ネクラオタクの俺でも出来た、彼女ほしいから実行した9つのポイント

ネクラオタクの俺でも出来た、彼女ほしいから実行した9つのポイント彼女ほしい!と思ってはいても・・・実際に生身の女の子に接すると、脳内で思い描くとおりには振舞えないのがオタクと呼ばれる人種。その落差を埋めたくて、充分頑張ってはいるのですが。。でも、やっぱり彼女はほしい!だから、ここはもう、オタクならではのアプローチを駆使して、なんとか彼女がGETできれば、という9つのポイントをあげます。

ネクラオタクの俺でも出来た、
彼女ほしいから実行した9つのポイント

 

その1:Web上と、リアルとの隔たりを少なくして行く

Web上だと饒舌だったり、それこそゲームのなかでは勇猛果敢なキャラなのに、いざゲームのチャットなどでオフ会に誘われても、二の足を踏んでしまう。そう言った、ネット上とリアルの暮らしとの、キャラの落差を、まずは段々で良いので減らして行きましょう。

誰だって、ネット上の姿とリアルの人柄とは多少、揺らぎがあるものです。でも大概、リアルがネット上のキャラにも投影されていたりして、実際会って話してみれば、「あーやっぱり○○さんだ」と納得して貰えるものです。美少女キャラのCGではなく、生身の女性の彼女をGETするのですから、気を奮い立たせて快活に行きましょう。

 

その2:オフ会で、まずは生身の彼女と触れ合う機会を

参加しているSNSや、オンラインゲームがあると思うのですが、やはり一番身近な出会いの切っ掛けは、そう言う場所だと思うのです。特にゲームをやってらっしゃる方は、そこでサロンのようなサークルのような、自然発生的に仲間でできるはず。SNS上のサークルにもそれは言えていて、よくある「出会い系」とは根本が決定的に違いますよね。「出会い」が先にあるわけじゃなく、結果的にいつの間にか交流が始まっている、と言う箇所が決定的に違います。

それらに、積極的に参加しましょう。ゲームのサークル等であれば、プレイの際にあなたの性格も自然に出るでしょうから、その辺りから好感を持って貰えたら、リアルで開催されるオフ会などで、彼女と自然に交流できるように、あくまで自然体を心掛けましょう。見栄を張る必要はないのです。逆に、嘘はいけません。小さな嘘が綻びとなって、また小さな嘘をつかなければならなくなります。

 

その3:同じSNSで複数の候補を作るのは良くない

これは、リアルでも同じ事が言えますが、よく、会社の女の子を2、3人狙ってたのだけれど、女子の鉄壁に情報網でそれが露見してしまい、酷い噂を立てられた、と言うような。あれと同じ事がネットでも言えますから、例えばFacebookなら1人、mixiなら1人、ラグナロクオンラインなら1人、と言った風に、気になる女の子がもしも同時に現れちゃったとしても、最低限のマナーとして、1つのSNSにつき、アプローチする子は1人、にしましょう。

 

その4:Web上も、あくまでリアルの延長である事を忘れずに

Web上ですと、スクリーン上で字やアイコンがチカチカ光っているだけですし、「つい」ネットの世界はリアルとはまったく隔絶された世界のような錯覚に陥ってしまいますが、そんな事はありません。やはり、多かれ少なかれ、サイバー上の世界はリアルの現実世界と繋がっているのです。

ですから、ネット特有のマナー?を別にすれば、普通のマナーや、やってはいけない事もリアルとなんら変わりません。もしもそこら辺が麻痺していると、あとになって自分自身が手痛いしっぺ返しをくらいます。

 

その5:プランを決めるのではなく、下調べだけは入念にしておく

さて、何度かオフ会でも一緒になって、プライベートなメールアドレスも交換し、イイ雰囲気に彼女となったとします。ネット上で時間を決めて待ち合わせてチャットする時と違って、次はいよいよ、グループで会うのではなく、彼女と2人で、初めてのデートです。

ここで肝心なのは、会うのはCGの美少女じゃなく生身の彼女だ、って事と、そして、いざデートが決まったら、プランを入念に決めるのではなく、幾つかのエリアを候補にあげて、下調べだけは入念にしておく事です。

考えてもみてください、例えば彼女とのやり取りで、じゃあ初デートはお台場で、となった場合に、カチンカチンにプランを固めて想定してしまうと、必ず予想外の事があったりして上手くはいかない、と言う事なのです。その時、平素のあなたなら大丈夫でしょうけれど、初めての彼女とのデートで、少なからず緊張しているはずです。だから、そんな時のために入念にそのエリアを下調べしておけば、とっさの事態に慌てる心配も減ります。

 

その6:背伸びしたデートは不要!快活なデートを心掛ける

その初デートまでの間にどのくらい彼女のバックボーンを教えて貰っているか、によっても変わって来ると思いますが。それほどこだわらない彼女であれば、初デートですし、背伸びしたデートは要らないので、それよりも快活なデート、を心掛けましょう。

ほど良い間合いで会話を愉しんで。。。目の前に居るのは、いつもディスプレイの向こうにいる、あの彼女です。すでに知ってる人で全然知らない人ではないのだから、自然な糸口はたくさんあるはずです。なので焦らず、なごやかに。

 

その7:彼女にたくさん喋って貰えるように聴き上手になる

ついつい、色んな事が質問したかったり、自分の思いのたけを述べたかったりして、あなただけが喋り過ぎてしまうかもしれませんが、そこは彼女に、たくさん喋って貰えるように聴き上手になりましょう。なにが次のデート、2回目があるかないかにつながるか、って言ったら、あなたと居て心地良かったか、愉しかったか、これに尽きます。ですから、カレに話聴いて貰って愉しかったなーと彼女が思ってくれたら大成功です。遠からず、2回目のデートの実現もあるでしょう。

 

その8:良い経験を積ませて貰っていると思えばイイ

最初からあまり気張らずに、自然体でちょうどいいのです。最初からキメようと焦っても、あなたが百戦錬磨なスケコマシなら別ですが、もしそうではないのなら、自然体でいて、いつものあなたを彼女にゆっくり見て貰う事です。「良い経験を積ませて貰っている」くらいに思っていればちょうど良いのです。

 

その9:きちんと付き合いたいなら、言葉でそれを伝えること

さて、初めてのデートでいきなり交際を申し込める勇気のある人は別ですけど、初デートがとても愉しく、彼女も明らかにイイ感じだったら、それもアリでしょう。彼女と付き合いたいなら、ちゃんとそれを言葉にして伝える事です。少なくとも、2回目のデートの約束は取り付けましょうね。

 

さて、いかがでしたでしょうか?ネクラオタクの俺でも出来た、彼女ほしいから実行した9つのポイント、と題してここまでご紹介してきましたが、…まじで彼女、ほしいですよね。なので、可愛い彼女をGETできるのを心から願っています。

 

まとめ

ネクラオタクの俺でも出来た、彼女ほしいから実行した9つのポイント

その1:Web上と、リアルとの隔たりを少なくして行く
その2:オフ会で、まずは生身の彼女と触れ合う機会を
その3:同じSNSで複数の候補を作るのは良くない
その4:Web上も、あくまでリアルの延長である事を忘れずに
その5:プランを決めるのではなく、下調べだけは入念にしておく
その6:背伸びしたデートは不要!快活なデートを心掛ける
その7:彼女にたくさん喋って貰えるように聴き上手になる
その8:良い経験を積ませて貰っていると思えばイイ
その9:きちんと付き合いたいなら、言葉でそれを伝えること

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!