これで心配無用!遠距離恋愛を上手に乗り切る6ポイント!

これで心配無用!遠距離恋愛を上手に乗り切る6ポイント!彼氏、彼女の出張や出向など、これまでいつでも会えていたのに急に会えなくなる。二人の間に重くのしかかるのが距離という壁です。遠距離恋愛は成就しない。うまくいかないとよく言われていますが、そんなことはありません。遠距離恋愛を経てゴールインしたカップルだってたくさんいるのです。今回はつらい遠距離恋愛を上手に乗り切る6ポイントを紹介します。

これで心配無用!遠距離恋愛を
上手に乗り切る6ポイント!

 

その1:定期的に会いましょう

これまでのように週末や週に何度も会うことはできなくなるのが遠距離恋愛です。しかしながら遠く離れている間、ずっと合わないのは不安がつのります。なので定期的に日を決めて一ヶ月に一度以上は必ず会うようにしましょう。毎週会おうなどと無理をいってはいけません。そしてできるならお互いに相手のもとに交互に出向くような形で会う方が片一方だけの負担にならなくていいのです。

そして相手のところにあなたが会いに行ったときがチャンス!もしできることなら現地で相手の友達に彼氏、彼女として紹介されれば遠距離恋愛中、変に心配する必要はなくなります。遠距離恋愛で浮気が多いと言われるのは相手がそばにいないからというだけではなく、自分の恋人の存在を周りの人たちが誰も知らない地に赴いていることが大きな原因なのです。なので現地に知り合いを作っておけばかなり安心できるはずですよ。

 

その2:コミュニケーションは絶やさずに

今まで以上に遠距離恋愛ではコミュニケーションを大事にしましょう。いまならSMSなどで距離も気にせず気楽に連絡はとりあえますが、「おはよう」、「おやすみ」だけは必ずお互いに連絡しあうようにルール決めしておきましょう。ずっとSMSなどでやり取りするのでなく一言だけでもかまいません。1日のはじめと終わりを自分達で初めて〆るのが大切なのです。

この行為は相手への報告の意味をもち、毎日相手を意識することで親近感につながります。あまり長い時間の電話や長時間のSMSでのやりとりはたまにならいいですが、頻繁になるとお互いの重荷にもなりかねません。そのあたりのバランスに注意し、相手の負担にならないように少しでも二人の距離が近いことをお互いに意識しましょう。

 

その3:焼きもちは障害にしかならない

最近相手がかまってくれないから、異性の話をだして相手に焼きもちをやかせよう。女性に多い発想ですが、これは要注意です。なんせ遠距離恋愛中。相手はモヤモヤするだけでどうにもできません。そもそも男性は焼きもちを焼かされるのが嫌いな人が多いのです。なのでこれは逆効果!男性の場合も意識せずに発言している人が多いので注意が必要です。できるだけ遠距離恋愛中は自分に異性の影をちらつかせてはいけません。

 

その4:メリハリは大事

ずっと好きだから早く会いたいと言い続けられると、相手の重荷になることだってあります。気楽に会えたころとは違って、遠距離恋愛には距離があり、会うにはお金と時間がかかるのです。なので、フラストレーションは会ったときに爆発させるようにしましょう。めいいっぱい甘えたり、ベタベタすればいいのです。普段の電話やSMSで「すぐ会いたい」、「横にいてほしい」などのセリフは厳禁です。

遠距離恋愛中にこのセリフを聞いた時ほど、相手が距離を感じることはないのです。「近くならすぐに会いにいけるのに。」と相手に思わせてはいけません。遠距離恋愛にマイナスのイメージを持たれてしまいます。逆に「私たちの遠距離恋愛は順調に仲良くやっていけている」と思わせるように意識しましょう。そうすることで壁のある遠距離恋愛を乗り越えることができるはずです。

 

その5:たまには休みも悪くない?

先ほどメリハリの話をしましたが、これも同じです。休みというのはお互いに干渉しない自由な時間をつくるということ、相手と毎日のように連絡を取り合うのではなく、「明日は○○なので連絡しない」と伝えておき、わざと1日休憩をはさみ、次の日に「昨日は○○したんだ」と報告するようなやりかたです。これの良いところは1日連絡を我慢することでマンネリ化するやり取りに新鮮さをもたらす点です。

もちろん○○に誰かと遊びに行く、などは禁句です。「今度会うときのプレゼントを見に行く」、「デートスポットの下見」など相手に関係することのほうが相手を不安にさせずに納得してもらえます。また「いいものがあった」など次の日に報告することで、1日連絡をとれなかった相手も安心することでしょう。会う頻度と同じか少ないぐらいでこのような休みをいれるのも遠距離恋愛をうまく続けていくポイントといえます。

 

その6:感情表現はストレートに!

会うことがめっきり少なくなるのが遠距離恋愛です。なので感情表現もこれまでのように遠回しに伝えていたり、あえて口にしないなどは絶対にいけません。これまでとは違うのを意識し、遠距離恋愛のときには感情表現をストレートに出すようにしましょう。電話やSMSではもちろん、ひさしぶりに会ったときは積極的に行動するべきです。「好き」というセリフだけでも口に出して言うのと言わないのとでは大きな差があります。

 

いかがでしたでしょうか?遠距離恋愛を上手に乗り切る6ポイントを紹介しました。

実際に遠距離恋愛になってしまったら、誰でも最初は自信がなく、戸惑うものです。遠距離恋愛はきっと自分に向いていないと思ってそこで別れて後で後悔するなんてことも多々あります。だからこそ、今回紹介した6ポイントを試してみてください。遠距離恋愛も捨てたもんじゃありません。終わりのないトンネルがないように、いつかまた一緒に過ごせる日がくるまでの我慢です。

 

まとめ

これで心配無用!遠距離恋愛を上手に乗り切る6ポイント!

その1:定期的に会いましょう
その2:コミュニケーションは絶やさずに
その3:焼きもちは障害にしかならない
その4:メリハリは大事
その5:たまには休みも悪くない?
その6:感情表現はストレートに!

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!