初デートの食事で失敗しない5つのポイント

初デートの食事で失敗しない5つのポイント好きな人との初デートの時に、何処で食事しよう?と言うのはこれ、永遠のテーマですよね。まずこちらが緊張しちゃうだろうし、下手したら舞い上がってしまい、平静でいられない可能性だってあります。それに初めてのデートだから、彼女にイイトコを見せたい。でもお洒落なお店なら何処でもいいのか、って言うとそれも違う気がするし、さりとて最初からファミレスだと、彼女に引かれてしまうんじゃないか…。

どのみち初デートでは緊張しちゃうのですから、初デートを彼女と楽しく食事するためにも、せめて、その場の雰囲気が最悪になるような状況だけは「未然に」避けられるように、ここからは、初デートの食事で失敗しない5つのポイントを考えて行きましょう。

初デートの食事で失敗しない5つのポイント

 

その1:事前のリサーチはとても大切

ここで言う事前のリサーチと言うのは、よく雑誌等でありがちなグルメ情報や、デートプランの事ではありません。だいたい、デートプランなんてもし立てても、そのうち何個かが実現できればいい方じゃないですか?何故なら、デートは生き物、そしてこれから目の前に現れる彼女も生き物なのです。セオリー通りになんて行きっこありません。不測の事態があるかもしれません。

なんの下地もなく、いきなり意気投合して初デートにこぎつけた幸運なカップルならいざしらず、大概は、いくらかの慣らし運転みたいな期間?初デートに至るまでの交流があって、だからこそ今日の、めでたい初デートを迎えている訳ですよね。

つまり、その初デートに至るまでに、彼女の事を知るチャンスがそれこそ無尽蔵にあるわけです!彼女の苦手な食べ物ってなんだろ。彼女、お酒は好きかな。嫌いかな。彼女はタバコ吸うのか、それとも(これは隠している場合があるので判別できない時がありますけど)タバコ吸わないのか。

例えば食べ物で言ったら、まだ好き嫌いのレベルなら雰囲気悪くなるだけで全然被害ないですけれど、食べ物にもアレルギーってものがあるのです。もし初デートに行く前に、「そう言えば嫌いな食べ物ってある?」とか一言、聴いておく余裕があれば、彼女が「じつはエビカニアレルギーでね…」と事前に教えてくれていたかもしれません。

なので彼女に、お店のスタッフに対して「済みません、じつはアレルギーがございまして、食べる事ができません」と謝らせる事になるなんて、考えただけで間抜けじゃありませんか?不可抗力は仕方ない。でも、未然に防げる事はたくさんある。好きな人との初デートは、まず幾つもの関門があるものと心してくださいね。

 

その2:喫煙席か、禁煙席か、それが問題

さて、彼女に幸いにもアレルギー等がなく、お店のチョイスの幅が広がってホッと安堵したとしましょう。次に考えるべきは、彼女は喫煙者なのか否か、そしてあなたは喫煙者なのか否か、です。これは、もし初デートでちゃんとしたレストランを予約するとして、まず決めなければならない問題です。禁煙席にするのか、喫煙席にするのか。

勿論、可能であれば食事とデザートの時は禁煙席で食事やデザートを愉しんで、その後、次の店への途中で喫煙するか、次に喫煙するためにカフェに行く、等にすればスマートでしょう。一番最悪なのは、相手が喫煙者であるあなたに合わせて、自分は吸わないのに喫煙席をチョイスした時です。

ただでさえ緊張してしまう初デートです。あなたはその緊張を喫煙する事でほぐせるかもしれませんが、肝心の彼女の方はそれで本当に愉しいでしょうか?くれぐれも事前の確認は怠りなく。

 

その3:そこのニオイは彼女にとってはアリか?

さて、その初デートの彼女がわりと庶民的な感じの良い子で、「お店なんて何処でもいいよ」と、彼女にきいた時に答えてくれる事があります。それはその時点での彼女の本心なので、嘘偽りはないのです。でももし、たまたまあなたがチョイスしたお店が、焼き肉屋さんだったり、「餃子の王将」だった場合はどうでしょうか。

ニンニクを使った料理や炭火で焼く焼き肉は、食後にどうしてもニオイが残ります。下手したら翌朝、昼過ぎくらいまで消えません。帰りはその店内のニオイがベットリとした感じで、着て来た洋服や、冬場でしたらコート類などにもニオイつく畏れが濃厚です。

その手のお店に誘うとしたら、例えば翌日が休みで業務に出る心配のない夕方とか、時を選んで誘ってあげてください。

 

その4:有名なお店だからと言って、名店とは限らない

勿論自分で行きつけのお店がある場合や、長年通ってらっしゃるお店がある場合はそちらにご案内すれば良いのですが、せっかく、憧れの彼女との初デートなのだから…と、初デートでリキミ過ぎてしまって、グルメガイドやグルメサイト、雑誌などの情報をもとにお店を探し、予約した場合。

これは残念ながら、本当に行ってみないと分かりません。しかもその当日にならないと分かりません。何故なら、ある程度有名だったり盛んにプロモーションしているお店の場合、料理自体はそこそこ美味しいに決まってるのです。

問題なのはお店のスタッフの接客と、その場の居心地です。最近は何処のお店もアルバイトさんを店員さんとして雇っています。勿論、意識を高く持って素晴らしい接客をしているアルバイトスタッフもたくさんいますから、 一概に「ダメ」とは言えませんが。

例えば、なにもその席に案内しなくても…と言うような気のまったく利かない席に来店時に案内されてしまったり、オーダーをなかなか取りに来なかったり、オーダーを復唱しなかったり、復唱したのに全然違う料理が運ばれて来てしまったり。

交際してもう随分長いカップルなら、そんな時でも冷静に、こっそり店員さんに「あの、こちらの料理、オーダーしてません」などのオトナの対応も男性から取れますけれど、なにしろこちらは初デートです。正直頭の中、初デートの事でいっぱいいっぱいでテンパっています。そんな時に、オーダーミスを指摘したり、イライラした態度を、初デートの彼女には本当は見せたくないですよね。

もしそんなに高価なお店でなければ、初デートで初めてのお店を選ぶのであれば、ぜひ事前に友人などと来店して、実際のサービスや雰囲気などを確かめておく事を強く、お薦めします。

 

その5:彼女とゆったり自然に話せる店が、ふたりにとっての一番の名店

じゃあどんなお店が、2人にとっての名店なのだろう?と考えてみたら、それは「2人がゆったりと喋れる」お店ですよね。例えば気の合わない会社の同僚と行ったフランス料理店の値段の張るランチよりも、親友とコーヒー1杯で3時間粘って語り明かしたマクドナルドの方が、あなたにとっては本当は名店なのではないでしょうか?

つまり、名前やブランドじゃない、と言う事なのですが、とは言うものの、デートは2人でするもの。相手がどう思うか、もまた重要です。できたら雰囲気も良く、素敵なお店がいいに越したことはないですよね。なので、初デートのお店は、お店の雰囲気を知っていて、ここならゆったりと喋れるだろうな、って所を是非選んでください。

サプライズは、いつだって仕組めるのです。まず最初に重要なのは、自然に打ち解けて、愉しかったな、と思って貰える初デートにする事です。

いかがでしたか?

「これだけは避けるべき」「ここだけは確認しておこうよ」と言った事中心の5つのポイントになってしまいましたが、是非とも、初デートで、愉しい食事を2人でしてほしいので、参考になれば筆者も嬉しい限りです。自然に打ち解けて、愉しかったな、と彼女に思って貰えたら、きっと次につながるはずです。

 

まとめ

初デートの食事で失敗しない5つのポイント

その1:事前のリサーチはとても大切
その2:喫煙席か、禁煙席か、それが問題
その3:そこのニオイは彼女にとってはアリか?
その4:有名なお店だからと言って、名店とは限らない
その5:彼女とゆったり自然に話せる店が、ふたりにとっての一番の名店

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!