彼氏から束縛されないようにする5つのポイント

彼氏から束縛されないようにする5つのポイント彼氏から束縛されないようにする5つのポイントがあることをご存じですか?恋愛相談のサイトやブログには、必ず1つは「彼氏の束縛が激しくて困る」という内容があるのですが、そうならない方法があることをアドバイスしていたり、男性心理を解説している内容を見ると、共通する部分があることに気づかされます。

最初は、お互いに「好き」という気持ちから彼氏・彼女になったのに、どうして彼氏が激しい束縛をするようになったのか、裏返せば、どうすれば、彼氏から激しく束縛されないようになるのか、感情や気持ちのすれ違いが生み出した結果の1つでもある彼氏の束縛という行為。これをされないようにするにはどうすれば良いのか、今日は彼氏から束縛されないようにする5つのポイントについてお伝えしたいと思います。

彼氏から束縛されないようにする5つのポイント

 

その1:「彼氏が1番」という自信を持たせる

恋人であるあなたを束縛したがる彼氏の気持ち、まずそこを考えなければなりません。おそらくは、激しく束縛する彼氏になるということ、その心の裏側には、彼女であるあなたが、自分のことを1番愛しているのか?という不安な気持ち、言い換えると、自分に自信がない故に、恋人であるあなたが、他の男性に取られないかという気持ちを生み、それが束縛することにつながっていると思われます。

そうならば、常日頃の会話の中で、「彼氏のことを1番愛している」ということをアピールして、彼氏に「自分が彼女から1番愛されている」自信を持たせることが大切です。彼氏が意識(嫉妬)しているあなたの異性の友人(彼氏から見れば同性の友人)がいるならば、その友人のことは「全く好みのタイプではない」と言うのも良いでしょう。但し、「大事な友達」という言い方をすると彼氏がより意識(嫉妬)するので、言い方には注意して、明らかに「彼氏とは違う(彼氏が1番)」ということが伝わるようにしましょう。

彼氏が、恋人であるあなたが自分を常に1番だと自信を持てるようになれば、あなたの異性の友人への意識も自然と減っていくハズです。

 

その2:「束縛されることがトラウマ」だと伝えておく

あなたの彼氏が、あなたを束縛する気持ちが激しくなりつつあると感じたら、「束縛されたことがトラウマになっていて、付き合えなかった」と、激しく束縛される前に伝えておくのも良いと思います。その場合、あなたの言葉で、「自分が恋人にされたくないこと」として彼氏に話すのがポイントです。

あなたの経験談でも、親しい友人の話でも良いでしょう。具体的に、「携帯電話の着信履歴やメールの送受信履歴を、勝手に見られるのが嫌だった」とか「異性の(彼氏からの見れば同性の)友人と会うことも禁止されて、窮屈な思いをしていた」など、事例を出して伝えるとなお良いでしょう。彼氏も、自分の好きな彼女であるあなたに「嫌われたくない」と思うでしょうし、本当にあなたのことが好きなら、激しく束縛することを思いとどまってくれるでしょう。

 

その3:第三者から彼氏に注意してもらう

恋人であるあなたからのアピールが通じない場合には、共通の友人など客観的に意見ができる人から、束縛について意見してもらうのも効果があると思います。例えば、あなたと彼氏、そして何人かの友人がいるときに、雑談のような感じで、彼氏の束縛について話して友人たちに感想を言ってもらうというのも1つの方法ですし、あらかじめ、「束縛しすぎだと思う」と言ってもらうように頼むのも良い方法かもしれません。

ここで気をつけるのは、彼氏に、束縛に関する部分だけを「NG」として、他の部分は「大好き」という意図が伝わるようにしておくことです。共通の友人に意見されて、それでも束縛する状態が続いたり、逆に激しくなったりするのなら、彼氏とのお付き合い自体を考え直す必要があるかもしれないですね。

あなたのことが本当に好きな彼氏ならば、第三者から「恋人を束縛される酷さ」を指摘されたのなら、改善しようと努力したり、あなたに「どこをどう治せば良いか」尋ねたりしてくるはずです。

 

その4:彼氏の過去のトラウマを解決する

その2とは逆に、彼氏の過去の恋愛経験で、つき合っていた女性に浮気されたという経験があり、それがトラウマとなり、女性全体に対して、疑いとまではいかなくとも、不安を常に持っていることもあるかもしれません。その不安な気持ち、浮気されないかという思いから、あなたを束縛することもあるのです。

その場合には、彼女であるあなたが、もしくは、女の子の友だちにも協力してもらったりして、彼氏の心の不安な部分、トラウマを取り除いてあげることが大切だと思います。

男性も、本気で好きになった女性に浮気された経験を持っていると、恋愛を始めるところまで立ち戻るにも時間が掛かっていますし、あなたという彼女を得たとしても、「以前の二の舞にならないか」という不安な気持ちが生まれるのも、ある意味、仕方がないのかもしれません。だからといって、あなたを束縛する正当な理由にはなり得ないので、あなたが彼氏の心の傷を癒やすこと、過去のトラウマを解決することで、束縛をなくす(あるいは回避する)ということが必要になるのかもしれません。

 

その5:恋愛に依存していることを止めさせる

彼氏があなたにとても依存している状態、「恋愛関係」に依存していて、それが自分の全てだと彼氏が思っている可能性もあります。言い換えると、あなたとの恋愛以外に、人生での楽しみが無い状態の場合、彼氏にとっての全てである「恋愛」を壊されたくないために、あなたを束縛することも考えられます。

前向きに生きている男性、言い換えれば、自分にある程度自信を持っている男性ならば、例え彼女であるあなたを失ったとしても、「次」に素敵な出会いがあると考えるでしょう。そして「あなたが自分のことをもう好きではなくなったことは、仕方が無いこと」と、客観的に「あなたとの別れ」を理解するでしょう。

しかし、「日常生活がつまらない」「何事にもやる気が出てこない」などマイナスの感情を抱いている男性は、あなたという彼女を束縛して、一緒にいることが唯一の生きる糧にしてしまっている、つまり、あなたを失ってしまったら、自分には何もなくなってしまうと考えてしまうのです。

そのような場合ならば、彼氏があなた以外のことで興味を持てること、日常生活が楽しみになるようにサポートしてあげることがポイントになります。例えば、何かの趣味とか資格の取得とか、あなた以外に夢中になれることを彼氏に提案するのも良いでしょう。彼氏が、あなた以外のことに目を向けることで、あなたとの恋愛関係に依存する程度が減っていくことでしょう。

 

いかがでしたか?

今日お伝えした、彼氏から束縛されないようにする5つのポイントについて、彼氏があなたを束縛してくる前に対応できるとするならば、より良い恋愛関係が維持できるのと同時に、もしかしたら、次のステップへの土台になるのかもしれませんね。いずれにしても、彼氏の心の不安材料、それを見つけ出して解決することが、彼氏からの激しい束縛を回避するには一番有効なので、この5つのポイントが少しでも役立つのなら嬉しいです。

 

まとめ

彼氏から束縛されないようにする5つのポイント

その1:「彼氏が1番」という自信を持たせる
その2:「束縛されることがトラウマ」だと伝えておく
その3:第三者から彼氏に注意してもらう
その4:彼氏の過去のトラウマを解決する
その5:恋愛に依存していることを止めさせる

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!