2:会話を続けるテクニック
その3:相手を褒めるテクニック
その4:何気ない突然メールのテクニック
その5:時間に従うメールテクニック
その6:デートに誘う時のテクニック
その7:好意を感じさせるテクニック

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!