メールの返信が来ない!つい気になっちゃう彼女の7つの本音

メールの返信が来ない!つい気になっちゃう彼女の7つの本音メールの返信が来ないと、不安になるし、なんだか急かされるような、焦燥(しょうそう)感に襲われますよね。たかがメールなのに居ても立ってもいられないような、切なさや寂しさが込みあげて来るような。たかがメールの返信、されどメールの返信なのです。ここでは、メールの返信が来ないのは何故なのか、彼女サイドの心の動きを追ってみたいと思います。

メールの返信が来ない!
つい気になっちゃう彼女の7つの本音

 

その1:単純に忙しい

もしかして彼女は単純にその時期、忙しいのではないでしょうか?しかも、送信したメールの内容が、何か急ぎの質問や、とても大切な打ち合わせのメールならともかく、「おはよ。良い天気で心がなごむね」みたいな単にあなたの気持ちを綴っただけの内容の場合、彼女はそれを読んだし、返信した方が良いのは重々分かっているのです。でもタテコンデいる事がその時たくさんあり過ぎて、つい後回しになり、メールの返信が来ないパターンです。

メールは、たとえるならキャッチボールと同じです。相手が緩く投げて来たら、同じ風に緩く返したり、緩急つけてすごいスピードで放ってみたり。でも、キャッチボールと同じですからね、相手から返って来たら、基本的にはまた投げるのが原則です。

もしこちらからずっと連投でメールしたとしたら、それはキャッチボールではなくて、コンクリートの壁に向かって投げているのと同じ状態です。相手の今の状態を慮って(おもんぱかって)あげてみてください。そのうえで、メールの返信が来ないのであれば、「あ、きっと今は忙しいのだな。」と解釈して、メールの連投をするのだけは止めましょう。

 

その2:あなたの思いを綴っただけじゃ?

送信したメールの内容や書き方にもよると思うのです。ちゃんと何処かに具体的に疑問形で何か質問しましたか?具体的に何か、急いで返事がほしいような内容を送信しましたか?あなたの気持ちや思いをエンエンと綴ったようなメールだと、返信の文面を考えるのに、やはり時間が掛ります。ですから当然、隙間の僅かの時間ではなく、終業後、ゆっくり返信しようと思えば、返信が来るのは夜になるでしょう。

 

その3:返信しづらいようなメール?

もしあなたがメールを使って彼女とコミュニケーションを深めようとしている場合、なにか返信しづらいような深い内容のメールを送っていませんか?彼女がどのメールに対して、どう返信していいのか、悩んでいるかもしれませんよ。

深い内容へのメールは返信しづらいものです。深い話は会った時に、と決めておきましょう。相手の立場や状況をまず思いやってあげる心がないと、メールの返信が来ないだけで焦燥感に襲われてしまいます。

 

その4:あまりに長文のメールを送ってないか?

あなたはどのくらいの長さのメールを彼女に送信してますか?スクロールしなくても全文読めるくらいの、短めなものですか。それとも、まるでパソコンでメールを書いた時みたいな、とても長文なメールを送っていますか。極々たまになら、長文のメールが来ても彼女も嬉しいかもしれませんが、いつもいつもそうでは、段々読むのが苦痛になって来て、そのうち下手をしたら、着信して差出人を見てあなただったら、それだけで嫌気が…と、事態は最悪の方向へ向かってしまうかもしれません。

何事も、肝心な事は、程良い加減や塩梅と、「空気を読む」事なのです。あなたがいつも長文のメールを送信していると、返信する彼女の方も「私もある程度長く書かなきゃ悪いかな」と義務感を感じるようになってしまって、結局上手く行かなくなります。

メールのやり取りは本来、愉しいものですよね。ですから、そこから愉しさが消えて義務感が発生したら、その交流はおしまいです。そうならないように、メールは短めにして直接電話するようにするとか、いっそしばらくメールを絶ってみて、あれ?来ないな?と彼女が気にし始めた4、5日後に短いメールをさりげなく送ったら「メールを貰った愉しさ」を思い出してくれるかもしれません。

 

その5:頻繁にメールしていないか?

まさか彼女から返信が来ない前に、頻繁に複数のメールを送ってませんよね?たとえばあなたが彼女に「もしそっちから返信来る前でも、送って平気?」とあらかじめきいてからオッケー貰って送信していたとしても、それはちょっと問題です。

その時は勢いでそう答えた彼女もその後、内心、あまりの事に驚いているかもしれません。想像してみてください。彼女が仕事の合間にケータイを見た時、「新着6件」となっていて、それがぜんぶあなたからのメールや写真だとしたら、やはりそれは嬉しいよりも、。ゲンナリするはずですよ。

だって言葉のキャッチボールになっていないのですから。その時点で、あなたのメールは愉しみで読むものではなく、「新着」のステータスを消すための義務感で読まれているかもしれません。当然、そうなれば返信も、その感情を引きずっての返信になりますよね。下手したら読んでいないおそれだってあります。重ねて書きますが、返信があるだけまだマシなのです。

 

その6:そのメールが、彼女にとっての重荷に?

普通であれば、すぐではなくてもその日に来るであろうメールの返信が何故か来ない。あなたは色々な事を考えるでしょう。もしかしたら彼女が急病に掛って入院したとか、ケータイ自体が壊れてて修理に出しているのかなとか、色々な事を想像するでしょう。でも想像の中で、じつはいちばん真っ先に考えなければならない事を、きっと回避して、除外して考えてしまうから、尚更ハナシがヤヤコシクなると言うか、キズが深くなるのです。

真っ先に考えるべきは、そのあなたのメールが、彼女にとっての重荷になっていないか?と言う可能性です。もしそうなっていたとしたら、ふたりの交流のリカバリの可能性はとても低い、と言わざる得ません。ここで肝心なのは、あなたがどう感じているか、ではなくて、あくまで彼女がどう感じているか、なのですから。

 

その7:貰って愉しいメールでなければ返信は来ない

とにかく、ひとつだけ言える真実があります。それは、貰って愉しいメールでなければ返信は来ない、と言う事です。あなたと彼女が既に付き合ってるカップルなのか、まだその途中で、アプローチしてる最中なのかは分かりませんが、どんな交流にも、自然な愉しさがないと、それは上手く続きません。メールのやり取りがその最たる例です。程好い間隔で、お互いに心地良い雰囲気が醸し出されないと、メールの返信は永遠に返って来ませんよ。

 

さて、いかがでしたでしょうか?メールの返信が来なかったり、LINEがずーーっと既読のままで一切返信ないのは結構シンドいですが、返信が来ないのには、来ないなりの理由があるのです。そこら辺をアジャストして、愉しいやり取りになるように願っております。

 

まとめ

メールの返信が来ない!つい気になっちゃう彼女の7つの本音

その1:単純に忙しい
その2:あなたの思いを綴っただけじゃ?
その3:返信しづらいようなメール?
その4:あまりに長文のメールを送ってないか?
その5:頻繁にメールしていないか?
その6:そのメールが、彼女にとっての重荷に?
その7:貰って愉しいメールでなければ返信は来ない

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!