近くにいたら気付かない遠距離恋愛だから響く7つのラブワード

近くにいたら気付かない遠距離恋愛だから響く7つのラブワード遠距離恋愛が成功する確率ってどれくらいか知っていますか?統計だけで見ると2割も満たないと言われています。「低っ!」と思いますが、けどこの割合って遠距離恋愛に限った事ではないんです。すぐ会える距離にいても1年以上続く恋愛は遠距離と同様に2割程度なんですって。確かにクリスマスが平日だから会えない…と言うのは遠距離に限った事ではないですし、なかなか会えないから浮気された…と言うのも遠距離だけに限りませんよね。

遠い場所にいる事がマイナスなイメージになってしまうのは確かなのですが、近くにいるからと言って長続きする訳ではないのです。遠距離恋愛は寂しさが強い分、相手を思いやる気持ちも強い為、電話でもメールでもラインでも1つ1つの何気ない言葉に心が揺さぶられてしまいます。近くにいたら通り過ぎてしまうような言葉でも、遠くにいると安心できる大切な言葉に変わったりするのです。そんな遠距離恋愛において相手を思いやるラブワードをお伝えします。

近くにいたら気付かない
遠距離恋愛だから響く7つのラブワード

 

その1:同じ想いを確認できる「好き」より強い「会いたかった」

遠距離恋愛でこれほどお互いの気持ちを確認できる言葉はないかもしれません。離れている間は会いたい気持ちをグッと我慢して、相手の負担にならないよう「会いたい」と言う言葉を抑えていた分、会えた時に言える「会いたかった」の言葉はとても深いものです。「好き」や「愛してる」なんて言葉よりずっと強く自分を想っていてくれた事を実感できます。遠距離恋愛でなければ「会いたかった」なんて言葉、すぐに使わなくなってしまいますけどね。

 

その2:メールの数が増えてしまうからこその思いやり「返信不要」

「返信不要」なんて言葉はとても事務的に感じてしまいますが、遠距離恋愛中の2人にとっては相手を思いやる優しい言葉になるんです。会えないけど伝えたい事、会えないから知りたい事が増えてしまうので、自然とメールの回数も多くなりがちですが、仕事が忙しい時だったり、疲れて寝てしまっている時には返信するのが苦痛だったりします。けれど「今日もお疲れ様、メールは返信不要だからまた明日ね」なんて最後に書いてあると多量のメールも負担には感じなくなるのです。

 

その3:同じ景色が距離を近く感じさせる「気持ちいい青空だね」

清々しい青空や真っ赤な夕陽、大きな満月を2人で一緒にいる時に見れたりすると、ちょっとだけ特別感を味わえたりしませんか?けれどなかなか一緒に見る事のできない遠距離恋愛中の2人にとっては、こういった景色が良くも悪くも距離感を実感させてしまうのです。自分の住む街ではまだコートが必要なのに、相手の住む街は小春日和と天気予報で聞いたりすると、ものすごく遠くにいるように感じてしまいます。

けれどお互いの住む町が快晴だった日に、空の写真付きで「今日は気持ちいい青空だよ」なんてメールすると、相手からも写真付きで「こっちもいい青空だよ」なんて返ってきたら、同じ空の下ですぐ近くにいるような安心感が得られたりするのです。近くにいると天気や景色だけのメールのやりとりはあまりしませんよね。遠距離恋愛中の2人は「次会う時もこんな青空だといいね」と、天気1つで会いたい気持ちが膨らみます。

 

その4:寂しさに負けないで前進する力になる「○○○に挑戦中!」

会いたい気持ちを抑えながら繰り返しの毎日を過ごすのは本当に大変です。けれどその寂しさや虚しさを相手にぶつけてばかりでは、2人の関係は悪化してしまいます。長く続く遠距離恋愛では自分がアクションを起こす事で、さりげなく相手も自分も励ましているんです。「ドライブデートの為に免許取得に挑戦中!」とか「仕事にも役立つTOEICに挑戦中!」なんて言われると、虚しさが前に進むパワーに変わっちゃいます。

 

その5:会えない日々のマンネリを解消する「○○○を発見!」

会って映画を見たり、食事をしたり、遊園地や水族館へ出かけたりする事が少ない遠距離恋愛は、電話やメールだけでどうしてもマンネリになりがちです。そんな日々のマンネリを解消してくれるのが、相手の新しい発見やイメチェンの報告で、「今日1時間早く起きて本を読んでから出勤したよ、朝活できる自分を発見です」とか「足の中指の付け根にほくろを発見!」とか本当は自分で気付いてあげたいんだけど、好きな人の新たな部分を知ると新鮮さが戻るんです。

 

その6:相手にワクワク感を与える「楽しみにしているよ」

次に会える日を心待ちにしている遠距離恋愛中は、「早く会いたい」と言われるのも嬉しいけれど「髪が長く伸びた君を見るのを楽しみにしているよ」とか、「○○にオープンしたレストランに連れて行ってくれるのを楽しみにしています」など、会った時の具体的な楽しみを言われると何だかワクワクしてくるんです。その楽しみを叶えてあげたいと思ったり、一緒に楽しみたいと思ったりと、ただ会いたいだけじゃないドキドキ感が伝わります。

 

その7:一番聞きたくないけど言って欲しい「またね」

数ヶ月ぶりにやっと会えた2人でも、時間が経てばまたそれぞれの場所に戻らなくてはなりません。その時言うのは次の約束と「またね」の言葉です。「じゃ~ね~バイバイ」とは気軽に言えない2人にとって、「またね」はちょうど良い別れの言葉ではあるけれど、なかなか言い出せないし聞きたくありません。遠距離恋愛をしていなければ、気軽にしょっちゅう使う言葉のはずなのに、遠距離恋愛をしてしまうと「またね」と言う言葉に深い優しさと切なさを感じてしまうのです。

 

いかがでしたか?

今回お伝えした、近くにいたら気付かない遠距離恋愛だから響く7つのラブワードを読むと、普段使っている何気ない言葉が、遠距離恋愛をしている2人にとっては相手を思いやる深い言葉に変わっている事がわかると思います。遠距離恋愛はあまり頑張り過ぎると、元に戻った時に拍子抜けして破局してしまう事もあるそうです。難しい付き合い方ではありますが、相手を思いやる気持ちを忘れずに1つ1つの言葉を大切にして頂けたらと思います。

 

まとめ

近くにいたら気付かない遠距離恋愛だから響く7つのラブワード

その1:同じ想いを確認できる「好き」より強い「会いたかった」
その2:メールの数が増えてしまうからこその思いやり「返信不要」
その3:同じ景色が距離を近く感じさせる「気持ちいい青空だね」
その4:寂しさに負けないで前進する力になる「○○○に挑戦中!」
その5:会えない日々のマンネリを解消する「○○○を発見!」
その6:相手にワクワク感を与える「楽しみにしているよ」
その7:一番聞きたくないけど言って欲しい「またね」

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!