男と女のラブゲーム☆心理学に基づいた5つの恋の駆け引き術

男と女のラブゲーム☆心理学に基づいた5つの恋の駆け引き術男と女のラブゲームという歌を知っていますか?30年ぐらい前にCMで使われていたデュエット曲で、今でも宴会などでよく歌われていたりするんだそうです。歌詞は至ってシンプルなのですが、男女の恋の駆け引きが絶妙に描かれています。今でもこの曲が人気なのは、どんな時代でも恋愛において駆け引きは重要だということなのかもしれませんね。

そこで今回は、男と女のラブゲーム☆心理学に基づいた5つの恋の駆け引き術というテーマで、相手を虜にする恋愛術をご紹介していきたいと思います。相手の気持ちを自分に向けるためにはどんな駆け引きが必要なのか、駆け引き上手になるためにはどうしたら良いのか、参考にしてみてくださいね。

男と女のラブゲーム☆心理学に基づいた
5つの恋の駆け引き術

 

その1:嫉妬のストラテジー

男と女のラブゲームの中でも代表的とも言える駆け引き術、嫉妬のストラテジー。相手をわざと嫉妬させることによって自分の方に気を向かせるこの方法、使ったことがあるという人も多いのでは?

好きな相手に対しては束縛したくなってしまいますよね。そのため、他の異性の話題を出されると、自分だけのものなのに…という思いから、嫉妬したりやきもちを妬いてしまうんです。嫉妬のストラテジーは、その心理を利用して、相手にも同じような気持ちを感じてもらうことで自分への気持ちを燃え上がらせる、というテクニックなのです。

この駆け引き術は、お互いに好意を持っているけど恋人同士になるきっかけがなかなかない、といった場合にはとても効果的です。ライバルの存在を意識させることで「自分のものに早くしなくては」という焦りが生まれ、友達から恋人へと発展することが多いようです。相手との仲がなかなか進展しなくてヤキモキしている人は、男と女のラブゲームを仕掛けてみては?

 

その2:ゲインロス効果

ギャップのある一面を見せることで相手に印象を与えるゲインロス効果。普段は冷たいの時々妙に優しくしたりする人のことを「ツンデレ」なんて言いますが、正にコレなんです。このテクニックに弱い人は結構多いので、男と女のラブゲームには欠かせないテクニックの1つといえるかもしれませんね。

ゲインロス効果のゲインは得ることを意味し、ロスは失うことを意味しています。ですので、この駆け引き術を使う際のポイントは、最初の印象を下げて後の印象を上げること。例えば、遊んでいるように見えて実は一途、何も出来なさそうなのに料理が得意で家庭的、といったように、マイナスなイメージがプラスに転じるようなギャップを見せると、評価がかなり上がります。

簡単にいえば「いつもと違う自分をアピールする」ということ。男と女のラブゲームの中では割と気軽に試せる方法なので、気になる相手に実践してみてくださいね。

 

その3:ダブルバインド

男と女のラブゲームの主導権は自分が握りたい!そんな人にピッタリなのが、二者択一で自分が思っている方向へ相手を誘導するダブルバインドです。例えば、食事に誘う時に「今度食事に行かない?」では、行くか行かないかの選択になりますが「今度の土曜か日曜に食事に行かない?」とダブルバインドを使った場合では、行くことが前提で土曜か日曜の二者択一となります。

選択肢はあなたが予め選んだものなのですが、自分の意志で決断・選択したと思わせるテクニックなので、相手は知らず知らずのうちにあなたに従ってしまっている、というわけなんですね。この駆け引き術を使えば必ず成功するというわけではありませんが、使わない時よりも成功確率はUPしますので、誘いたい相手に試してみると良いですよ。

 

その4:ザイオンス効果

ザイオンス効果は、日本語では「単純接触効果」と言い、会う回数が多いほど愛着が湧き好感を抱きやすくなるという心理効果を利用した駆け引き術です。ポイントは、時間ではなく回数。少ない回数で長い時間顔を合わせているよりも、時間は短くても回数が多い方が良い印象を抱きやすくなるんです。

気になる人がいたら、電話やメールをしたり帰り道を一緒に歩くなど、友達同士のような軽い接触でいいのでとにかく回数を重ねてみましょう。そうすることで、自然と「居ないと寂しい存在」になっていきます。そんな存在になれたら、男と女のラブゲームの軍配は、あなたに上がったも同然ですよ。

 

その5:ラベリング効果

相手に対して「こうなって欲しい」とか「ここを直して欲しい」なんて不満も少なからずあるかと思います。しかし、不満を直接相手に言うのは、下手をすれば喧嘩の原因にもなりかねないのでなかなか出来ませんよね。相手を思い通りにしたいけど衝突はしたくない、そんな時に有効なテクニックがラベリング効果なんです。

ラベリング効果とは、ラベルを貼ると貼られた側はそのラベル通りになろうとする心理作用のこと。暗示をかける、といえば分かりやすいですね。自分の意識とは関係無しに、こうだと決められたことを意識して生活してしまうようになるので、その結果、本当にそうなってしまうというわけなんです。

男と女のラブゲームは、上手に駆け引きをして相手を自分の思い通りにさせることが重要ですよね。ラベリング効果を利用して、相手を理想の恋人に変えてしまいましょう。

 

いかがでしたか?男と女のラブゲーム☆心理学に基づいた5つの恋の駆け引き術をまとめてみました。

今回ご紹介した、男と女のラブゲーム☆心理学に基づいた5つの恋の駆け引き術は、割と実践しやすいもだと思います。始めは失敗することもあるかもしれませんが、経験を積んでいくうちに上手く駆け引きができるようになるはずです。駆け引き上手になって相手をあなたの虜にしちゃって下さいね。この記事が、あなたを恋の勝者へと導いてくれることを願っています。

 

まとめ

男と女のラブゲーム☆心理学に基づいた5つの恋の駆け引き術

その1:嫉妬のストラテジー
その2:ゲインロス効果
その3:ダブルバインド
その4:ザイオンス効果
その5:ラベリング効果

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!