モテる男が君に教える、7つの彼女の作り方

モテる男が君に教える、7つの彼女の作り方「モテる男が君に教える、7つの彼女の作り方」について話してくれということなんだけど、基本的には、君も自分とそう変わらない普通の男だよ。そして自分も、最初から女の子にモテたり、彼女が出来たりという訳じゃないんだ。それでも「ここ!」というポイント、気をつける部分さえ間違わなかったら、君だって自分と同じように彼女が出来るんだ。ウソだと思わずに、自分の話を聞いて欲しいんだ。

彼女が欲しいと焦ったこともあったよ、自分も。でも、焦ってはダメなんだ。彼女が欲しい、彼女を作ると言っても、相手も生身の人間、「モノ」じゃないんだ。だから、自分の気持ちを押しつけるだけではダメだし、それでは「独り相撲」って言葉があるだろう!?相手の気持ちも考えないと、いつまでもモテないままだよ。女の子の気持ちに合った彼女の作り方というのがあるんだ。それを7つにまとめたので、どうすれば、女の子が君の彼女となってくれるのか、7つの方法を読んで、君の彼女作りの参考にして欲しい。

モテる男が君に教える、7つの彼女の作り方

 

その1:人の集まる場所=出会いの場所に行く

まず、君がどんなタイプの女の子が好みだと思っていても、家の中に閉じこもっている限り、女の子とは出会うことはないし、ましてや、彼女を作ることとか出来ないと言える。とにかく、女の子と出会える場所、普段の生活範囲でも良いし、何かのサークルや趣味の教室、SNSで知り合った人たちとのオフ会とか、まずは、女の子と出会う、知り合う、そういう場所に出て行くこと、それが大切なことなんだ。

君がもし、同じ趣味を持つ女の子と知り合ったなら、そういう子の方が、話のキッカケ作りとか共通の話題がある分、話しやすいと思わないかい?出会いのキッカケは何でもいい、肝心なことは、「どうやって知り合ったか」ではなく、「どうやって彼女と幸せになるか」だと思うから。まずは、女の子がいる人の集まる場所、出会いの場所に行く、それが第一歩だ。

 

その2:自然な笑顔、嬉しそうな顔が出来る

初対面で緊張することには、男女の区別はないよ。でも、もし君が、ずっとしかめっ面だったり、どこか寂しそうな表情ばかりだと、君に興味がある女の子にしても、どうやって話しかけたら良いか分からないし、その前に、近づいて良いかどうか考えてしまうんだ。

初対面で、すぐに女の子と打ち解けることが出来るのは、なかなか出来るモノじゃない。大抵の場合は、二度三度と話してみて、ようやく顔なじみになるって感じだろう?緊張している気持ちは君だけじゃない、相手の女の子も同じなんだ。

それなら、緊張を解きほぐす方法、一番簡単なのが自然な笑顔で話すこと、これなんだ。無理に明るく振る舞っても、女の子は勘が鋭いから見抜かれるよ。笑顔とまでいかなくても、相手の女の子と話しているときには、嬉しそうな表情をしながら話す、それだけでも、女の子から見たら「私と話していて、楽しいと感じてくれた」と思ってくれるんだ。

女の子は、自分や君という男以上に、初対面の人や知り合って間もない人に対しては、警戒心が強いところがあるんだ。だから、その女の子の警戒心を解きほぐすためにも、君が笑顔や嬉しそうな表情で相手の女の子と話す、それが出来ることが女の子との距離を近づける、小さなしかし大切なことなんだ。

 

その3:女の子との言葉のキャッチボールをする

彼女にしたいと思っている女の子と話をするとき、気をつけることは、相手となる女の子が答えやすいような雰囲気や話し方、それを君の方から作ってあげることが必要になるんだ。そして大切なのはここから、話のすすめ方なんだ。野球で言うキャッチボールのように、お互いが答えやすいような話し方で、君が好きな女の子と話をすることなんだ。

例えば、女の子が「はい」「いいえ」で答えやすい質問にするとか、「A・B・Cの中なら、どれが好き?」と具体例を出して聞いてみるとか。そして、「はい」とか「いいえ」とか答えが返ってきたら、「どういうところが『はい(orいいえ)』なの?」だとか、「Bが好きなのは、どういうところが好きなの?」とか、相手の答えを聞いて、そこから話を続けていけるように工夫をして、女の子に、「もう少し君のことを知りたい」と思わせることようにするんだ。

女の子との話の中で、君にとっては欠点とされることも、聞かれるかもしれない。でも、欠点は欠点として認めて、素直に話すことも大切だ。その上で、その欠点を直していくことをアピールしたり、直すのを手伝って欲しいと訴えたり、相手の女の子の反応次第だけど、前向きに欠点を認めて直そうとしている君のことを、嫌いになる女の子は少ないハズだよ。むしろ、言い訳とかする方が、女の子からは嫌われやすいんだ。

言葉のキャッチボールは、君が好きな女の子が、君の彼女になってからも、そしてその先(結婚してから)でも必要となるスキルだ。ここは意識して、女の子と会話をして欲しい。

 

その4:こまめにコミュニケーションを取る

例えば、最初のデートが終わって、女の子と別れた後でもいい、その日、なるべく早いうちに「今日は、会えて嬉しかった、ありがとう」と、文章は短くても良いから、女の子の連絡先、メールアドレスに「ありがとう」という感謝のメールを送るんだ。それも、女の子よりも先に、君が送るんだ。

今の時代、女の子は男以上にメールを活用しているし、君が女の子にとって「気になる存在」なら、君から送られてくるメールを、連絡先に大切に保存している子も多いんだ。会えないときは、天気の話題でも「お仕事、お疲れ様」の一言でも良い。短くてもいいので、君が相手の女の子を大切に思っていること、その気持ちが伝わるようなメールを送ることで、相手の女の子との距離感を、少しずつでも縮めていくことが大切なんだ。

デートの前は「会うのが楽しみ」、終わった後は「楽しかった」「嬉しかった」など、君の気持ちが分かる言葉を入れること、あと、絵文字とか顔文字を使うことも忘れないように。ただ、絵文字や顔文字を使いすぎるのは、あまり女の子からは良く思われないので、そのあたりは見極めながら、こまめにコミュニケーションを取ることが大切なんだ。これも忘れないで欲しい。

 

その5:2人で一緒に同じことに取り組む

君が好きな女の子との距離を縮めて、彼女を作る方法として有効なのは、「2人で一緒に同じことに取り組む」ことなんだ。運動系、文化系、趣味、何でも良い。もし、彼女と好きな趣味とかが一緒なら、一緒にその趣味に取り組むのも、2人の距離を縮めるのに効果があるんだ。

同じ趣味を2人で一緒にする、そうするうちに一体感みたいなものが生まれてくるだろう?そうなれば、2人がより深い関係になる確率も高くなりやすいんだ。お互いに共通する趣味がなければ、一緒に出来る軽い運動とかでも良い、「2人で一緒に同じことに取り組む」ことを続けることが大切なんだ。

 

その6:他の女の子とは違うということを態度でも示す

よく女の子が「いい人」という言葉を使うけど、逆に言えば、「いい人」と言われている限りは、その相手、もしくは君のことを「恋愛の対象として見ていない」ということなんだ。

だから、他の女の子と君が好きな女の子、彼女にしたい女の子に対しては、接し方、言葉や態度を分けることも大事なんだ。誰からも好かれる「八方美人」というのは、恋愛の場合は通用しないこと、これを意識すること。あくあでも、君にとって大切なのは、君が好きな女の子であること、「恋愛対象としての異性」として、彼女に意識させるような言葉や態度を示すことが大切だ。

何も難しいことはない、君が、君の好きな女の子への想いを素直に表現しているのなら、自然とそういう言葉や態度になっているだろう?

 

その7:感謝の気持ちを示す

最後に、彼女を作るときに必要なのは、相手の女の子への感謝する気持ちを忘れないことなんだ。長く続いているカップルを見てたら分かるだろうけど、どこかで相手に対して感謝の気持ちを、言葉とかプレゼントとか、何らかの形で示しているんだ。君が、好きな女の子を彼女にしたい、そう思っているのなら、心の中で思っているだけじゃなく、照れくさくてもいい、言葉や態度でも感謝の気持ちを示すこと、こういうところも、女の子はちゃんと見ていることを忘れないように。

 

どうだったかな?

自分が話した「モテる男が君に教える、7つの彼女の作り方」について、君の役に立ちそうかな。でも、特別なことを自分は話している訳じゃないのは、読んでみても分かるだろう?気遣いや優しさがある君なら、出会いの場所で君に合う女の子と出会える、知り合えると思うし、その後は、君がこの7つの作り方さえ守っていれば、自然とお互いの気持ちがつながっていくこと、それを信じて、まずは君から行動することを願っているし、君に素敵な彼女が出来て欲しいと思っている。自分も、応援しているよ、頑張れ!

 

まとめ

モテる男が君に教える、7つの彼女の作り方

その1:人の集まる場所=出会いの場所に行く
その2:自然な笑顔、嬉しそうな顔が出来る
その3:女の子との言葉のキャッチボールをする
その4:こまめにコミュニケーションを取る
その5:2人で一緒に同じことに取り組む
その6:他の女の子とは違うということを態度でも示す
その7:感謝の気持ちを示す

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!