簡単に大人を演出!部屋をおしゃれに見せる7つのコツ

簡単に大人を演出!部屋をおしゃれに見せる7つのコツ貴方の部屋はおしゃれですか?友人や彼氏彼女を呼んでも恥ずかしくない部屋ですか?どうせ住むなら他人に見られて部屋がおしゃれだと思われたいですよね?そんな貴方は必見です!いつまでも子供っぽい部屋ではいけません!今回は大人っぽいおしゃれな部屋を簡単に演出するコツを7つも紹介しちゃいます!簡単にできるものばかりですので、ぜひ参考にしてくださいね。

簡単に大人を演出!
部屋をおしゃれに見せる7つのコツ

 

その1:収納は基本中の基本

まずは大前提です!貴方の部屋は綺麗に整理整頓されていますか?ゴミや服、雑誌などが散乱しているなら論外です。まずは片づけからやってしまいましょう!おしゃれな部屋は整理整頓が基本です。そして基本の整理の仕方にも部屋をおしゃれにするポイントは隠れています。次の点に注意して片づけをしてみてください。それだけでも大人っぽい部屋に見えますよ?

①食器は揃えて直すが、目につくように並べる
②フライパンや鍋はお店のようにぶら下げて収納
③本はわざと大きさを揃えずに雑多に並べる
④無理にものを置かず開いた空間をつくる(何も乗っていない机など)

以上の4点です。無理に置く必要はありませんが、可能な限り収納するときの参考にしてください。

 

その2:カーテンは大きなポイント

カーテンは意外と部屋の印象に占める割合が高く、その選び方が重要です。もちろん季節によって変えたり、家具にあわせるのもいいのですが、ポイントはその模様です。無地は勿体ない!なるべく縦に展開する模様がはいっているカーテンを選ぶと、天井や窓が大きく見える効果が期待できます。好みもあるでしょうが、なるべくカーテン選びも意識してください。

 

その3:空間を広く見せるコツ

部屋の大きさには限界があります。中にこまごまと物を置くとどうしても部屋が狭く感じ、おしゃれではなくなってしまいます。それでは部屋を広く見せる方法はないのでしょうか?先ほど紹介したカーテンもそうですが、錯覚でカバーすることができます。ポイントは家具です。背の高い家具のほうがいろいろと物を収納できて便利なのですが、逆に背の低い家具を設置してみてください。

するとどうでしょう?家具と天井の間に大きな空間ができ、人は何もない空間が大きいほど部屋を広く錯覚するのです。もちろん限界はありますが、低い家具で収納し、ごちゃごちゃものを置かないほうが部屋が大きく、そしておしゃれに見えるのです。それだと収納できないという方は安価なトランクルームなどを利用し、季節で着ない服などを収納しておくとだいぶ部屋がすっきりするはずです。

 

その4:色を意識したおしゃれ

人が感じる印象でもっとも強いのが視覚です。そして見えたものの中でも印象に残るのが「色」なのです。もちろん部屋に入った時も同様で、ぱっと見で受ける印象の大部分は視覚からくる「色」です。では、どういった部屋なら第一印象がよいのかというと、ベースとなる1色があり、アクセントとなるカラーを2色ほどいれるのが最も効果的です。

色の効果は皆さんある程度ご存知ですよね?例えば赤は興奮作用があり、青は逆に鎮静作用がある。では部屋を広く見せる色はというと、白や淡いブルーなどの寒色系が効果的です。一般的にほとんどの家は壁紙が白であると思いますが、そこに2色ほど赤や黒などの原色に近い色を混ぜるととてもおしゃれな印象になります。ベース7割、多色が3割ぐらいの割合。それぐらいがベストです。

 

その5:あえて統一感を持たせない

ちょっとした上級テクニックですが、統一感を持たせないといった部屋のおしゃれもあります。どういうことかというと、例えばテーブルがあり椅子があるとすれば同じ椅子を揃えたくなりませんか?そこにあえて種類の違う椅子を並べてみたり、木製の家具ばかり揃えたくなるところを、鉄やステンレスなどの家具をおりまぜ、統一感をあえてなくすことで、おしゃれな部屋が演出できるのです。

 

その6:上級者の必須ツール

上級者の手法として、一人掛けようのアンティークな椅子や、スツール(背もたれのない椅子)を家具として部屋に置くというものがあります。部屋に1つだけあるアンティークや、座りにくいスツールなど普通の家にはないようなものをアクセントとしておくことで部屋の印象ががらりと変わります。もちろんですが、椅子は座ることを前提とした配置で、スツールは別に小物置きや、観葉植物の台に使ってもかまいません。

 

その7:アロマで最後の仕上げ!

ここまで実演できた貴方の部屋はずいぶんおしゃれになっているはずです。そしてこれが最後の仕上げ!アロマです。どういうことかというとせっかくのおしゃれな部屋も臭いがダメなら台無しです。そして住んでいる貴方自身は部屋の臭いがわかりません。長くいると感覚が適用してしまうのが人間です。なので玄関や部屋にアロマキャンドルなどを置くことをお勧めします。

別にずっとつけておく必要はありません。人が訪ねてくる少し前に、焚いてよい香りを充満させておくだけです。あまり癖のあるものではなく一般的に好かれやすいものを選びましょう。分からなければ店員さんに相談すればいいものを進めてくれるはずです。部屋の香りまで完璧にコーディネイトできれば貴方の部屋はおしゃれに完成したといえるでしょう。

 

いかがでしたでしょうか?部屋をおしゃれに見せる7つのコツを紹介しました。

今回紹介した7つのコツを実演すれば、貴方の部屋もきっとおしゃれな部屋に生まれ変わるはずです。自分がすごしやすいのが大前提ですが、それでもちょっとした工夫で誰に見られても恥ずかしくない大人でおしゃれな部屋を演出できます。部屋がおしゃれだと人を自分の部屋に呼ぶのも楽しくなりますし、住んでいる貴方自身もよりおしゃれになるはずです。

 

まとめ

簡単に大人を演出!部屋をおしゃれに見せる7つのコツ

その1:収納は基本中の基本
その2:カーテンは大きなポイント
その3:空間を広く見せるコツ
その4:色を意識したおしゃれ
その5:あえて統一感を持たせない
その6:上級者の必須ツール
その7:アロマで最後の仕上げ!

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!