デート2回目で、どこまで許す?女子の5つの本音を暴露!

デート2回目で、どこまで許す?女子の5つの本音を暴露!女性からすると、男性の印象は初めてのデートではなく2回目で決まると言ってもオーバーではありません。というのも、女性に対しての振る舞いや態度などが表れるのが2回目であるからです。初めてのデートだとどうしても緊張が抜け出せないので素顔は出せませんが、2回目だと少し肩の力が抜けますよね。なので初めてよりも2回目のデートの方が、女性にとっては重要なのです。しかし男性側からすると、どのようなポイントを見られているのかが分からないでしょう。

そこで、デート2回目で、どこまで許す?女子の5つの本音を暴露!をご紹介します。女性がどんな気持ちで男性の行動を見ているのか、その真相を探っていきますよ。

デート2回目で、どこまで許す?
女子の5つの本音を暴露!

 

本音その1:急に距離を縮められると引いてしまう

デートで2回目の段階だと、お互いにまだ知らない事だらけですよね。徐々に距離を縮めていきたいのにも関わらず、猛烈なアプローチを一方的に受けると女性は引いてしまいます。たとえ以前からずっと想いを寄せていた相手でも、その気持ちを全面的に相手に出すのは控えましょう。かといって全く好きな素振りを見せないのも良くないので、アプローチは程々にするのが吉です。2回目のデートだと女性からすればこれから付き合い続けるべきなのか、自分に相応しい男性なのかを考える時期でもあります。

あまり好きという気持ちを押し付けすぎると、怖い・重いと感じる女性も少なくありません。そうなると次のデートに繋がりにくくなってしまうので、十分に気を付けてくださいね。反対にちょっとしたアプローチは女性の気持ちを高めるので、焦らずじっくり距離を縮めるのが最も良い方法です。

 

本音その2:いきなり連絡回数が増えるとうっとうしい

男性があまりの嬉しさから、つい女性に何度も電話やメールを送りすぎてしまう事があります。これは初めてデートが出来た人、長い片思いをしていた相手とデートが出来た人には多いパターンですね。デートをして間もない2回目からいきなり連絡回数が増えると、面倒な人だなと思われてしまいます。特にデートをするまでは連絡をほとんどしていなかった場合には、女性が感じるうっとうしさはさらに倍増しますよ。

相手から連絡が来れば当然返信はしなければならないので、相手の負担を考えて連絡回数は少なくしましょう。また、恋愛の駆け引きでは「引く」事も大切です。すぐに返信するのではなく、少し間を置いて返信をすると女性の気持ちが燃え上がる確率が高まります。さらに相手の仕事や食事の時間を考慮してタイミング良く連絡すると、好感度もぐっと上がりますよ。

 

本音その3:優柔不断で何を決めるのにも時間がかかる

何を決めるのにも時間がかかる優柔不断な男性は、なよなよとしていて頼りないという印象を与えてしまいます。女性は男性にリードされたい、引っ張って欲しいと思うので優柔不断な男性は嫌われる原因にもなるのです。デート2回目でこの優柔不断さが表に出てしまうと、その時点で恋愛対象から外れてしまう事もあります。どれがいいかな?どこに行こう?と女性に質問してばかりでは、確実に女性から呆れられますよ。

そうなる前に、決断を迫られた時にはスピーディーに選択しましょう。一度決めてから他のものと見比べると迷ってしまうので、決めた瞬間に選択すると上手く出来ます。決断だけでなく、デートをする場所や時間を決めるのも良いですね。ただし、女性が行きたくない場所などもあるので意見をきちんと聞いてから一つの選択肢として提案するように言いましょう。強引に何もかも決めてしまうと、かえって女性の機嫌を損ねてしまうので注意してください。

 

本音その4:あまりにも奥手すぎてつまらない

初めてのデートは緊張でガチガチでも、デート2回目だと相手を強く意識し始めますよね。しかし中には意識しすぎて、女性に何もアプローチ出来ない男性も居るでしょう。2回目で進展が無いと奥手すぎてつまらないと思われたり、私に興味が無いのかな?と勘違いしてしまう女性も出てきます。すると女性の気持ちも薄れてしまうので、いざアプローチしても相手にされない…なんて事になりかねません。

ところがあまりガツガツアプローチしすぎても、体目的と思われて引かれてしまいます。そこで、ゆっくりと段階を踏まえながら進展していきましょう。手を繋ぐ・ハグをする・キスをする、ここまでは2回目のデートまでで行っても良い範囲ですね。「ゆっくり」段階を踏まえる事を忘れず、無理に全てをこなそうとはしないでください。あくまで自分のペースで行いタイミングを見計らえば、つまらない男と思われる事はまず無いでしょう。

 

本音その5:体を求めているのが丸わかりな発言・行動

男性から体を求めているのが丸わかりな発言や行動があれば、ほとんどの女性は一気に恋心が冷めてしまいます。しかも、それがデート2回目という出会ったばかりの段階なら尚更です。たとえ本人にその気が無かったとしても、一度体目的と感じてしまった女性の心を変えるのはほぼ出来ないと考えた方が良いでしょう。つい男性が言ってしまいがちな体目的ともとれる発言は、「セクシーな服だね」、「胸が大きいね」などが挙げられます。

行動としては胸元や足をじっと見つめる、または触るというのがありますね。何気なく言った一言や行動でも女性は傷つきますから、冗談半分のつもりでも言わないよう気を付けてください。また、相手を過剰に褒めるというのも女性は体目的と捉えるケースがありますよ。

 

いかがでしたか?

こうして5つの本音を見ると女性が何を感じているのか、どのような事がきっかけで嫌われてしまうのかが分かりましたね。デートが2回目ではお互いにまだ知らない事ばかりなので、様々な面で女性は男性を判定しています。だからこそ男性側も気を緩めずに行動する必要がありますし、女性に好かれる努力をする事が大切です。それを続けてデートを重ねていけば、女性の警戒心が解けて恋人同士になれるでしょう。

これまで2回目以降のデートが出来なかった、という方には何かしらきっかけがあったはずです。言葉や行動をもう一度見直してみて、何を直すべきなのか・どこが悪かったのかをきちんと理解してみてください。少しずつでも直していけば、2回目以降のデートもスムーズに進めるかもしれません。

 

まとめ

デート2回目で、どこまで許す?女子の5つの本音を暴露!

本音その1:急に距離を縮められると引いてしまう
本音その2:いきなり連絡回数が増えるとうっとうしい
本音その3:優柔不断で何を決めるのにも時間がかかる
本音その4:あまりにも奥手すぎてつまらない
本音その5:体を求めているのが丸わかりな発言・行動

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!