30代独身の私が本気で彼氏が欲しい!と思った7つの場面

30代独身の私が本気で彼氏が欲しい!と思った7つの場面彼氏が欲しいなとなんとなく思うときと切実に感じるときってありますよね。30代に入って仕事もでき一人でも休みを楽しむ方法を知っている素敵な女性でもこんなときに彼氏がいてくれたら…なんて思うときの7つの場面をご紹介します。

30代独身の私が本気で彼氏が欲しい!
と思った7つの場面

 

その1:イベントがあるとき

クリスマスシーズンになれば昼でも夜でもデートしているカップルがいるなか一人で街中を歩くのが何ともいえません。クリスマスで街中が華やぎ楽しそうな雰囲気は独り身には堪える瞬間です。また自分の誕生日には彼と素敵な一日を過ごしたいのに一人で過ごすというのも寂しく感じますね。

 

その2:将来を考えたとき

将来のことを考えてもしこのままずっと一人だったらなんて不安におそわれてしまうなんてことも。両親のことや子どもが欲しいなど先のことを考えると切実な思いに駆られてしまいますね。

 

その3:仕事でヘトヘトに疲れてしまったとき

疲れてしまったとき彼に癒して欲しい、甘えさせて欲しいですよね。疲れたときに話を聞いてくれたり、リフレッシュしに一緒に出かけたりぎゅっと抱きしめられるだけでもまたがんばろうなんて気持ちになれますね。またかわいくお疲れ様といって頭をなでられるなんて言うのもかわいい女の子として扱ってもらえるのもいいですよね。

 

その4:休日に何も予定がなかったとき

休日の予定は昼まで寝てそのあとボーっと過ごしてしまう・・・。なんてとき休日を本当に休むというだけで消化してしまったとき、彼氏が欲しいな、という気持ちになってしまいますね。

 

その5:周りの友達に彼氏ができたとき

女子会でみんな彼氏の話で盛り上がってもそこに入れないとついつい「今は仕事が充実してるから彼氏とかいらないし」と強がってしまうなんてこともありますね。女友達が彼との約束が増えて遊んでくれなくなったとき素直にうらやましく感じて、リアルで彼氏が欲しい!って思わされます。

 

その6:病気や怪我で心細いとき

病気のときは誰しも心細くなるものです。そんなときに彼氏がいてくれたらと思うことでしょう。心配で連絡をくれたり、できなくても一生懸命彼が料理をしてくれたらどれだけ胸がときめくことかと思ってしまいます。

 

その7:元カレに彼女ができたとき

元カレに新しく彼女ができたと聞くとちょっと焦ってしまいますよね。こっちはまだ新しい彼氏がいないのに元カレはもう幸せをつかんでいるのかと思うとうらやましくなってしまうもの。自分も早く新しい彼氏が欲しいと思いますよね。

 

いかがでしたでしょうか?

イベントのときや弱っているときは自分を支えてくれる彼氏がいて欲しいと思ってしまいますね。 女性は愛し愛されることでさらに輝きが増すものです。30代は仕事も安定してきた分恋愛にもパワフルになれるのですからどんどん素敵な恋愛をしてくださいね。この記事が少しでも皆様のお役に立てますよう願っております。

 

まとめ

30代独身の私が本気で彼氏が欲しい!と思った7つの場面

その1:イベントがあるとき
その2:将来を考えたとき
その3:仕事でヘトヘトに疲れてしまったとき
その4:休日に何も予定がなかったとき
その5:周りの友達に彼氏ができたとき
その6:病気や怪我で心細いとき
その7:元カレに彼女ができたとき

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!