甘えん坊の彼氏は3つの心理を知っておこう!

甘えん坊の彼氏は3つの心理を知っておこう!彼氏と付き合っている中で、今日は妙に甘えん坊だなと感じることはありませんか。男性は女性と違って、感情を言葉にするのが苦手と言われています。そのため、男性が女性に言葉で気持ちを発信せず、女性がうまく男性の気持ちを汲み取れず、最悪、気持ちがすれ違ってしまう要因になりかねないとも言えます。今回は甘えん坊の彼氏の心理についてご紹介したいと思います。

甘えん坊の彼氏は3つの心理を知っておこう!

 

その1:仕事で疲れていて癒されたい

会社帰りにデートをした時にやたら彼氏が甘えん坊で、なおかつ会話が少ないようであれば、仕事で疲れていて癒されたい心理が隠されていることがあります。会社での業務がオンでデートがオフというように、オンとオフが切り替わり、休息をとっていると言ってもいいでしょう。疲労からぐったりしていると、時にはしばらく言葉がでてこないこともあるので、その点は女性も留意して彼氏と接すると良いでしょう。

女性からすると、いつもはよく話しをする彼氏があまり話さず甘えん坊だと、せっかくデートをしているのに、もっと楽しく話してほしいのにと思う人もいるかもしれません。しかし、男性は女性と違って仕事のことをわざわざ恋人に話そうとしない人が大半です。彼女に話したところで何か解決するわけでもないため、話すだけエネルギーの無駄と考えている人も多く存在します。

夜遅くにデートをした時、彼がぐったりしていて、疲れてそうだなと感じた時は、仕事などで頑張っているのだなと捉えて、あまり詳しく聞かずに甘えさせてあげるのが一番でしょう。彼氏を甘えさせてあげることで、彼氏は自分の頑張りを近くで見ていてくれているのだなと感じることができ、彼女と一緒にいると安らぎを感じられる存在と認識することでしょう。

こうした彼氏への気遣いが明日も働けるパワーを与えてあげられることでしょう。また、側で彼氏を見守る姿勢を続けることによって、彼氏との信頼関係が築いていけるのではと思います。

 

その2:嫌なことや辛いことがあった

彼氏がいつもより元気がなくて甘えん坊だなと感じた時は、プライベートや職場で嫌なことや辛いことがあり、心の拠り所がほしいという心理が隠されていることがあります。男性は男という性を受けると周囲から弱音を吐かず強く生きてこそ、男らしく良い男と社会的に認められる傾向にあります。そのため、彼氏は嫌なことや辛いことがあった時にあまり話さなかったりして、女性はそれに気付かずにいることも大いにあり得ます。

人間として産まれた以上、心が弱ってしまうことや自信を失ってしまうことは男女問わず必ずあるので、なんだかいつもの彼氏と比べて元気がなく甘えん坊だなと感じた時は「元気ないけど、大丈夫?」と声をかけてあげると良いでしょう。そして、必要以上に相手に干渉せず一緒にいてあげて見守ってあげることが大切です。

彼氏がいつも通り元気になったら、「前は元気がなくて心配したけど、あれから元気になった?」と彼氏を気にかけてあげるだけで、自分をちゃんと見ていてくれていると安心できることでしょう。

 

その3:彼女のことが好きだから

彼氏が久しぶりのデートで甘えん坊だった時、それは久しぶりに会えたという喜びの心理が隠されていることがあります。単純に見たままの心理でとてもわかりやすく感じる女性も多いのではないかと思います。甘えん坊と感じた度合いだけ会いたい気持ちが強かったのではないかと考えられます。

そんな時は甘えん坊の彼氏を久しぶりに甘えさせてあげ、デートを思う存分 楽しむことで、彼氏との仲も深まることでしょう。

 

いかがでしたか? 甘えん坊の彼氏について、3つの心理をご紹介しました。

甘えん坊になってしまう彼氏の心理は女性と一緒で、疲れたり嫌なことがあった時と、彼女のことが好きだから、という簡単な心理でした。ただ、女性と違って男性はあまり自分の仕事についてや嫌なことがあったエピソードについて話そうとしないので、彼氏の様子を見守ることが大切かと思います。甘えん坊になってしまう彼氏の心理を知ることによって、彼氏とうまく付き合っていく上でのヒントにしてくださいね。

 

まとめ

甘えん坊の彼氏は3つの心理を知っておこう!

その1:仕事で疲れていて癒されたい
その2:嫌なことや辛いことがあった
その3:彼女のことが好きだから

☆解毒プログラムで新しい自分発見☆

毒を出して便秘、肌荒れ、不調もすっきりする

新ダイエットの「解毒ダイエット」を始めてみませんか?

体の中の有害成分を出してお肌スベスベの最強解毒プログラム。
男性が女性に求める「素敵な笑顔」を手に入れる事ができる最強解毒プログラムはこちら。


ダウンロードボタン
Twitter Facebook はてなブックマークでこの記事をみんなに知らせよう!