彼氏と別れたい時に使える9つの決め台詞

彼氏と別れたい時に使える9つの決め台詞彼氏と別れたい時って、どんな風に切り出せば良いのか、迷ってしまいますよね。最初はお互い好きで付き合っていたのに、時間が経つにつれて相手の嫌なところや許せない部分が露わになり、別れたいと考える女性は多いかと思います。もっとも、男性というのは鈍感な方が多いので相手の女性がそのように考えていることなんて全く気付いていないことも多々あります。

そんな時に彼氏に今の気持ちをどう伝えて別れるべきか悩むことがあるかと思われます。彼氏と別れたい時に使える決め台詞を紹介していきたいと思います。

彼氏と別れたい時に使える9つの決め台詞

 

その1:最近合わないね。

もともとお互い好きだったがゆえに付き合っていたのですから、最初からいきなり彼氏に別れたい旨を伝えるだけでなく、少し黄色信号を発信して彼氏の様子を伺ってみるのも一つの手だと思います。

彼氏の出方によっては別れたいというその気持ちが少し薄まり、もう一度仲良く付き合って行けるように頑張って行こうと考えられるかもしれません。

したがって、最初は軽くジャブ程度に二人の関係について悩んでいることをほのめかしてみるのも良いかと思われます。

その2:もう会わない方が良いと思う。

黄色信号を発信したにも関わらず彼氏が善処してくれず、結局別れることを決心した場合には、まずはお互い距離を取ってみること。

彼氏にとって自分がどのような存在なのかを距離を置くことによって少し考えてもらうのも一つの手だと思います。距離を置いてそのままいなくなればそれはそれで良いし、別れたいと直接言うと角が立ってしまうためにケンカ別れをしてしまい後味の悪いものとなってしまう場合もあるので、なるべくオブラートに包む感じで彼氏に別れたい旨を伝えるのが良いと思われます。

その3:あなたとの先が見えない。

これも一種の比喩的な表現となりますが、要するに別れたいということです。しかし、直接的なセリフを言うよりは、私の将来にあなたの存在は有りませんよということを伝えてあげる方が、自分も言いやすいし、相手にとっても直接言われるよりは良いかと思われます。

せっかく縁のあった彼氏ですから、別れる時にも、優しさのある別れ台詞を。

その4:今までありがとうございました。

これは比喩的な表現というよりは、暗に別れたい旨を伝えていることになります。しかも、彼氏に考える余地すら与えずに、もう決定事項として言うこと、そして敬語で言うことによって彼氏と自分との距離を遠くに見せることができるので効果的かと思われます。

その5:もう二度と連絡しないで。

遠まわしに言っても自分の気持ちに全く気付いてくれない彼氏もたまにいます。そのような時ははっきりと「もう連絡を取りたくない旨」を伝えた方が良いかと思われます。そうすることによって、彼氏に私たちは別れたということを認識してもらうことが出来ます。

それでも連絡をしてくる彼氏がいた場合には、思い切って着信拒否にしてみるのも良いかと思われます。しつこい彼氏と別れたい時には、こんな風にきつく言わないと通じないことも。

その6:もう好きじゃなくなったから。

お互い好きだからこそ付き合っているということが大前提となるので、どちらか一方が他方のことを好きじゃなくなったということ、それすなわちお別れということです。

別れたい、別れよう、と言っても、何で何でと食い下がってくる男らしくない彼氏も中にはいるのではっきりともう好きじゃないということを伝えるのも良いかと思われます。

その7:他に好きな人ができた。

もう好きじゃないと言った時に、「じゃあもう一度好きにさせてみせる」と未練がましい彼氏も中にはいます。

そんな時は、もう二度と戻ることは無いんだということを伝えるためにも、他に好きな人が出来たと伝えるのも良いかと思われます。

たとえ本当は他に好きな人など出来ていない場合であっても、きっぱり彼氏と別れるためには好きな人がいる旨伝えてみるのも良いかと思われます。ここまで言うと寄りを戻すチャンスが無いことがはっきり分かり、諦めてくれるかと思われます。

その8:生理的に無理。

これは同性に言われても少しきつい言葉ですが、それを彼女から言われてしまったら、おそらく彼氏側は本当に傷つくと思われます。

最初はお互い好きで付き合っていた人に「生理的に無理」なんて言われてしまったら立ち直れなくなるかもしれません。しかし、綺麗さっぱり別れるためには少々きつい言葉を交わしても良いのかもしれません。

そうすることによって、彼氏からは二度とアプローチをかけてこないし、彼氏も別れた当初は立ち直れなくなるほど傷つくかもしれませんが、それを乗り越えれば後に引きずることもなく次の恋愛に歩んでいけることになるものです。

したがって、別れるために、そして相手の次の恋愛のためにも別れ際は少しきつく言った方が良いと思います。

その9:嫌いです。別れて下さい。

上記の「生理的に無理」と同じぐらい彼氏側はこれを言われてしまうと傷つくと思います。しかし、やはり端的に直截的に言うのが良い場合もあります。

「もう好きじゃなくなった」と言う場合には、嫌いじゃないという意味合いが含まれてしまいます。そうすると別れたいと思っていない彼氏としてはチャンスがあると勘違いしてしまう場合もあります。

しかし、「嫌いです。別れてください」と言うことによって、そのチャンスを完全に消去させ、しかも敬語で言うことによって自分と相手との距離を感じさせ、そのうえ別れてくださいと直截的に言うことで多くの男性は諦めてくれるかと思われます。

このセリフは言える人と言えない人がいるかもしれませんが、別れるために勇気を出して言ってみる価値はあるかと思われます。

どうでしょうか?少しは参考になりましたか?

彼氏と別れたい時にどう言えば相手も傷つかず別れることが出来るか、又はどういえば相手は納得して別れてくれるか悩んでいる人も多いかもしれません。しかし、相手は別れたくないと考えている場合、そんな悩みは不要かと思われます。というのも、何を言っても相手は納得してくれないし、別れることそれ自体が傷つくきっかけになってしまうからです。ですので、そんな悩みは捨てて、どのように言えば彼氏と別れられるか、を念頭に別れ際のセリフを考えた方が良いかと思われます。彼氏と別れたい時に、少しでもこの記事が参考になって頂ければ幸いです。

まとめ

彼氏と別れたい時に使える9つの決め台詞

その1:最近合わないね。
その2:もう会わない方が良いと思う。
その3:あなたとの先が見えない。
その4:今までありがとうございました。
その5:もう二度と連絡しないで。
その6:もう好きじゃなくなった。
その7:他に好きな人が出来た。
その8:生理的に無理。
その9:嫌いです。別れてください。

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!