一重を生かして出来る!目力アップのメイク術6選

一重を生かして出来る!目力アップのメイク術6選一重のメイクで悩んでいる女の子はいませんか?私は中学生の頃から一重が悩みで、メイクで二重になるように頑張ってきました。しかしテレビや雑誌を見ていると、一重でもキレイで可愛い人はたくさんいます。そして思ったのです。せっかく持って生まれたものなのだから、この一重を生かしたメイクをしようと。そして研究して一重を生かしたメイクを始めた結果、少しずつ自分の顔を好きになる事ができたのです。

そこで今回は私が今実践している一重を生かして出来る目力アップのメイク術を6つご紹介いたします。一重で悩んでいる方は、是非参考にしてみてください。

一重を生かして出来る!
目力アップのメイク術6選

 

その1:自分の目と理想の目を把握しよう

まずは自分がどんなタイプの一重なのか、自分の目を観察するところから始めましょう。一重にもタイプがあり、そのタイプで印象も違います。

まずはスッキリ一重です。まぶたの上がスッキリしていて腫れぼったくない目です。きりっとした印象があり、ややきつく見えるタイプかもしれません。スケートの浅田真央選手や吉高由里子さん、木村多江さんがこのタイプの一重です。

もう一つはボリューム一重です。少し腫れているように見えてしまう、目の上にボリュームのある一重です。黒木メイサさんや富永愛さんがこのタイプです。

自分の一重のタイプを確認したら、次は理想の目をイメージしてみてください。優しいたれ目、クールなつり目、キュートな丸いクリクリの目。メイクでどんな風に変身をしたいのか、予めイメージする事はとても大切です。テレビや雑誌で理想の目を見つけてみましょう。

 

その2:順番通りにアイメイクを行おう

意外と自己流になってしまい、知らない人も多いのですが、アイメイクに一番良い順番があります。慣れた方法があると変えずらいかもしれませんが、順番を守って行うほうがキレイに一重メイクが完成しますので、意識してメイクをしてください。

まずは顔全体のベースが出来ている状態でアイラインを引きます。その後、アイシャドウで目にカラーを入れます。ビューラーをしてマスカラを塗ります。出来ればここは二回目ほど繰り返します。最後に必要であればつけまつげを付けて、違和感がないように再度アイラインを引くと目元が自然に強調されます。

 

その3:アイラインで目力アップさせよう

アイラインの引き方一つで目の印象は大きく変わります。ポイントをしっかり押さえて理想の目に近づけるようにアイラインを引きましょう。

■目元を強調するアイライン
アイラインは少し太めにいれるようにします。だいたい3mmくらいが良いでしょう。ただし全部黒で引いてしまうと化粧が濃く見えてしまいます。ブラウンで太めに引いて、その上に細く黒のアイラインを入れると自然に強調する事ができるのでオススメです。

下まぶたには目尻から黒目まで3分の1程度アイラインを入れると更に目が大きくなります。たれ目になりたい方は特にこの下まぶたのアイラインを強調すると良いです。

■猫目にするアイライン
目尻から目の際とアイホールの3分の1をダークカラーでくの字にのせます。目尻にまつげ1本分を書き足すように跳ねのラインを上昇させて引きます。下まぶたはラインは入れなくても良いです。

ふっくら一重の人は猫目のアイラインが似合います。また中央をやや太めに引くと、目の上下が強調されるので大きな目になります。

 

その4:アイシャドウの色は慎重に選ぼう

好きな色を目に入れたい気持ちはありますが、一重のアイメイクには似合う色と似合わない色があるので注意してください。

まずボリューム一重の方は暖色系を使用すると、目が腫れあがったように見えてしまいます。ピンクやオレンジのアイシャドウは避けてください。似合うのはブラウンやブルーのアイシャドウです。

スッキリ一重の方は逆に暖色系が似合います。ピンクやオレンジなどの色味を目の持ってくる事で冷たい印象から暖かい印象の目に変える事が可能です。逆にクールに見せたい場合はブルーやグリーン系のアイシャドウでも良いでしょう。

 

その5:しっかりまつげを上げよう

一重にとって大切なのはまつげです。ビューラーとマスカラでしっかりまつげを上げる事が目力アップには欠かせません。時間をかけてまつげを上げましょう。

■正しいビューラーの使い方
まつげの根本もビューラーではさみ、グッと真上に持ち上げます。ここで一気に上げるのがポイントです。少ししてから、あごを引いて、ビューラーを少しずつ上にずらしながら小刻みにはさみます。そのまま、まつげの先まで行います。はさむ目安は5回程度です。

この方法でまつげをしっかりと上げたら一度マスカラを付けます。続いてもう一度ビューラーをするのですが、ここではホットビューラーを使用しましょう。仕上がりがキレイで長持ちします。ホットビューラーを持っていない人はドライヤーでビューラーを温めて使用するのでも効果があります。

つけまつげをする人はここで装着。最後は仕上げのマスカラを塗ります。マスカラはボリュームが出るタイプと長さの出るタイプがありますので、自分の好みに合わせて使うのでも良いですし、1回目と2回目で使い分けても良いでしょう。

 

その6:涙袋を作ろう

鏡の前で目に力を入れて笑顔を作ってみてください。目の下に少し膨らむ部分があると思います。これが一重の方の涙袋の部分です。ここに白のシャドーを入れましょう。この時に目尻にアイシャドウが入っている場合はそのそばまで入れます。

更に下まぶたのまつげの際の粘膜にはキラキラのラメが入ったゴールドのシャドウを少しだけのせます。これにより華やかな目元になり、目力アップと潤んだ瞳を演出する事が出来ます。

 

いかがでしたか?一重を生かして出来る!目力アップのメイク術6選をご紹介いたしました。一度この方法でメイクをしてみてください。二重にも負けない目力と、二重にはない一重の魅力的な目が完成します。きっとメイクが楽しくなり、自分をもっと好きになれるはずです。

 

まとめ

一重を生かして出来る!目力アップのメイク術6選

その1:自分の目と理想の目を把握しよう
その2:順番通りにアイメイクを行おう
その3:アイラインで目力アップさせよう
その4:アイシャドウの色は慎重に選ぼう
その5:しっかりまつげを上げよう
その6:涙袋を作ろう

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!