恋愛上手に学ぶ!上手に笑顔の顔文字を使う方法5ステップ

恋愛上手に学ぶ!上手に笑顔の顔文字を使う方法5ステップ「あの人、なんであんなにモテるんだろう?」と疑問に思ったことはありませんか?見た目や性格では負けていない気がするのに、恋愛ではずっと負けっぱなし。それは何故か?ズバリ!相手があなたより恋愛上手だからです。もちろん恋愛にはいろいろな要素があります。見た目や性格、会話力や特技はもちろん。意外と重要なのがLINEなどのSNSやメールです。今回はそんな文章に隠された恋愛テクニックを紹介します。

SNSやメールの文章で特に重要なのが笑顔の顔文字です。恋愛上手な人はこの笑顔の顔文字を上手に使って、相手を惹きつけるのです。対話といえども表情がないSNSやメールで、相手に自分の感情を伝えて、いかにして惹きつけるか!今回は恋愛上手が実際に行っている上手に笑顔の顔文字を使う方法をたったの5ステップで紹介します。ぜひ最後までお付き合い下さい。

恋愛上手に学ぶ!
上手に笑顔の顔文字を使う方法5ステップ

 

その1:笑顔の顔文字はどう使う?

例えば、あなたは笑顔の顔文字を普段どのように使っていますか?楽しい時や何となく使っているという方は損していますよ。好きな人とデートするとき、好きな人と会話するとき、あなたの表情はどうなっていますか?おそらく笑顔ですよね?楽しいからというのもありますが、相手に好意を伝える最も大事な方法が笑顔なんです。これはSNSやメールの顔文字でも変わりません。

笑顔の顔文字は「あなたと話していて楽しい。」、「あなたといると私はずっと笑顔です。」そんなメッセージを表すことができます。極端な話、好きな相手や好意をもっている相手には基本的にすべて笑顔の顔文字で感情表現すればいいのです。「会話の流れで例えば怒ってる感情を表したい時は?」と思ったあなた!鋭いですね。確かに会話の流れで冗談っぽく怒ることも必要です。それでは次にそのあたりを紹介します。

 

その2:意味の違う笑顔の顔文字

笑顔の顔文字と一つにまとめてしまっていますが、実は笑顔にもいろんな種類があります。例えばですが、次の笑顔の顔文字であなたが受ける印象はどうでしょうか?

①(^^)
②(* ̄∇ ̄*)エヘヘ
③( ̄∇+ ̄)vキラーン
④(* ̄m ̄)プッ
⑤(≧∇≦)
⑥ヽ(⌒‐⌒)ゝ チュッ
⑦o( ̄▽ ̄)。o0○(ユルサン)

①から⑦まですべて笑顔の顔文字です。①は最も簡潔で、ただ笑顔という顔文字。メジャーですが、逆にこれはあまりお勧めしません。好意をもつ相手に送るなら②から⑦のように少し賑やかな顔文字を使いましょう。例えば⑦は怒っている時の顔文字ですが、冗談っぽく怒っていることが分かりますよね?会話の中で怒りながらも好意を伝えるにはこのような顔文字が有効なのです。

ちなみに、②は照れた時やイタズラがバレた時、③は冗談を言った時、④は相手が面白いことを言った時、⑤はテンションが上がっている時、⑥は甘える時などに使える笑顔の顔文字です。

 

その3:雰囲気を救う笑顔の顔文字

SNSやメールでの会話だと、会って話しているわけではないので、相手の取り方によっては誤解を与えてしまい、険悪なムードが漂うことがありますよね?でもそんなことで喧嘩なんてしたくない!そういう場合にも笑顔の顔文字が有効です。私達が思っている以上に、SNSやメールでは誤解が生まれやすいのです。ついついお手軽で会って話している感覚になりがちですが、誤解のリスクもかなりあるということです。

ではそんな時にどんな顔文字を送ればいいのかというと、例として次のようなものがあります。

<相手をムッとさせてしまった場合>
・(>▽<;;ゴメンヨ
・m(*T▽T*)m オ、オユルシヲ
・ゞ( ̄∇ ̄;)オコンナイデヨ

<こちらがムッとした場合>
・ゞ( ̄∇ ̄;)ヲイヲイ
・ヾ(≧∇≦)〃ヤダヤダ
・バクダン( ´ー`)_●~*

謝る場合は「冗談だったんだ」というニュアンスの顔文字を入れましょう。またこちらがムっとした場合でも冗談ぽく相手に注意します。笑顔の顔文字をいれるだけで文章の内容がかなり柔らかく感じられるはずです。

 

その4:気持ちを伝える笑顔の顔文字

「好きだ」という気持ちを伝える笑顔の顔文字もあります。「(*´∇`*)」のようにほっぺたを表す「*」が入っているものです。照れている時にも使いますが、日本人は頬が赤い=照れている、または好意があると感じる傾向があるので、SNSやメールでそれを表現するには顔文字でも頬を染めている表現を含む笑顔の顔文字がとても有効なのです。好意がある相手には意識して使うようにしましょう。

 

その5:顔文字を使い分けるコツ

最後は顔文字を使い分けるコツです。基本的に笑顔の顔文字を使えばいいとは言いましたが、使い分けも必要です。例えば本当に悲しい時や怒っている時に笑顔の顔文字を使ってはいけません。また相手がそういう状況で冗談では済まないような状況の場合も笑顔の顔文字は厳禁です。特殊な状況かどうかは自己判断となりますが、それ以外なら基本的に笑顔の顔文字を使って対話するのがお勧めです。

また、顔文字ですが、多すぎてはいけません。1文1文に必ず1つ感情の顔文字を付ける必要はないのです。目安は画面に1度に表示できる文章の中に2つ程度の顔文字が適量です。多すぎるとゴチャゴチャして読みにくくなりますし、逆に感情が伝わりにくくなります。更に顔文字の前は念のために改行しておくことをお勧めします。変なところで改行が入ると顔文字はかなり見辛くなるからです。

 

いかがでしたでしょうか?恋愛上手に学ぶ!上手に笑顔の顔文字を使う方法5ステップを紹介しました。

今回は笑顔の顔文字の使い方だけでしたが、これだけでも随分相手との距離が変わってきます。いつでもどこでも携帯電話さえあれば、好きな相手と簡単に会話ができるSNSやメール。これは恋愛においてとても大切なツールの1つです。その1つを極めるための第一弾として笑顔の顔文字をまずは取り入れましょう。これであなたも恋愛上手への道を1歩前進したということになりますよ。

 

まとめ

恋愛上手に学ぶ!上手に笑顔の顔文字を使う方法5ステップ

その1:笑顔の顔文字はどう使う?
その2:意味の違う笑顔の顔文字
その3:雰囲気を救う笑顔の顔文字
その4:気持ちを伝える笑顔の顔文字
その5:顔文字を使い分けるコツ

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!