男も覚えておきたい☆5つの笑顔の作り方

男も覚えておきたい☆5つの笑顔の作り方 笑顔の作り方なんて、普段意識しないものですが、笑顔が自然にできなかったり、自分は笑っているつもりなのに「目が笑ってない、怖い」と言われてしまった覚えはありませんか?実は笑顔の作り方にはちゃんとメソッドやセオリーがあるのです。この記事では、そんな、男も覚えておきたい☆5つの笑顔の作り方をご紹介します。

男も覚えておきたい☆5つの笑顔の作り方

 

その1:自然に愉しんでる風情を醸し出す

まず、笑顔ってどんなものなのかをイメージしてみましょう。笑顔がどんなものか、を再認識できれば、あとは何も難しい事はありません。心をほんのちょっと解き放って、自然に笑うだけです。笑顔全体を通して大切な事は、「自然に愉しんでいる風情が表情や雰囲気に出ているか」にあります。

あなたの表情を他人が見たその瞬間、「あ、この人はいま笑顔だな」と、自然に相手が判断するかどうかは、その表情がちゃんとした「笑顔」になっているかどうか、で随分違ってきます。もしゆったりと、愉しげな雰囲気が醸し出されていれば、あ、にこやかな人だな、と言う印象にもなりますし、逆に、「なんだか目が笑ってなくて怖い印象だな」と思われてしまったら、なかなかそれを挽回するのは大変です。

しかも一度、その相手をにこやかな人だと認識すると、例えば真剣に話を聞いていて別に笑顔である必要がない場面でも、相手が無意識のうちに「この人はにこやかな人だから」と勝手に脳内で補正してくれるようになるのです。

つまり必要以上にニコニコと笑顔を振りまかなくても済むようになるのです。真剣な表情の時とにこやかで華やかな表情の時、両方のメリハリが効くようになるということなのです。これはデカいですよね。ココゾ!って時にだけ、チャーミングな笑顔を浮かべれば良いのですから。

なので、自然にその場を愉しんでる風情を醸し出すように努力してみてください。それがお薦めの、笑顔の作り方です。

 

その2:笑う時に口角を上げる

口元が、キュッと上にあがっていると、不思議と魅力的に他人には映るものです。そう思って見てみると、俳優さんの笑顔はまさに口元の口角がキュッと上に上がっています。じゃあ、そうは言ってもどうすればいいの?と疑問が湧くでしょうが、とても良くできた、しかも簡単な練習方法があるので、それをご紹介します。

これは普段から顔の表情筋を鍛える方法としてはもっともポピュラーな方法でして、「イー」としばらく、声に出して発声してみるのです。実際に「イー」と声に出して発声練習してみてください。実際にやってみると、まさにその状態が、口角がキュっと上に上がり、歯も見えている状態だと言う事が分かります。

男性には、世代によっては歯を見せて笑う事にまだまだ抵抗のある人が見受けられますが、自然に笑ったら、歯はそりゃ見えます。見えて当然なので、全然恥ずかしがる事ではないのです。ですから、この、口角を上げる練習でもある「イー」と言う発声練習は、歯を見せる練習にもなるので一石二鳥です。とても簡単にできますので、是非、笑顔が苦手な方はトライして、練習を続けてみてみてください。

 

その3:「破顔一笑」

「破顔一笑」とは、つまり顔をほころばせて、にっこりと笑うことです。顔をクシャッとほころばせて、目も笑って細まって、見えなくなるくらい細くなるのがが「破顔一笑」です。ここで口角がキュッと上がっている事と同じくらいに大切なのは、「目の表情も笑っているか?」ということなのです。いくら口元だけが笑っていても、目が笑ってなかったら、全体としては不自然で、なんだか怖い印象すら与えかねません。

こればっかりはもう、何回も実際に笑ってみるしかないですよね。目は心を映す鏡ですから、その時々で感情に揺れがあると、ストレートな人は緊張感が眼の表情に出てしまったり、或いは嫌悪感が微かに出てしまったりしがちです。

とにかく笑う時は「破顔一笑」で、心の底から笑う事です。笑顔って結構、誤魔化しが効かないのです。苦手な人は、ぜひ心のなかで愉しかったイメージを思い浮かべながら、「破顔一笑」と呪文のように唱えてみてください。きっと自然に男らしくて頼もしい笑顔がこぼれます。

 

その4:笑顔のために、顔のストレッチをしてみる

もしあなたが普段から無表情、無愛想などと言われがちな場合は、表情筋を鍛えるトレーニングから始める必要があるかもしれません。表情筋とはその名の通り、顔にある表情を形作る筋肉のことです。それがこわばっていたりすると、上手く表情がなめらかに動かないのです。

確かに、自分自身で「いい笑顔」のイメージが掴めていないと、どんな表情をしていいのか不安になって、表情筋がこわばったり、上手く笑顔を作ることができないかもですね。更に、緊張している局面のような場合は尚更でしょう。

是非ストレッチのつもりで、鏡の前でちょっとオーバー気味に、喜怒哀楽の表情を作ってみましょう。全然難しくありません。やろうと思えば何にでもマニアックなストレッチ方法が存在するのですが、この記事の趣旨はマニアックな方法のご紹介ではないので、一番シンプルかつ、いつでもできて誰でもできる方法をご紹介しています。

それは、鏡の前で、「アー」「イー」「ウー」「エー」「オー」と、あいうえおを実際に少しオーバーアクション気味に発声してみる事です。それを何セットか、繰り返してみてください。何日か継続して続けていると、表情の動きが段々なめらかになって来ている事にたぶん、お気付きになりますヨ。いざ、笑顔になった時に、自然に顔の表情筋が動くようになるので、結果、自然な笑顔が作れるようになるのです。

 

その5:笑顔にも、ココゾ!ってタイミングがある

さて、最後に、前出の「イー」と発声するストレッチなども併用して、あなたが自然な笑顔が作れるようになったら、ぜひその笑顔に、メリハリを付けてほしいのです。たとえばずーっと笑ったまま、張り付いたような笑顔では却って逆効果ですよね? 逆に、相手に「この人、ずっと不自然に笑っているな」とネガティブな印象を植え付けちゃうかもしれません。笑顔を作るにも、じつはメリハリやタイミングが、とても重要なのです。

たとえば挨拶って、かなり侮れない重要な場面だと思うのですが、もし相手に伏せ目がちで暗い声で挨拶してしまっては、その後にいくら魅力的な笑顔を見せたとしても、なかなか最初の印象の挽回は難しいと思うのです。 でも、「おはようございます」「お疲れ様です」などの挨拶をする時に相手の顔を見てにっこり笑うようにすれば、それだけで相手にも好印象です。

笑顔になる事で、自然にあなたの声のトーンも明るく華やかになり、より自然な挨拶ができるはずです。 「気持ちの良い挨拶」をされて嫌な人はいません。笑顔にも、ココゾ!ってタイミングがあるって事を、ぜひ心の片隅にでも刻んでおいてください。

いかがでしたか?笑顔が多い人は、それだけで性格が良さそうに見えたり、やわらかな印象になり、いつも朗らか、という印象を与え、好感度がアップします。 ご紹介した5つのポイントで、日常生活のなかに、意識して笑顔を取り込んでにこやかな毎日を過ごしましょう。

 

まとめ

男も覚えておきたい☆5つの笑顔の作り方

その1:自然に愉しんでる風情を醸し出す
その2:笑う時に口角を上げる
その3:「破顔一笑」
その4:笑顔のために、顔のストレッチをしてみる
その5:笑顔にも、ココゾ!ってタイミングがある

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!