絶対に「キス 上手いね」と言われる7つのテクニック

絶対に「キス 上手いね」と言われる7つのテクニック男なら誰しも、女の子から「キス 上手いね」と褒められたいものですね。褒められたら単純に嬉しいし、なんと言うか、そこに、相手との相通じる感情が生まれます。でも、自分の彼女にキスする時ばかりでなく、たとえば浮気相手、一夜限りのデルヘリ嬢など、実際にキスする相手は正直、様々だと思うのです。そこが尚更、「キスが上手い」かどうか直観的に感じて貰えるかどうかの分かれ道なのかもですね。

それでも普段パートナーがいて、日常的にキスを交わしてらっしゃる方はやはり上手いものですが、たまたまその期間、異性に縁がなかったりすると、ついガッツいてしまい乱暴に振舞ってしまう方もいらっしゃるかもしれません。でもそんな時は、ほんのちょっとでいいのでまず深呼吸をして。「自分は余裕があって、キスが上手いんだ」と暗示のひとつもかけてみてください。今日は、キス 上手いね!と言われるようなテクニックをお伝えします。

絶対に「キス 上手いね」と言われる7つのテクニック

 

その1:とにかく優しく、とてもとても大切なものを扱うように

いざキス、と言う場面。唇にそーっと、キスしてみます。最初は唇じゃなく髪とか、唇の辺り、とかでも効果はテキメンです。何故なら相手は当然、唇を求めてくると思っているからです。ますここで、相手に「あれ?」って感じて貰えたらしめたものですね。こんなふうにジラすのも、一つのテクニックです。

 

その2:最初から舌を入れたりしない

そして、いざ唇にキスしたら、いきなりこちらから舌をいれたりせず、瞼をとじて目をつぶったまま、そーっと、 唇に唇を重ね続けてみてください。リズミカルに、トントンと角度を変えてキスするのも、「この人、キス 上手い!」と思わせるテクニックです。それから頃合いをみて、一旦唇を離します。

ここで大事なのは、「あなたの綺麗な体にとても興奮してるけれど、それ以上にあなたを「人として」この瞬間、慈しんでるよ」と言う事を、無言でキスを通して相手に伝える事です。そして十中八九、この時点でそれは相手に伝わっています。もし相手が舌入れて来たら、絡ませてあげて、でもすぐ舌は離して、普通の唇を重ねるキスを1回、してみてください。

 

その3:キスをしながら、髪を撫でてあげる

キスしながら相手を愛おしんで愛撫するのは、その場の盛り上がりによっては、した方がいいです。ここでも、キスが上手いな、と思わせるテクニックとして、ぜひキスしながら髪を優しく撫でてあげてください。もしお風呂上りで相手のヘアスタイルに遠慮しなくて良い場合は、「可愛いね!」の合図という感じで、頭をポンポンしてみてください。結構、この頭ポンポンが、効くんですよ。

逆に、ちゃんとセットした髪型の状態でしたら、髪を撫でるにしても、掌ではなく手の甲で、とか、相手の状態を慮ってあげます。そう言った気遣いって、理屈じゃなく絶対に女の子には伝わると思うのです。

 

その4:そっとキス★だけど緩急が大事

さて、「そっとキスしろ」とは提唱していますが、勿論大切なのは緩急、ですね。たとえば基本、静かで自然な唇へのバードキスにしても、たまにはリズミカルに、「いきなり」舌を差し込んでみるとか。。。「自然」で「大事にされている」けれど「意外性がある」訳です。

やはりボディーランゲージにもリズム感は必要です。まったりし過ぎてもダメだし、強すぎてもダメ。心地よいリズム感のあるキスの方法を身に付ければ、「キス 上手いからエッチも上手かも!」と期待感上昇間違いなし。

 

その5:今度は瞼にそっとキスし相手の反応を見る

勿論、キスして、その後の流れとしてエッチに至る、って場合がとても多いとは思います。でもキスは決して、セックスへの導火線なだけじゃないはずです。キスだけで完結するキス、もあるはずです。たとえば、唇にキスしたら、今度は瞼にしばらくキスをしてみたり。或いは、彼女の手の甲を取って、まるでお姫様にするように、そっとずっとキスをしたり。大抵の子は、そんな事はされ慣れていませんから、かなり驚きます。ちょっとキザかもしれませんが、女性の心理はお姫様願望ですから。

 

その6:「セックスの延長」としてでなく「キスの拡大解釈」で攻める

前項とも通じますが、「キス」は唇をつけたら、皆それは場所が何処であろうと「キス」なので、「これはキスだよ」と言ってしまえば、それは立派に「キス」です。でも、もしも中高年の方で、やる気は満々でなんとかしたいのだけれど、手元不如意と申しますか、なかなか愚息が言う事をきいてくれない場面だって充分ありますよね。下手したら、若くても、ストレスやら疲れやらで、そういう(男性としては不甲斐ない)ピクリともしない状態になってしまう事もあるかもしれません。

そんな時はぜひ!彼女の頬へのキスを多めにしてみてください。不思議なもので、ホッペタにキスされると嬉しいやら恥ずかしいやら、幼稚園児の頃の感情が蘇るような、相手との間の『仲良し』の感情がより揺さぶられるのです。「仲良し」のスイッチが入ってしまう感じですかね。

 

その7:「好きだよ。」の気持ちはダイレクトに女の子に伝わる

そして、いつも思うのですが、女性はやはり男性の一枚も二枚も上手です。ほんとはコイツが自分の事どれくらいに思ってる、なんて直感で分かってると思うのです。だからこそ。キスする時は、心のなかで呪文のように「好きだよ。」と唱えながらキスしてみてください。そこまですれば、ほぼ絶対に女性から「キス 上手いね」と言っていただけます。

 

いかがでしたか?

今日お伝えした、7つのテクニックは、男からすると、少しキザかな、と思うかもしれません。 相手を意のままに強引に寄せるのではなく、女性をいたわる気持ちを、キスを通して表現することが、「キス 上手い」と言われる最高のテクニックなのです。

 

まとめ

絶対に「キス 上手いね」と言われる7つのテクニック

その1:とにかく優しく、とてもとても大切なものを扱うように
その2:最初から舌を入れたりしない
その3:キスをしながら、髪を撫でてあげる
その4:そっとキス★だけど緩急が大事
その5:瞼にそっとキスし相手の反応を見る
その6:「セックスの延長」としてでなく「キスの拡大解釈」で攻める
その7:「好きだよ。」の気持ちはダイレクトに女の子に伝わる

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!